SDGs/ESG時代を読み解くエネルギー
Summit 2019

 今や再生可能エネルギーは世界の潮流、エネルギーは変化の時代を迎えています。

 国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)の採択から4年、企業はESGへ向き合うことが求められるようになりました。「RE100」や「SBT」の参加企業は跡を絶たず、再エネ電力や低 CO2電力の調達ニーズが強まっています。企業は今、エネルギーにどう向き合うべきなのでしょうか。

 一方、電力自由化を経て、エネルギー事業者を取り巻く環境は厳しさを増しています。生き残っていくためには需要家の再エネへのニーズをくみ取り、新たなビジネスモデルを構築するのはもちろんのこと、足元の業務改善も欠かせません。

 こうした状況を受け日経BP総研は、企業が今後、エネルギーとどう向き合っていくかを“ユーザーサイド”と“供給サイド”のそれぞれの視点から探るべく、「SDGs/ESGトラック」と「エネルギービジネス・トラック」で構成した「エネルギーSummit」を開催することといたしました。

 皆様のビジネスの一助となるSummitとして、是非、ご参加ください。

日経 xTECH EXPO 2019のサイトに移動し、お申し込みいただきます。
当日、セミナーをご受講いただいた方は、展示会にもご入場いただけます。
お申し込みはこちら
本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

開催概要

日 時
2019年10月11日(金)10:00~16:30(9:30開場)予定
会 場
東京ビッグサイト 会議棟6F (605~608)
東京都江東区有明3-11-1

アクセスマップ

主 催
日経BP総研 クリーンテックラボ/日経エネルギーNext
協 賛
エナジーサービスグループ、Looop、みんな電力、三菱UFJリース、
ユニファイド・サービス (ABC順)
受講対象
【SDGs/ESGトラック】SDGs/ESGの観点でエネルギーに関心のある企業/自治体の方
【エネルギービジネストラック】エネルギービジネスを手がける事業者の方
定 員
各トラック 200名
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

  SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)
エネルギービジネストラック
(会場:607+608)
10:00~10:40
SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)

【基調講演】

なぜSDGsは始まったのか、ESG投資とエネルギー

アミタホールディングス 代表取締役 公益財団法人信頼資本財団理事長 一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク副代表理事 熊野 英介 氏
アミタホールディングス 代表取締役
公益財団法人信頼資本財団理事長
一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク副代表理事
熊野 英介 氏

詳細はこちら

<プロフィール>
「持続可能社会の実現」を掲げ、他社に先駆け100%リサイクル事業を開始。現在は企業・自治体向けに、持続性を高める統合サービスを展開。提供内容は、環境管理業務のアウトソーシングから森林・里山の利活用を含めた地域循環のモデル構築まで、多岐にわたる。未来の子供たちの尊厳を守ることをミッションに、豊かな関係性が動力となる新たな社会創出に向けて邁進中。
<講演概要>
一躍ムーブメントとなったSDGsですが、そのルーツを知る人は少ないのではないでしょうか。同様に、ESG投資の定義を正しく理解していますか。歴史的背景と本質を理解すれば、今後向かうであろう方向性を読み解くことも可能です。40年以上前から環境ビジネスを手掛けるアミタグループ代表の熊野氏による必聴の解説です。
エネルギートラック
(会場:607+608)

【基調講演】

新電力はデジタル化でこう変わる!今すぐ収益アップできる5つの方法

ビジネスデザイン研究所 社長 久保 欣也 氏
ビジネスデザイン研究所
代表取締役社長
久保 欣也 氏

詳細はこちら

<プロフィール>
東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻修了後、東京電力に入社。東京電力では事業開発部にて新規事業の事業化やM&Aに従事した。その後、ドリームインキュベータにて、全社的な事業拡大戦略の策定支援、技術分野での新事業開発の立案や実行支援を行った。2015年11月にビジネスデザイン研究所を設立。電力分野では新規事業の立ち上げや新電力の経営支援を手がけている。
<講演概要>
デジタルトランスフォーメーションによって効率化が進む製造業やIT業界に比べて、新電力業界はアナログ作業が多くデジタル化が遅れています。顧客獲得の導線や離脱防止の仕組みがなかったり、コールセンター業務でコアメンバーの社員が忙殺されているケースも少なくありません。数多くの新電力向けにコンサルティングを手掛ける久保氏がデジタル化による収益アップの秘訣を解説します。
10:50~11:30
SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)

