お申し込み受付を
終了しました

 今年で第4回目を迎えるLIVING TECHカンファレンスは、LIVING TECH協会と日経BP総研の共催で開催いたします。

 大阪万博を迎え、日本が世界に情報発信する2025年に向けて「ROAD TO 2025」をキーワードに、「暮らし×テクノロジー」をユーザー視点から紐解き、業界横断型でこれからの日本の住まいや住まい方について3つの社会課題と6つのテーマについて考えます。

 午後の6つのテーマのセッションでは、業界をリードする団体・企業に加え、スタートアップ企業の経営陣を招き、各テーマについて、多様性のあるスピーカーが多角的な視点から、最新のテクノロジートレンドから業界横断型で取り組む新たなビジネスチャンスの可能性を語ります。各セッションとも、相互関係にあるため、全編ご視聴をお薦めいたします。ご視聴は予約制です。以下よりご予約をお願いいたします。

開催概要

名称
LIVING TECH カンファレンス2021-2022
2025年の社会課題を解決する住宅DX
~【ROAD to 2025】テクノロジー、ソサエティ、ライフが融合するロードマップ戦略~
日時
2022 2 25 日(金)
10:00~17:30 
9:45配信開始
主催
一般社団法人LIVING TECH協会
共催
日経BP 総合研究所
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

10:00~10:30

【ROAD to 2025】 リビングテックロードマップのストーリー戦略

安達 功
《モデレーター》

日経BP 総合研究所
フェロー 安達 功

古屋 美佐子
《スピーカー》

アマゾンジャパン合同会社 Amazonデバイス事業本部
オフライン営業本部 営業本部長 古屋 美佐子 氏

山下 智弘 氏
《スピーカー》

一般社団法人LIVING TECH協会 代表理事
リノベる株式会社 代表取締役山下 智弘 氏

詳細はこちら

4月で3期目を迎えるLIVING TECH協会。業界横断の活動と、ユーザー視点でのLIVING TECH普及に向けた活動を加速させるべく、2025年に向けたストーリー戦略を代表理事が語り、日経BP総研フェロー安達氏がクロステック目線でその真意に迫ります。

10:30~10:50

【2025へのエール① テクノロジー軸】
Amazonが考える2025年のスマートホーム

古屋 美佐子

アマゾンジャパン合同会社 Amazonデバイス事業本部
オフライン営業本部 営業本部長 古屋 美佐子 氏

詳細はこちら

グローバルでスマートホームの普及に取り組むAmazonが、海外のスマートホームトレンドや、今後の日本におけるスマートホーム戦略を語ります。ユーザー視点でオープンにスマートホームの普及を目指す同社の戦略とは?

10:50~11:10

【2025へのエール② ソサエティ軸】
世帯減少時代の社会課題と住宅DXによる解決への期待

宿本 尚吾 氏

国土交通省住宅局
住宅生産課長 宿本 尚吾 氏

詳細はこちら

テクノロジーと住宅DXで日本の住まいと暮らしはどう変わるのか。どんなビジネスチャンスが生まれるのか。国土交通省住宅局住宅生産課の宿本尚吾課長が2025年へのエールとともに、世帯減少時代の社会課題と住宅DXによる解決への期待を語ります。

11:10~11:30

【2025へのエール③ ライフ・生活者軸】
見えてきたニューノーマルとテクノロジーで進化する暮らし

池本 洋一 氏

リクルート『SUUMO』編集長
兼 SUUMOリサーチセンター長 池本 洋一 氏

詳細はこちら

コロナ禍でビジネスもユーザーも大きな変化に直面し、試行錯誤をしてきた2年間。
リクルートの最新調査で見えてきた定着するものとしないもの。真のニューノーマルとこれからのニーズとは?
話者が立ち会った「真鶴の家プロジェクト」から感じた「暮らし×Tech」の可能性も交えて語ります。

岸村 大安 氏

ウェブシャーク
取締役 岸村 大安 氏

詳細はこちら

岸村 大安 氏

ウェブシャーク
取締役
岸村 大安 氏

コロナ禍による生活様式の変化により、日々の暮らしの中でも新たな「ストレス」が生まれています。快適すぎて動けなくなる魔法のソファYogiboはブランド理念として、「ストレスのない社会の実現」を掲げています。「ストレス」と「リラックス」はお互い相容れない関係にあり、十分にリラックスした状態では、不安や恐怖、身体的緊張が起きにくくなります。そこで、Yogiboは定義が曖昧である「リラックス」がどのような要素で構成されているのかを解明すべく早稲田大学と産学連携プロジェクトを実施。Yogiboが「リラックス」に与える影響を科学的側面から紐解いていきます。

