金融のデジタル化が目に見えて実を結んできました。分かりやすいのが、消費者の日常生活と結びつきが強い決済分野です。日本のキャッシュレス決済比率は30%を超え、QR決済はいまや電子マネーと肩を並べる存在へと成長を遂げています。

決済分野の変化は一例にすぎません。デジタル化の波は、金融世界の隅々にまで押し寄せています。銀行、証券、保険など、あらゆる業態でオンラインを前提とした顧客接点が浸透し、それに伴い社内業務の在り方も変化を余儀なくされるでしょう。

さらに、暗号資産やセキュリティートークン、NFT(非代替性トークン)といったデジタルアセットの存在感も急速に増してきました。金融機関は次々と勃興するトレンドと対峙し、追随できる体制の整備を求められています。そのためにも一刻も早いDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現が必要です。

すでに多くの金融機関がDXの必要性に気づいています。ただし、一朝一夕に達成できるものではありません。重厚長大な基幹系システムをどうするのか、変わりつつある顧客が満足するようなUX(ユーザー体験)をいかに実現するのか、新たなデジタルアセットとどう向き合うのか。

前例のない課題を解き、迅速な意思決定の基で実際の行動に移せるかどうかが、金融機関の将来を分ける大きな分岐点になります。日経FinTechは2022年8月に「金融デジタル戦略会議 -FinTech Impact Tokyo 2022 Summerー」を開催します。日本の銀行や証券会社、保険会社、カード/決済会社などの経営層、IT・デジタル部門の責任者などを対象に、金融業界におけるデジタル化の先進事例や、日本企業が今後直面する課題とその解決策などを紹介します。ぜひご参加ください。

■視聴環境事前ご確認のお願い

オンラインセミナー視聴マニュアルはこちら

本催事の応募受付は終了しました

icon開催概要

日時
2022年8月5日(金)10:20~15:55予定
会場
オンライン開催
主催
日経FinTech
プラチナ協賛
Apptio、 New Relic、 セールスフォース・ジャパン、 ゼットスケーラー (社名ABC順)
ゴールド協賛
Denodo Technologies、 エイチシーエル・ジャパン、 日鉄ソリューションズ、 プレイド、 レッドハット、 トレジャーデータ (社名ABC順)
受講料

無料(事前登録・抽選制)

※金融サービス提供企業、金融システム子会社の方々を対象としています。対象外の方のご登録はお断りさせていただく場合があります。

抽選締切
7/26(火)17:00
当選案内メール配信
8/3(水)予定

iconプログラム(予定)

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
Aトラック
Bトラック
10:20~10:50
基調講演

Fintechをめぐる制度の流れと展望

松尾 元信 氏

前金融庁
総合政策局長
松尾 元信 氏

詳細はこちら

<講演概要>
これまで金融庁はFINTECHをめぐる制度整備を重ねてきており、その流れはデジタルマネー、ブロックチェーンやトークン、多様なプレイヤーの参加など、様々な動きがある。この流れや今後話題となる動きについて概観を試みる。

基調講演

MUFGが手掛ける次世代金融サービス「Money Canvas」

田中 誉俊 氏

三菱UFJ銀行
デジタルサービス企画部 次長
田中 誉俊 氏

詳細はこちら

<講演概要>
三菱UFJ銀行は、個人のお客さまの中長期的な資産形成を総合的に支援するプラットフォームとして、「Money Canvas」を提供しています。MUFGグループ内外企業が一丸となってつくる本サービスについて、開発の背景、狙い、また今後の展望をご説明します。

10:55~11:25
講演

DX時代に求められるIT投資管理の高度化 - 金融機関の事例ご紹介 -

小倉 和則 氏

Apptio
金融営業部 部長
小倉 和則 氏

詳細はこちら

<講演概要>
DXを継続的に推進するには、IT投資を運用保守から新規開発にシフトしてくことが求められます。本セッションでは、全世界1万人以上のビジネスリーダーの知見とコミュニティーに支えられた「TBM」というIT投資管理の高度化を実現する方法論と、大手金融機関における実践事例をご紹介させて頂きます。

講演

ゼロトラスト実現のための戦略的で具体的なアプローチとは

深谷 玄右 氏

ゼットスケーラー
Chief Information Security Officer Japan
深谷 玄右 氏

詳細はこちら

<講演概要>
昨今、「ゼロトラストの必要性」は広く語られるビジネス課題の一つとなりました。一方で、それを実現するための具体的な施策やステップを明確にできずに先送りされている現状があります。このセッションでは、ゼロトラストを戦略的に導入してビジネスに貢献するための具体的なアクションについてご紹介します。