【ソリューション講演】

需要家メリット最大化と持続可能な社会コスト低減を目指す「新たなエネルギービジネス」へのチャレンジ

三菱UFJリース
環境・エネルギー事業部
エネルギーソリューション開発課 次長
佐部利 憲威 氏
MULユーティリティイノベーション 代表取締役社長 松本 義法 氏
高圧需要家向け太陽光自家消費・第三者保有モデルのマーケットニーズと契約条件、事業者選定のポイント
MULユーティリティイノベーション
代表取締役社長
松本 義法 氏

詳細はこちら

再生可能エネルギーの事業拡大を経営の柱の一つとして、日本の環境対策に貢献していきたいと考えています。分散電源、蓄電システム等の推進による地域マイクログリッド化やアジアの経済発展に伴う環境関連ビジネスにも注力しており、MULの新たなビジネス展開をご紹介します。(三菱UFJリース)

本年より急激に市場の立ち上がりを見せる太陽光自家消費の新サービス「ソーラーPPA」。世間的な商品認知度が低い今の時点では、「どんな契約条件が一般的なのか?」、「自社で導入を検討する際に、ポイントになる点は?」といった情報も、なかなか得にくいのが現状です。そんな【新サービスの最前線】をご紹介致します。(MULユーティリティイノベーション)
エネルギートラック
(会場:607+608)

【ソリューション講演】

「エネルギーフリー社会」の実現を目指す
Looopの取り組み

Looop 取締役 電力事業本部 本部長 小嶋 祐輔 氏
Looop
取締役
電力事業本部 本部長
小嶋 祐輔 氏

詳細はこちら

株式会社Looopは2011年に発生した東日本大震災を機に、自然のエネルギーを人類の発展のために活用できないかという想いから創業した会社です。本公演では、エネルギーを無料で利用することができるエネルギーフリー社会実現に向けたLooopの革新的な取り組みやエネルギーフリー社会の実現性についてお話しします。
11:40~12:20
SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)

【ユーザー講演】

パナソニックの環境ビジョンとその取り組み

パナソニック 品質・環境本部 環境経営推進部 環境渉外室 ユニットリーダー 米川 和雄 氏
パナソニック
品質・環境本部 環境経営推進部
環境渉外室 ユニットリーダー
米川 和雄 氏

詳細はこちら

8月30日にRE100への加盟を発表し、2050年までにグローバルで使用する電力を100%再エネに切り替えると明らかにしたパナソニック。長期ビジョン「パナソニック環境ビジョン2050」の内容と具体的な取り組みを語ります。工場の操業においてCO2を排出しない「CO2ゼロの工場づくり」はどうやって実現していくのでしょうか。再エネ電力の調達への考え方とは。
エネルギートラック
(会場:607+608)

【特別講演】

ESG戦略策定プロセスとグリーンエネルギー調達へのニーズを読み解く(仮)

ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン ESG Technical Expert 工学博士 野村 祐吾 氏
ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン
ESG Technical Expert 工学博士
野村 祐吾 氏