11:55~12:05

休憩

12:05~12:55

【可能性が広がる①住まいが学校になる】
~学びとテクノロジーの融合がもたらす新しい学習体験~

杉山 俊幸
《モデレーター》

日経BP 総合研究所
主席研究員杉山 俊幸

奥平 博一 氏
《スピーカー》

角川ドワンゴ学園 N高等学校
校長奥平 博一 氏

佐藤 昌宏 氏
《スピーカー》

デジタルハリウッド大学
教授 学長補佐佐藤 昌宏 氏

福田 浩一 氏
《スピーカー》

日本電気
フューチャーマーケットインテリジェンス本部
マネージャー(NEC未来創造プロジェクト未来構想・次世代教育リーダー)福田 浩一 氏

後藤 貴史 氏
《スピーカー》

プレースホルダ
代表取締役 CEO後藤 貴史 氏

詳細はこちら

セッション1~3は、コロナ前にはなかった「住宅に新たに求められている機能=住宅DX」について徹底討論します。教育の分野へデジタルテクノロジーを導入することで、いっそう豊かな社会が期待されます。コロナ禍は、住まいを“学校”に変えました。そこにテクノロジーを活用することで、個別最適な教育が期待されます。教育現場のリアルな声をまじえ、その最先端の取り組みを紹介していきます。

12:55~13:00

休憩

13:00~13:50

【可能性が広がる②住まいがオフィスになる】
~これからの住宅に求められる働く場としての機能と役割~

小林 暢子
《モデレーター》

日経BP 総合研究所
コンサルティングユニット長
主席研究員
Human Capital Online発行人小林 暢子

松岡 利昌 氏
《スピーカー》

日本オフィス学会
会長松岡 利昌 氏

河野 英太郎 氏
《スピーカー》

アイデミー
取締役執行役員 事業本部本部長
兼 Modeloy事業部 部長 COO河野 英太郎 氏

鈴木 メイザ 氏
《スピーカー》

オリィ研究所
分身ロボットカフェ事業部
マネージャー鈴木 メイザ 氏

詳細はこちら

この2年でリモートワークが急速に普及しました。生産性高く働くために家にはどんな機能が求められるのか、テクノロジーを活用した未来の働き方はどうなっていくのか。ワークプレイスとワークスタイルを熟知する日本オフィス学会会長と、スタートアップ経営者が語り合います。

13:50~13:55

休憩

13:55~14:45

【可能性が広がる③住まいが病院になる】
~センシングとモニタリングで実現するハウスホスピタル~

藤井 省吾
《モデレーター》

日経BP 総合研究所
副所長
メディカル・ヘルスラボ所長藤井 省吾

藤本 小百合 氏
《スピーカー》

イーソリューションズ
副社長執行役員藤本 小百合 氏

武藤 真祐 氏
《スピーカー》

インテグリティ・ヘルスケア
代表取締役会長武藤 真祐 氏

河千泰 進一 氏
《スピーカー》

リンクジャパン
CEO河千泰 進一 氏

詳細はこちら

遠隔医療とリアルタイムモニタリング、センシングによる早期検知が「ハウスホスピタル」を現実のものにしつつあります。住宅における疾患発症の早期発見プロジェクトに取り組むTECH企業とデジタルを活用した新たな医療モデルの創造に取り組む医師を招き、住宅が実現する近未来の「医療」環境を見通します。セッションの中で、インテグリティ・ヘルスケアの武藤様、イーソリューションズの藤本様からは、以下タイトルでお話もいただく予定です。
武藤様『住宅環境におけるデジタルを活用した新たな医療モデルの創造』
藤本様『「家での疾患の早期発見」―人生100年時代の新しい家の役割―』