11:30~12:00
講演

セブン銀行CCoEによる戦略的クラウド活用推進のポイント

徳田 義明 氏

セブン銀行
デジタルバンキング部 主任調査役
徳田 義明 氏

会澤 康二 氏

New Relic
技術統括本部 コンサルティング部 Senior Solutions Consultant
会澤 康二 氏

詳細はこちら

<講演概要>
セブン銀行では”お客さまの「あったらいいな」を超えて、日常の未来を生みだし続ける”というパーパスを制定し、従来の常識に捉われない新サービスをいち早くお客さまに届けるため、クラウドの活用を推進しています。
当初はスモールスタートであったクラウド利用も、2018年から基幹系システム更改での本格活用に着手しクラウド活用の範囲をひろげました。推進にあたってはCCoE(Cloud Center of Excellence)を立上げ、標準化や技術的なフォロー、ガバナンス強化に取り組みました。ですがミッションクリティカルな大規模システムへの適用の道のりは、苦労の連続でした。
お客さまに安定したサービスを提供する為にはクラウド側の瞬断を伴うメンテナンスや障害等、動的に変化するプラットフォームを可視化、監視していく必要があります。クラウドの特性や制約を踏まえてどのようにクラウドへのマイグレーションを進めたのか、クラウド環境の可観測性に対してどのようなアプローチを行っているのかその一端をお話しします。

講演

デジタルファースト時代に求められる顧客体験の変革

高橋 博樹 氏

セールスフォース・ジャパン
インダストリーズトランスフォーメーション事業本部 金融業界担当マネージャー
高橋 博樹 氏

詳細はこちら

<講演概要>
経済成長の鈍化と激しい市況変化の中、金融機関には顧客体験向上とコスト削減の両立が求められています。 Salesforceは、パーソナライズされたシームレスな顧客体験と一気通貫でのプロセス自動化を実現することで、従業員の生産性向上と顧客からの生涯にわたる信頼獲得を支援します。 金融機関が提供すべき顧客体験および取り組むべきビジネス変革について、デモや事例を交え、ご紹介いたします。

12:00~13:00

お昼休憩

13:00~13:30
特別講演

野村グループのデジタルイノベーションへの取り組み

池田 肇 氏

野村ホールディングス
執行役員デジタル・カンパニー長兼営業部門マーケティング担当
池田 肇 氏
特別講演

データ・アイデア・人材で支えるデジタル戦略

前田 泰成 氏

日本生命保険
デジタル推進室 室長
前田 泰成 氏

詳細はこちら

<講演概要>
日本生命の「デジタル5カ年計画」と、これらを支えるデータ利活用、デジタル推進の風土醸成、グループ一体となったIT・デジタル人材の育成、について、狙いやこれまでの施策、今後の展望をご紹介します。

13:35~14:05
講演

金融DXの実現に資するデータ基盤の"あるべき姿"について

平井 孝典 氏

Denodo Technologies
シニア・プリセールス・エンジニア
平井 孝典 氏

詳細はこちら

<講演概要>
金融DXを実現する要件のうち、変化し続ける経営環境を迅速かつ適切に把握して、自社の商品・サービスを柔軟に対応させることが最も重要です。このドライバーはデータであり、データを迅速・適切に取り扱うことができる能力こそがDXでは求められます。そのような前提でDX時代に必要なデータ基盤を考察し、Denodoが考えるアーキテクチャについてご紹介いたします。

講演

金融機関のDXを支えるクラウドシフト戦略について

金子 賢太郎 氏

日鉄ソリューションズ
ITインフラソリューション事業本部 クラウドプラットフォーム事業部 NSFITOS部
金子 賢太郎 氏

詳細はこちら

<講演概要>
企業成長には一刻も早いDXが不可欠です。しかし、多くの金融機関のITインフラは従来型ビジネスに最適化されたオンプレミス環境が主となっています。ITインフラのアジリティ向上のため、クラウドシフトは有効な手段ですが、金融機関にとって最大の課題であるセキュリティ・ガバナンス維持とどう両立させるべきでしょうか。本課題に対する解決策について、実例をもとにご紹介します。