詳細はこちら

<プロフィール>
国内最大手のISO・製品安全試験・JIS認証機関の環境認証部門で環境アセスメント、環境分析などに従事。その後GHG排出量検証、森林吸収量認証、LCA、国の委託調査や地方自治体の地球温暖化対策実行計画策定支援などを数多く手がけてきた。2019年からソコテック・サーティフィケーション・ジャパンに所属。CDPスコアリングアドバイザリーやESG情報の評価、GHG排出量の算定支援、第三者検証において国内外で活躍。
<講演概要>
数多くの上場企業がESGへの取り組み情報をTCFD推奨開示項目に従って開示する体制づくりを進めています。こうした顧客に採用されるためには、エネルギー事業者の提案が顧客の価値、ひいては社会的価値につながるものでなければなりません。顧客の組織がESGに関するリスクと機会をどう特定・評価し、どのようなプロセスで戦略を策定するのか。サプライヤーとして顧客の価値創造にどのように関与できるのかを解説します。
12:20~13:20

お昼休憩

13:20~14:00
SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)

【ユーザー講演】

ソニーが目指す再生可能エネルギー100%の
電力調達

ソニーコーポレートサービス 総務センター サイト環境・エネルギー推進課 統括課長 井上 哲 氏
ソニーコーポレートサービス
総務センター サイト環境・エネルギー推進課
統括課長
井上 哲 氏

詳細はこちら

「環境負荷ゼロ」を実現すべく、環境計画「Road to Zero」を推進するソニー。2018年9月には「RE100」に加盟し、2040年度に再エネ比率を100%にする目標を掲げました。欧州では2008年に100%を達成済み。日本では他社に先駆け「自己託送」によって離れた場所にある自前の太陽光発電の電力を自社工場に送る方針を明らかにしました。ソニーの取り組みの全容と背景を語ります。
エネルギートラック
(会場:607+608)

【特別講演】

キーワードはGreen & Flexibility
-海外新電力のビジネスモデル

アークエルテクノロジーズ 代表取締役 宮脇 良二 氏
アークエルテクノロジーズ
代表取締役
宮脇 良二 氏

詳細はこちら

<プロフィール>
1998年にアンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社、2009年にパートナー(現マネジングダイレクター)、2010年電力・ガス事業部門統括。2018年8月にアークエルテクノロジーを設立、現在に至る。2000年以降、20年近くエネルギー業界向けのコンサルティング業務に従事。IT・デジタル戦略、営業マーケティング戦略などを得意とする。2018年9月からスタンフォード大学客員研究員を務め、海外電力事情にも詳しい。
<講演概要>
電力自由化で先行する海外市場で成長を遂げている電気事業者には共通点があります。それがGreenとFlexibilityです。アクセンチュアで20年近くエネルギー業界向けコンサルティングを手掛け、現在はスタンフォード大学客員研究員でもある宮脇氏が、海外の注目事業者のビジネスモデルから日本市場で勝ち抜くヒントを解説します。
14:10~14:50
SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)

【ソリューション講演】

SDGs/ESGに必要な再エネ導入の取り組み
~自家消費で脱炭素経営をするためのソリューション提案~

Looop 再エネ事業本部 自家消費事業部 営業課 課長 藤原 啓介 氏
Looop
再エネ事業本部
自家消費事業部 営業課 課長
藤原 啓介 氏

詳細はこちら

SDGsとESGを企業が進めていく中で、使用するエネルギーの再エネ化が求められています。Looopでは太陽光発電を用いた自家消費を前提としたソリューションをご提案しており、本講演では基本的な仕組みや考え方などについて実績を交えながらご紹介します。
エネルギートラック
(会場:607+608)

【ソリューション講演】

再生可能エネルギーの取引をクラウドサービスで (仮)

ユニファイド・サービス 代表取締役社長 廣野 充俊 氏
ユニファイド・サービス
代表取締役社長
廣野 充俊 氏
ユニファイド・サービス 専務取締役 坪田 幸司 氏
ユニファイド・サービス
専務取締役
坪田 幸司 氏

詳細はこちら

再生可能エネルギーへの切り替えを拡大するためには、より多くの人の意識向上と市場参加が必要と考えております。卒FITを機に考えられているサービスもその方策の一つで、クラウドサービスを使うことで時間を掛けずにその環境が構築出来ることをご説明致します。
15:00~15:40
SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)

【ソリューション講演】

パネルディスカッション
自然エネルギーを一般生活者にどう広げるか?(仮)

みんな電力 代表取締役 大石 英司 氏
<パネリスト>
みんな電力
代表取締役
大石 英司 氏
TBSラジオ 代表取締役社長 三村 孝成 氏
TBSラジオ
代表取締役社長
三村 孝成 氏
<モデレータ>
日経エネルギーNext 編集長
山根 小雪
エネルギートラック
(会場:607+608)

【ソリューション講演】

新たな飛躍のために、IT基盤の備えは十分ですか?

