新型コロナウイルス感染症の脅威が顕在化して2年近くがたち、非対面を前提とした生活が着実に根付いてきました。たとえコロナ禍が収束したとしても、以前の生活様式に戻る可能性は低く、あらゆる企業が新しい社会と向き合う覚悟を迫られています。

金融の世界も、こうした社会変容から距離を置くことはできません。顧客接点の主役は物理的な営業店からオンラインチャネルへと急激にシフトしており、社内業務の在り方も変化を余儀なくされています。金融業界に求められているのは、一刻も早いDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現です。

すでに多くの金融機関がDXの必要性に気づき、行動を起こしつつあります。ただし、金融機関のDXは簡単に成し遂げられるものではありません。重厚長大な基幹系システムとどう向き合うのか、高いセキュリティーを維持しながら顧客が満足するUX(ユーザー体験)をいかに設計するのか、長年にわたって続いてきた業務プロセスをどのように変えるのか。

こうした難易度の高い課題を解き、いち早く顧客サービスの高度化や業務生産性の向上を達成できるかが金融機関の将来を決める大きな要素になります。日経FinTechは2022年3月に「金融デジタル戦略会議 -FinTech Impact Tokyo 2022 Springー」を開催します。日本の銀行や証券会社、保険会社、カード/決済会社などの経営層、IT・デジタル部門の責任者などを対象に、金融業界におけるデジタル化の先進事例や、日本企業が今後直面する課題とその解決策などを紹介します。ぜひご参加ください。

■視聴環境事前ご確認のお願い

オンラインセミナー視聴マニュアルはこちら

本催事の応募受付は終了しました

icon開催概要

日時
2022年3月18日(金)10:20~16:30予定
会場
オンライン開催
主催
日経FinTech
プラチナ協賛
New Relic、 ServiceNow Japan、 TIS (社名ABC順)
ゴールド協賛
Box Japan、 Dynatrace、 F5ネットワークスジャパン、 日本ヒューレット・パッカード、 インキュデータ、 キーエンス、 マネーツリー、 Nota、 セールスフォース・ジャパン (社名ABC順)
受講料

無料(事前登録・抽選制)

※金融サービス提供企業、金融システム子会社の方々を対象としています。対象外の方のご登録はお断りさせていただく場合があります。

抽選締切
3/8(火)17:00
当選案内メール配信
3/16(水)予定

iconプログラム(予定)

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
Aトラック
Bトラック
10:20~10:50
主催者講演

金融機関によるサプライチェーンの
脱炭素×デジタル化支援

鈴木 厚行 氏

三井住友銀行
デジタル戦略部 部長
鈴木 厚行 氏

詳細はこちら

<講演概要>
脱炭素に関する関心やニーズが急激に高まるなか、多くの企業にとって自社の温室効果ガス排出量を算定し、これを削減していくことは容易ではない。SMBCグループではデジタルを活用することで、金融・非金融の垣根を越えて、企業様の脱炭素のご支援を行う様々なソリューションの企画開発を進めており、現在の取組を具体例を交えながら紹介する。

主催者講演

金融のデジタルシフトへの対応:イノベーション支援に向けた取組み

牛田 遼介 氏

金融庁
総合政策局総合政策課フィンテック室 総合政策調整官
牛田 遼介 氏

詳細はこちら

<講演概要>
多様な担い手による、デジタル化に対応した新たな金融サービスが拡大する中で、新たな成長のエンジンを金融面からサポートするための環境整備・イノベーション支援を行っていくことが重要と考えています。Fintech Innovation Hubの施策を中心に、イノベーション支援に向けた金融庁の取組みをご紹介します。

10:55~11:25
ソリューション講演

海外金融機関における
先進オペレーショナル・レジリエンスに関する取り組み事例

講演者調整中

ServiceNow Japan
インダストリー&ソリューション本部 金融事業統括部長
本間 玄 氏

詳細はこちら

<講演概要>
金融業界ではDX推進による事業モデルの変革が進んでいます。それに伴って業務プロセスの相互依存や各種システムの相互連携が増しており、オペレーショナル・レジリエンスを阻害するリスクを網羅的かつ早期に発見し、対応を行う必要があります。弊社ソリューションをご活用いただいているお客様事例を基にデータドリブンなリスク管理の具体的イメージをご紹介します。

ソリューション講演

東京海上グループの DX を支える SRE の取り組み

講演者調整中

東京海上日動システムズ
デジタルイノベーション本部
松尾 直弥 氏

講演者調整中

New Relic
オブザーバビリティ技術本部 部長
瀬戸島 敏宏 氏

詳細はこちら

<講演概要>
東京海上日動システムズは東京海上グループのIT・デジタル戦略を支える中核企業として、デジタルサービスの開発高速化、システム基盤の高度化を進めています。スピーディな開発と安定運用双方の実現には、従来のシステム運用からSREモデルへの変革が必要でした。本セッションでは、東京海上日動のDXとアジャイルの実践、それらを支えるSREで実践するサービス監視の高度化やオブザーバビリティの必要性についてお話しします。