14:45~14:50

休憩

14:50~15:40

【暮らしが進化する①「モノ×コト」がつながり暮らしが進化する】
~スマートホームが提供する新しい価値の最前線~

田形 梓 氏
《モデレーター》

LIVING TECH協会 PR/リノベる株式会社 PR田形 梓 氏

橘 嘉宏 氏
《スピーカー》

三菱地所
住宅業務企画部 DX・新事業ユニット 主事
バリューチェーン推進室橘 嘉宏 氏

《スピーカー》

AIoTクラウド
取締役副社長 兼 ビジネス開発統括部長松本 融 氏

川原 伊織里 氏
《スピーカー》

リトルソフトウェア
代表取締役CEO川原 伊織里 氏

詳細はこちら

セッション4からは、ユーザー視点での3セッションをお届けします。様々な事業者が「スマートホーム」に取り組む中、特にユーザー普及に向けて「顧客視点」でプラットフォーム化に取り組む3者による「スマートホーム」「スマートライフ」そして「住まう人に合わせた住環境の在り方」について徹底討論します。今、手に届くところにある一歩先の豊かな暮らしについて、最新トレンドをお伝えします。

15:45~16:35

【暮らしが進化する②テクノロジーでもっと豊かに暮らしが進化する】
~パーソナライズ&アップデートで実現する豊かな暮らし~

町田 玲子 氏
《モデレーター》

小学館
DIME編集室
@DIME編集長町田 玲子 氏

鈴木 直行 氏
《スピーカー》

遠藤照明
営業本部
営業企画統括部
未来環境研究課
課長鈴木 直行 氏

中村 剛 氏
《スピーカー》

LIVING TECH協会 顧問
東京電力エナジーパートナー
販売本部 お客さま営業部
デジタル営業グループ
副部長(リビング・デジタルメディア担当)中村 剛 氏

久田 康弘 氏
《スピーカー》

ELEMENTS
代表取締役久田 康弘 氏

詳細はこちら

スマートホームやテックの活用は、単純に利便性・合理性を高めるだけではなく、その先にある「ユーザーの豊かな暮らし」を実現するための手段です。そして、その「豊かな暮らし」を実現させるテクノロジーも、加速度的に進化を遂げています。今までは家に合わせて人が住む世の中でしたが、これからは「パーソナライズ」がキーワードに、人に合わせてテクノロジーが快適な住環境をサポートする世の中になっていく、最新トレンドに迫ります。セッション4との関連性もあるため、セット視聴がお勧めです。

16:35~16:40

休憩

16:40~17:30

【暮らしが進化する③楽しく感動!エンタメ体験の場に暮らしが進化する】
~暮らしを彩るテクノロジーで住体験が変わる~

川本 太郎 氏
《モデレーター》

ルームクリップ
執行役員/RoomClip住文化研究所所長川本 太郎 氏

竹内 優 氏
《モデレーター》

ルームクリップ
RoomClip住文化研究所
研究員竹内 優 氏

安元 淳 氏
《スピーカー》

NTTドコモ コンテンツビジネス部
スポーツ&ライブビジネス推進室
パートナー協創担当
担当部長安元 淳 氏

大瀬 憲寛 氏
《スピーカー》

ソニーグループ
R&Dセンター
Tokyo Laboratory 01
シニアディスプレイエンジニア大瀬 憲寛 氏

河野辺 和典 氏
《スピーカー》

LOAD&ROAD
代表取締役河野辺 和典 氏

詳細はこちら

最後のセッションは、セッション5とは違う視点で「便利の先にある豊かな暮らし」についてお届けします。「人」を主語で「暮らし」を考えた時、コロナ禍でユーザーの生活が変わり、住宅に求められる機能=ニーズと、イエナカでのON/OFFの切り替えについて。ユーザーのリアルをRoomClipのレポートをもとに、テクノロジーとユーザーの双方向のコミュニケーションで成り立つ、住環境における感動体験のこれからに迫ります。

お申し込み

オンラインセミナー【Live配信】ご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください

1. 視聴に必要なURLは、開催日前日までに登録頂いたアドレスにメールにてご案内します。
URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

2. 本催事の配信権利、著作は主催者と講演者にあり、受講時における、動画を録画・キャプチャーは禁止させていただきます。
もし、発見した場合、主催者は権利保護のため削除依頼させていただきます。また、同様に許可のない、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、許可のない二次使用は著作件、肖像権、個人情報保護法違反となりますので、おやめください。

4. 回線、システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再配信などの対応は出来かねますので予めご了承下さい。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンターセミナー係

お問い合わせ

お申し込み受付を
終了しました

日経BP