エナジーサービスグループ カントリーマネージャー 安藤 秀樹 氏
エナジーサービスグループ
カントリーマネージャー
安藤 秀樹 氏

詳細はこちら

自社開発、パッケージ利用、SaaS利用、手作業との合わせ技、等々、2016年4月の船出にあたって先ずは稼働、運用することが求められたIT基盤も、自由化3年を経て見直しの時期を迎えています。世界で約400社導入実績をもつESG社のソリューションを紹介しながら、これからのシステムが担っていく重要課題についてお話しいたします。
15:50~16:30
SDGs/ESGトラック
(会場:605+606)

【特別講演】

企業価値向上に寄与するSDGs/ESGへの取り組みを考察する

ゴールドマン・サックス証券 証券部門 株式営業本部 業務推進部長 清水 大吾 氏
ゴールドマン・サックス証券
証券部門 株式営業本部
業務推進部長
清水 大吾 氏

詳細はこちら

<プロフィール>
1975年愛媛県生まれ。西宇和郡伊方町で幼少時を過ごす。2001年京都大学大学院工学研究科を卒業し、2001年4月に日興ソロモン・スミスバーニーに入社。2007年からゴールドマン・サックス証券。金融商品開発に携わる傍ら、500社以上の事業会社や機関投資家、海外投資家との議論を通じスチュワードシップ、コーポレートガバナンスの啓蒙に尽力。2016年に株式営業本部に業務推進部を新設し現職。
<講演概要>
SDGsの理念に反する活動が社会から許容されない時代がやってきました。「SDGs/ESGの無い企業活動は持続可能でなく、企業価値向上に繋がらないSDGs/ESGは無価値である」と清水氏は言います。500社以上の事業会社や機関投資家等と議論を重ね、企業価値向上に繋がるSDGs・ESGのあり方を啓蒙する清水氏に、いま企業経営者は何を考え、行動すべきなのかをお話いただきます。
エネルギートラック
(会場:607+608)

【特別講演】

新電力とベンダーの悲しきすれ違い、ITシステムを生かせない理由

AnPrenergy 代表取締役 村谷 敬 氏
AnPrenergy
代表取締役
村谷 敬 氏

詳細はこちら

<プロフィール>
成蹊大学法学部法律学科卒業後、村谷法務行政書士事務所所長としてエネルギー法務に従事。再エネ発電所の農地転用、都市計画法上の各種許可、企業・住民間のトラブル対応を担当。その後、エナリス、エプコにて需給管理に関する知識を習得するとともに、地域新電力の立上げや運用支援を手がける。2017年に株式会社AnPrenergy設立。新電力20社の需給管理人材育成、電源交渉支援、事業企画支援を行う。
<講演概要>
新電力を取り巻く環境が激変するなか、卒FITやバランシンググループ拡大策といった新事業が登場しています。ただ、すべての新電力に価値があるかどうかは別問題です。無理に新事業を提供しようとすると、対応するシステムベンダーに過大な負荷がかかり新電力とシステムベンダーの間で“悲しきすれ違い”が発生してしまいます。新電力各社が今やるべき新事業を需給管理の視点でお伝えします。
日経 xTECH EXPO 2019のサイトに移動し、お申し込みいただきます。
当日、セミナーをご受講いただいた方は、展示会にもご入場いただけます。
お申し込みはこちら
本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

ページ上部へ戻る