11:30~12:00
ソリューション講演

Fintech時代を勝ち抜くBaaS×AI

舘 康二 氏

TIS
DXビジネスユニット
DX営業企画ユニット
エグゼクティブフェロー
舘 康二 氏

深谷 直紀 氏

セカンドサイトアナリティカ
取締役副社長兼テクノロジー本部長
深谷 直紀 氏

詳細はこちら

<講演概要>
「すべての企業はFintech企業になる」。金融機関と事業者が連携し自社サービスに金融機能をとけこませる取り組み「BaaS」が注目されています。金融機関はBaaS機能とAIを組み合わせることで従来と異なるコスト構造や新たなサービス提供機会を期待できます。本講演ではBaaS × AIのビジネス実現に向けた基盤をご紹介します。

ソリューション講演

リアルタイムにデータ活用した
顧客に寄り添うコミュニケーションとは

松崎 保英 氏

インキュデータ
ビジネスプロデュース本部 CDPビジネス部 エバンジェリスト
松崎 保英 氏

詳細はこちら

<講演概要>
非対面下で顧客体験の向上を推進するには、相手を理解したコミュニケーションが必須です。顧客に信頼・応援される企業になるため、デジタル化・データ活用による新たな顧客価値の創造に取り組むことが求められます。本講演では、企業の収益向上につながる仕組みを構築する支援について、事例を交えながらご紹介いたします。

12:00~13:00

お昼休憩

13:00~13:30
主催者講演

The Power of Digital x Human
-東京海上グループのデジタル戦略-

楠谷 勝 氏

東京海上ホールディングス
デジタル戦略部長
楠谷 勝 氏

詳細はこちら

<講演概要>
東京海上グループのデジタル戦略の概要と、 なぜメインビジネスへのリアルなテクノロジー実装にこだわるのかを、実例とともに解説します。

主催者講演

勘定系システム(MEJAR)のオープン化に向けた
取り組みについて

永井 聡 氏

横浜銀行
総合企画部 IT戦略企画グループ
グループ長
永井 聡 氏

詳細はこちら

<講演概要>
地方銀行5行で共同利用する勘定系システム(MEJAR)を2024年にオープン化することを決定。
決定に至った背景、オープン化することによるメリット、現時点での進捗状況などを報告する。
また、オープン化後を見据えた取り組み、将来展望などについても報告する。

13:35~14:05
ソリューション講演

データ活用で金融機関を変える!
キーエンス流データ活用術

水上 拓也 氏

キーエンス
データアナリティクス事業グループ
水上 拓也 氏

詳細はこちら

<講演概要>
データを活用した経営の最適化が、キーエンスの高収益の源泉です。キーエンスのデータ活用のポイントと、金融機関での活用事例を、ノウハウが凝縮された「データ分析ソフトウェアKI」のデモも交えご紹介いたします。

ソリューション講演

第三波、エンベデッド金融を支える
BaaSプラットフォームと
APIセキュリティのつくり方

尾方 一成 氏

F5ネットワークスジャパン
ソフトウェアビジネス担当 本部長
尾方 一成 氏

詳細はこちら

<講演概要>
金融DXが進み、非金融事業者へのBaaSを介したサービス提供により利用者にも多大なメリットをもたらしています。本セッションでは、自社DCからクラウドなど場所を選ばぬアプリケーション管理、サービスの信頼性やAPIセキュリティを担保するプラットフォームにより、金融の新サービスを安全かつ迅速に市場投入する手法をご紹介します。

14:10~14:40
ソリューション講演

コンテンツクラウドによるDXの加速
〜ガバナンスの確保と利便性の両立〜

簗 栄司 氏

三井住友海上火災保険
データマネジメント部 兼
デジタル戦略部(GDH TLV) 部長
簗 栄司 氏

田中 亮 氏

Box Japan
金融営業部 部長
田中 亮 氏

詳細はこちら

<講演概要>
多くの金融機関がDXを加速させる際に課題となる情報資産の有効利用について、本セッションでは三井住友海上様が「コンテンツクラウド」を活用してガバナンス確保しつつ、 利便性を両立させた実践事例を交えて紹介します。

