ニューノーマルの時代が定着するにつれ、各企業においては、この時代に対応したビジネス改革をドライヴさせるデジタル・トランスフォーメーション(DX)への取り組みが喫緊の課題となっています。また官公庁においてもデジタル庁が発足し、行政のデジタル化が本格的に始動しつつあります。このようにビジネスモデルの変革や業務の効率化がこれまで以上に求められるにつれ、ICTの活躍できる範囲はより幅広くなっています。

 「DIGITAL Foresight」は、日経BPのICTを中心とするテクノロジー系メディアと研究・調査機関を擁する日経BP 総合研究所の取材/調査力を結集、各メディアの編集部と総合研究所 研究員が、これから注目の技術テーマについて解説する1日1テーマのWebセミナーです。今、知らなくてはならない注目のテーマを1時間でコンパクトに解説します。ぜひご視聴ください。

各講演終了後に主催・協賛社共同アンケートがございます。

ご回答頂きました方の中から抽選で100名様に
「Amazonギフト券(1,000円分)」をプレゼントさせて頂きます。

ぜひご視聴ください。

開催概要

名称
DIGITAL Foresight 2022 Winter
~日経BP 総合研究所/日経BP編集部が解説する1社1テーマのWebセミナー
日時

【2021年12月開催】

12/7(火)、 12/16(木)

【2022年1月開催】

1/18(火)、 1/20(木)、 1/25(火)、 1/27(木)

【2022年2月開催】

2/1(火)、 2/3(木)、 2/8(火)、 2/10(木)

※全10日間:16:00~17:00 配信(予定)

会場
オンラインセミナー
主催
日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
協賛
arcserve Japan、 マクニカ、 NTTデータ ほか(ABC順)
協力
日経クロステック、 日経クロステックActive、 日経コンピュータ、 日経NETWORK
受講料
無料/事前登録制(先着順)

※受講数に限りがあり、件数に到達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。
ご了承ください。

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ご希望の講演日を選択してください。チェックボックスが配置された日程は複数日程もすべて選択が可能ですので、「お申込みボタン」を押してお申込みください。

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

■Webセミナーご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください。

1. 視聴URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
 もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
 また、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も
 対応出来かねますのでご自身でご調整ください。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

※「DX」、「RPA」テーマのセミナー予定。近日、登録開始します。

16:00~16:30

テレワーク巧者に学ぶ、リモートワークの生産性向上策

大谷 晃司

日経クロステック/日経コンピュータ 副編集長
大谷 晃司

見どころ

新型コロナウイルス禍で導入が進んだテレワーク/リモートワーク。働き方の一つとして今後も定着するかどうか。その試金石となるのが生産性です。テレワークで「生産性が上がった」と答えた人の割合は23.7%といった調査結果もあり、多くの企業が生産性を上げていない状況が浮かび上がります。そんな中、実際に生産性を向上させている企業も存在します。そうしたテレワーク「巧者」企業のノウハウを事例を交えて解説します。

16:30~17:00

従業員EXを向上するハイブリッドワーク、その実現のために今やるべきこととは

  • 遠藤 由則

    NTTデータ
    コンサルティング&ソリューション事業本部
    デジタルビジネスソリューション事業部
    デジタルワークスペース統括部
    統括部長
    遠藤 由則 氏

    プロフィールはこちら

    脳科学とAI(人工知能)を組み合わせて仕事の精度や効率を高め、人々がストレスなく快適に働けるようにする――。こんな取り組みが始動しつつあります。医療やヘルスケアの分野はもちろん、人材評価や現場の検査作業など、多様な領域に広がっています。鍵を握るのは最新デバイスによるデータ活用と、様々な「匠の技」のモデル化です。本セッションでは「ブレインテック」の最新動向と、実用化に向けた取り組みを紹介します。

  • 小林 暢子

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所
    コンサルティングユニット長
    小林 暢子

見どころ

多くの企業がコロナ収束後、出社とリモートを併用したハイブリッドワークを主流とする方針を打ち出し、従業員エクスペリエンスと生産性をともに上げることを狙う。会社でも自宅でも同じように快適に働く環境を整えるには、段階的に取り組む必要がある。すぐに着手できること、その次に取り組むべきことを、多数の事例を整理して分かりやすく解説する。

16:00~16:30

DXで成果上げるAI、どんな「仕事」ができるのか

中山 秀夫

日経クロステック/日経コンピュータ
副編集長
中山 秀夫

見どころ

今、DX(デジタル変革)で使われる中核技術の1つは人工知能(AI)です。多くの企業が独自のAIを開発して現場投入し、成果を上げています。ベテラン社員が担っていた業務をAIで置き換える取り組みも盛んです。では、AIが自動化する「仕事」はどんなものでしょうか。DX先行企業の取り組みから探ります。

16:30~17:00

「ブレインテック」の衝撃
~脳科学×AI、最強タッグが生み出すインパクト~

  • 楠 貴弘

    マクニカ
    BRAIN AI Innovation Lab. プリンシパル
    楠 貴弘 氏

    プロフィールはこちら

    経営とテクノロジーをつなぐことをミッションとするマクニカのフェロー。
    約25年の最先端テクノロジーの社会実装支援の中で、本質的に求められていることは技術ではなく価値を提供することであると感じ、経営にテクノロジーを結び付ける活動に注力。経営アドバイザー、データサイエンティスト、プロジェクトマネージャー、エバンジェリストなどの活動を行いながら、経営の変革、本質的な価値の追求を目的に日々奮闘している。
    資格:プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)、JDLA Deep Learning for GENERAL 2018、JDLA Deep Learning for ENGINEER 2018
    書籍:AI ビジネス戦略 ~効果的な知財戦略・新規事業の立て方・実用化への筋道~『第6章 第3節モノづくり・製造現場におけるAI 活用の課題と取り組み』を執筆

  • 大和田 尚孝

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所
    イノベーションICTラボ
    上席研究員
    大和田 尚孝

見どころ

脳科学とAI(人工知能)を組み合わせて仕事の精度や効率を高め、人々がストレスなく快適に働けるようにする――。こんな取り組みが始動しつつあります。医療やヘルスケアの分野はもちろん、人材評価や現場の検査作業など、多様な領域に広がっています。鍵を握るのは最新デバイスによるデータ活用と、様々な「匠の技」のモデル化です。本セッションでは「ブレインテック」の最新動向と、実用化に向けた取り組みを紹介します。

16:00~16:30

データマネジメントが企業の競争力を左右する

浅川 直輝

日経コンピュータ 編集長
浅川 直輝

見どころ

スマートフォンをはじめとするデジタル接点の普及やAI(人工知能)技術の進化に伴い、データの価値はますます高まっています。企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する上で、データの分析と改善を高速に回すITインフラを構築したり、データの品質と正確性を高めたりする「データマネジメント」が大きな意味を持ちます。企業の競争力を高めるデータマネジメントのあり方を、最新の事例を基に明らかにします。

16:30~17:00

arcserve Japan×日経BP総合研究所
対談調整中

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

Webセミナーご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナーにご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsプラウザ・・・Windows:Microsoft Edge、IE11、Firefox、GoogleChrome
Macブラウザ・・・safari
WindowsOS:Windows 10、Windows 8.1
MacOS:macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOS ・・・iOS デバイス iOS 7以上、safari
Android・・・ Android 4.4以上、chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから