お申し込み受付を
終了しました

プログラム

11月26日(木)

11:10~11:50

気象データ活用&気象ビジネス展開への取り組み

田原 春美 氏

気象ビジネス推進コンソーシアム
(WXBC)
運営委員 人材育成WG座長田原 春美 氏

プロフィールはこちら

現役時は、IBMが全世界で展開するEmerging Technology推進プログラム jStart(Jump Start)に日本IBM代表として参加し、Java、EJB、XML、Webサービスのコンソーシアムを立ち上げ、普及と利活用を牽引。現在は、IoT、AI、VR/AR、UX、NUIはもとより量子コンピューティングやコンテキスト・コンピューティング分野の技術者育成、普及啓発と利活用の推進を目指す「先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)」 の副会長、運営委員会議長として活動を牽引中。

越智 正昭 氏

気象ビジネス推進コンソーシアム
(WXBC)
人材育成WG 副座長越智 正昭 氏

プロフィールはこちら

1956年、愛媛県生まれ。1978年、日本電信電話公社(現NTT)入社。NTTデータにて公共分野における各種ITシステムの開発・営業に従事。
2003年~2018年、気象情報会社である株式会社ハレックス代表取締役社長。現在、NTTデータMCS、NTTデータ四国、NTTデータ中国顧問。松山大学非常勤講師。

詳細はこちら

気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)は、産学官連携による気象データを活用した気象ビジネスの推進を目指して2017年3月に創立されました。会員は各種企業、気象、IoT、AI等の専門家、気象事業者等からなり、多様な気象データの高度利用により産業の活性化や創出を目指しています。
本日は、人材育成の観点から、WXBCにおける気象データ活用とビジネス展開のための最新活動についてご紹介いたします。

14:40~15:20

災害時における浄水システムを小規模水道施設に再利用する~ 移動式浄水システム(コンテナパッケージセラミックモバイル:CPCM)のご紹介 ~

中村 靖 氏

メタウォーター
代表取締役社長中村 靖 氏

詳細・プロフィールは
こちら

日本の水道サービスは、世界トップクラスのクオリティを誇る。しかし、水道事業を運営する自治体は、人口減少にともなう収入減少や技術者不足、施設・設備の老朽化、多発する自然災害など多くの課題に直面しており、中小都市ほど深刻な状況だ。将来にわたって水道事業が続くために、長寿命で操作・メンテナンスが容易、非常時にも有用なセラミック膜ろ過を生かした、大都市-中小都市-民間企業によるこれからの公公民連携のあり方を考える。

1957年生まれ。青山学院大学理工学部卒。81年富士電機製造(現富士電機)入社、2008年メタウォーター取締役、15年執行役員常務を経て16年6月から現職。さいたま市出身。

11月27日(金)

11:10~11:50

気象データをビジネスに活用するために

海老田 綾貴 氏

気象庁
情報基盤部 情報利用推進課 気象ビジネス支援企画室長海老田 綾貴 氏

詳細・プロフィールは
こちら

気象データを活用して業務プロセスを改善し生産性を向上させるためには、自社データの「デジタル化」や「経験と勘からの脱却」がカギを握ると言っても過言ではありません。本講演では、産学官が連携して気象ビジネスを推進するため、情報通信、農業、小売、金融、電力等の産業界や先端技術に知見のある学識経験者等から構成される「気象ビジネス推進コンソーシアム」の取り組みを中心にお話します。

1990年4月気象庁入庁(気象大学校入校)。地方勤務を経て、気象庁本庁で数値予報、気候解析、大気環境の解析に関する開発業務や海洋気象情報、大気環境情報の提供に関する企画・立案業務に従事。気象庁気象研究所で気象研究に関する企画・立案業務に従事。2019年4月より現職。民間における気象情報の利活用推進に関する業務に従事、気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)事務局も担当。

13:30~14:10

気候変動リスクへのレジリエンス対策

安部 大介 氏

ウェザーニューズ
執行役員安部 大介 氏

詳細・プロフィールは
こちら

気候変動の影響による極端気象化される現在、事業者、自治体等への影響が大きく、企業ごと、自治体ごとにリスクを把握したうえでの適応策を考える必要性が高まってきている。当社では様々な業界のお客様からのお声をもとに、気候変動に伴うリスク評価や、気候変動リスクを加味した適応策およびレジリエンス対策に取り組んでおり、今回はその取り組みの一部のご紹介する。

1995年3月 北海道大学大学院理学研究科修士課程修了
1995年4月 株式会社ウェザーニューズ 入社
2008年10月 同上 予報センターグループリーダー
2011年9月 同上 運営統括主責任者
2012年8月 同上 取締役(運営主責任者)
2015年8月 同上 執行役員(運営主責任者)
2016年7月 同上 執行役員(最高運営責任者)
2016年8月 同上 取締役(最高運営責任者)
2020年6月 同上 執行役員(サービス統括主責任者)現在に至る

14:40~16:00

気候変動・災害対策 最新動向~菅首相と今後のバイデン政権で、日本と世界がどう変わる?2030年までを見通す!~

徳永 太郎
《パネリスト》

社会インフラ ラボ
所長徳永 太郎

プロフィールはこちら

明治大学法学部卒業。1989年に日経BP入社後、日経アーキテクチュア、日経不動産マーケット情報編集長、日経ビジネス副編集長などを経て、2017年からビジョナリー経営ラボ所長。2019年1月より現職。

野中 賢
《パネリスト》

日経BP総合研究所
上席研究員野中 賢

プロフィールはこちら

東京工業大学大学院社会工学専攻修士課程修了後、1992年に日経BP入社。建設専門誌「日経コンストラクション」編集部に配属され、主に建設技術、インフラの維持管理、まちづくり、景観などのテーマを担当。2012年10月から日経コンストラクション編集長。2019年4月から現職。

金子 憲治
《パネリスト》

日経BP総合研究所
上席研究員
「メガソーラービジネス」編集長金子 憲治

プロフィールはこちら

1988年早稲田大学法学部卒業、1990年日経BP入社。「日経ビジネス」記者、米シリコンバレー特派員、「日経エコロジー」副編集長を経て現職。経済産業省・二酸化炭素回収技術実用化研究開発事業・研究開発プロジェクト評評価委員

安達 功
《ファシリテーター》

日経BP総合研究所 所長
日経BP 執行役員安達 功

プロフィールはこちら

1986年東京理科大学工学部建築学科卒業。エンジニアリング会社勤務を経て日経BP入社。『日経コンストラクション』『日経アーキテクチュア』『日経ホームビルダー』『日経不動産マーケット情報』の編集・発行人等を経て現職。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンターセミナー係

お問い合わせ

お申し込み受付を
終了しました

Topへ