14:10~14:40
講演

金融サービスにアジリティと効率性をもたらすアーキテクチャとプラットフォームの実現
- SMBCグループにおけるContainer Adoption Journey –

金光 淳一郎 氏

日本総合研究所
システム企画部部付部長
金光 淳一郎 氏

棚井 俊 氏

レッドハット
テクニカルセールス本部エンタープライズソリューションアーキテクト部シニアソリューションアーキテクト
棚井 俊 氏

詳細はこちら

<講演概要>
ITトランスフォーメーションの実現に向けては、ミッションクリティカルな大規模システムにおける安定性・信頼性の維持、開発におけるアジリティと効率性の追求の双方が重要であり、そのためにはリアーキテクトが不可欠です。
日本総合研究所におけるアーキテクチャの進化、それを支えるコンテナ基盤の実現、更なる活用に向けた取り組みについて紹介します。

講演

グローバルバンクのCX向上に学ぶ、オムニチャネル活用マーケティング
顧客体験を向上を先取りしているグローバル銀行に学び、今後取り組みたいキャンペーンマネジメントのご紹介

岩田 行雄 氏

エイチシーエル・ジャパン
Unica事業部 シニアディレクター
岩田 行雄 氏

詳細はこちら

<講演概要>
チャネルのデジタル化がECにおいてショッピング体験を大きく変えたように、銀行サービスの体験も利便性を向上させる取り組みが始まっています。本セミナーでは多様化するチャネルを通じたキャンペーン管理にてネクストベストアクションの提案を行っているグローバル銀行の事例をご紹介いたします。

14:50~15:20
講演

顧客を可視化し、チャネル横断で優れた顧客体験を創るデータ活用

秋元 一郎 氏

日本電気
シニアAIサービスプランナー
秋元 一郎 氏

佐藤 純平 氏

トレジャーデータ
エバンジェリスト
佐藤 純平 氏

詳細はこちら

<講演概要>
オンライン、オフラインチャネルの多様化や融合が進む中、多くの企業でチャネルをまたぐ顧客行動の不可視化が課題になっています。
本セッションでは、一貫した顧客体験設計に欠かせないチャネル横断で顧客を可視化するデータ活用と、顧客を一層深く知るために自社顧客データを補完するソリューションを紹介いたします。

講演

顧客中心のサービス改善と届け方
~金融業界でデータと人を起点にCX(顧客体験)向上のためにできること~

講演者調整中

プレイド
Business Accelerator
金田 拓也 氏

詳細はこちら

<講演概要>
顧客接点の多様化が進む中で、顧客一人ひとりのニーズを知り、適切なサービス・メッセージを届けることは容易ではありません。同時にサービス提供側での組織体制も業務環境の変化と共に、調整と連携などの難しさが日々増加していると感じています。今回のセッションではデジタル領域(ウェブやアプリ)・CS(カスタマサポート)や店舗・広告など様々な接点でのデータを「人軸で」捉え、顧客を主語にデータを利活用し、解決への糸口を目指している活用と、その背景にある思想を、CXプラットフォーム「KARTE」での実例を交え、ご紹介いたします。

15:25~15:55
特別講演

中銀DXのグローバルトレンド

副島 豊 氏

日本銀行
金融研究所長
副島 豊 氏

詳細はこちら

<講演概要>
世界中の中央銀行もDXの取り組みを加速させています。イノベーション推進のラボや組織を設立し、業務の効率化を超えて中銀ビジネスのモダナイゼーションに取り組んでいます。その象徴であるBIS Innovation Hubと各地のセンターの取り組みを中心に中銀DXの最前線を紹介します。

※定員になり次第登録を締め切らせていただきます。


※本セミナーは、金融サービス提供企業(銀行、信用金庫、信用組合、保険、証券取引、決済サービスなど)、および金融システム子会社の方々を対象に開催します。
申し訳ございませんが、対象外の方のご登録はお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

 

■Webセミナー【ライブ配信】ご受講に際し、以下の事項に同意ください。

1. 視聴に必要なURLは、抽選後お送りする当選メールでご確認ください。
URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
また、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も対応出来かねますので、ご自身でご調整ください。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

本催事の応募受付は終了しました

プラチナ協賛

Apptio New Relic セールスフォース・ジャパン ゼットスケーラー

ゴールド協賛

Denodo Technologies エイチシーエル・ジャパン 日鉄ソリューションズ プレイド レッドハット トレジャーデータ

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから

※抽選の当落についてのお問い合わせにはお答えできません。