ソリューション講演

デジタルファースト時代に求められる
顧客体験(CX)の変革

講演者調整中

セールスフォース・ジャパン
インダストリーズトランスフォーメーション事業本部
金融業界担当マネージャー
高橋 博樹 氏

詳細はこちら

<講演概要>
コロナ禍により、お客様の行動や我々の働き方は大きく変容しデジタル化は更に進展しました。
お客様がオムニチャネルでのシームレスな顧客体験に慣れ親しむ一方で、十分な顧客体験を提供できている金融機関は多くありません。
Salesforceは、営業力強化に加え、お客様満足度向上と関係者間のコミュニケーション円滑化を実現します。また、顧客の状況に合わせタイムリーかつワンストップでの金融サービス提案を可能にします。
デジタルファースト時代に金融機関が提供すべき顧客体験および取り組むべきビジネス変革について、デモや事例を交え、ご紹介させていただきます。

14:50~15:20
ソリューション講演

『よくある質問』を活用した
オンライン顧客接点の改善と
カスタマーエクスペリエンスの向上

講演者調整中

Nota
マーケティング マネージャー
落合 純平 氏

詳細はこちら

<講演概要>
顧客接点が、オフラインからオンラインへと大きく移行しました。こうした中で、ウェブサイトやアプリといったオンライン顧客接点を改善することの重要性が増しています。そこで、本セッションでは「よくある質問(FAQ)」ページを活用したオンライン顧客接点の改善とカスタマーエクスペリエンスの向上について事例を交えてお話しします。

ソリューション講演

金融業界におけるハイブリッドクラウドの実践事例

寺倉 貴浩 氏

日本ヒューレット・パッカード
Pointnext事業統括
GreenLakeビジネス開発本部
寺倉 貴浩 氏

詳細はこちら

<講演概要>
金融業界共通のテーマとして「新しいITサービスを他社に比べて如何に早く安くリリースするか」が重要なのではないでしょうか。それを実現するIT基盤としてハイブリッドクラウドが現実解だという認識が浸透しつつありますが、実践にあたって直面する課題と解決策について、ケーススタディを元に議論を展開致します。

15:25~15:55
ソリューション講演

DX戦略に欠かせない企業の
”デジタルビジネス実行力”を上げる取り組みとは?

講演者調整中

Dynatrace
執行役員
日野 義久 氏

詳細はこちら

<講演概要>
企業がデジタルビジネスを推進していく際、顧客体験の向上、オブザーバビリティ、DevOps、さらにBizDevOpsといった言葉が頻繁に活用されており、何から手をつけて良いか迷っている企業様がいらっしゃると思います。そんな中、最先端の金融機関での事例を通して具体的なアプローチについてご紹介します。

ソリューション講演

入出金データ活用によるスコアリング精度向上
〜事業ローン・法人カード・個人向け後払いサービスでの
活用事例〜

講演者調整中

マネーツリー
ビジネスディベロップメントディレクター
山口 賢造 氏

講演者調整中

マネーツリー
ビジネスディベロップメントマネージャー
嶋田 光太 氏

詳細はこちら

<講演概要>
オープンAPIで取得できるようになった様々な金融機関の入出金データをうまく活用することで、個人向け、中小事業者向けの短期・少額融資の領域に、オンライン融資のマーケットチャンスが存在します。入出金データは改ざんのリスクが低く、かつリアルタイムな情報です。従来の融資で用いてきた財務諸表や事業計画書、外部の信用情報に代わって、あるいは補完的に組み合わせて実現したオンライン融資の事例をご紹介します。

16:00~16:30
主催者講演

中央銀行デジタル通貨に関する国際的議論と日本銀行の取り組み

別所 昌樹 氏

日本銀行
決済機構局参事役 FinTechセンター長
別所 昌樹 氏

詳細はこちら

<講演概要>
社会のデジタル化が進む中、世界の多くの国で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する議論が盛り上がっています。日本銀行でも、昨年4月から概念実証を行っているほか、制度設計面の検討を進めています。本講演では、CBDCに関する国際的な議論の状況をご紹介するとともに、日本銀行の取り組みに関する最新の情報をお話しします。

※定員になり次第登録を締め切らせていただきます。


※本セミナーは、金融サービス提供企業(銀行、信用金庫、信用組合、保険、証券取引、決済サービスなど)、および金融システム子会社の方々を対象に開催します。
申し訳ございませんが、対象外の方のご登録はお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

 

■Webセミナー【ライブ配信】配信ご受講に際し、以下の事項に同意ください。

1. 視聴に必要なURLは、抽選後お送りする当選メールでご確認ください。
URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
また、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も対応出来かねますので、ご自身でご調整ください。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

本催事の応募受付は終了しました

プラチナ協賛

New Relic ServiceNow Japan TIS

ゴールド協賛

Box Japan Dynatrace F5ネットワークスジャパン 日本ヒューレット・パッカード インキュデータ キーエンス マネーツリー Nota セールスフォース・ジャパン

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから

※抽選の当落についてのお問い合わせにはお答えできません。