労働力不足をカバーし生産性向上をうたった「働き方改革」。企業の経営層は、どのように相矛盾する課題に向き合うべきでしょうか。解決策は、いよいよ加速度を増す業務のICT化ではないでしょうか。注目されているのが、――営業支援のためのSalesTech――中でも厖大なデータから顧客の潜在ニーズを洗い出すことで多くの営業機会を創出。限られた人材とその能力を人にしかできない業務に集中させる事で効率的に売上を伸ばすことも可能になりました。

今や営業活動はかつての経験則や人脈だけでは通用しません。ITを利活用し全社をあげて取り組まなければ計画通りの売上成果を見込むことはできません。AI活用によるプロセスの見直しを通し、限られた人材の「働き方改革」に資するサービスも有望です。

既に多くの企業が着手し、様々な成果を遂げております。
そこで本イベントでは、実績と経験豊富なサービス内容や企業を厳選。
分かりやすくご紹介いたします。是非この機会に比較ご検討ください。

開催概要

日時
2019年6月6日(木) 13:00~18:00 (開場 12:30)予定
会場
秋葉原コンベンションホール (東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F)
主催
日経ビジネス電子版、日経クロストレンド
協賛
SATORI、SB C&S/Dropbox Japan、ソフトブレーン、ストックマーク(ABC順)
定員
250名
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~14:00

【基調講演】

石角 友愛 氏

ビジネスの発想を広げるアメリカのAIビジネス最新事例:AI時代に勝つために必要な経営者の考え方

パロアルトインサイト
CEO・AIビジネスデザイナー
石角 友愛 氏

詳細はこちら

パロアルトインサイトが実装した会社の実例を挙げてシリコンバレー流のAI活用方法や今後発展していく企業はどんな会社なのか、アメリカと日本の違いなどを基にお話しさせていただきます。

<プロフィール>
2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのGoogle本社で多数のAIプロジェクトをリードする。後にHRテックベンチャーの立ち上げや流通系AIベンチャーを経て2017年パロアルトインサイトを起業。日本企業に対してシリコンバレー発のAI戦略提案からAI実装まで一貫した支援を提供する。
新著に「いまこそ知りたい AIビジネス」があり、プログラミング教育、ギフテッド教育、留学などについての出版も5冊あり。

14:05~14:45

植山 浩介 氏

「アナログ×デジタル」活用で売上4倍にした営業効率化の仕組み
~急成長企業が実践する施策とは~

SATORI
代表取締役
植山 浩介 氏

詳細はこちら

昨今、デジタル化が進みアナログとデジタルをかけ合わせた営業手法が大きな成果を出しております。弊社のユーザー様の中には人材不足が課題でしたが、既存の営業業務にデジタル手法を導入し、売り上げを4倍に伸ばした実績がございます。
弊社でもセミナーを実施するにあたって「あるアナログ施策」にデジタルをかけ合わせたところ、以前よりも多くの集客に成功しました。本セッションではこのようなデジタルとアナログをかけ合わせた営業効率化の仕組み作りの手法を事例を交えながらご紹介いたします。

14:50~15:30

保坂 大輔 氏
森田 晃輝 氏

生産性はここまで上がる!クラウドツールが可能にする最新営業手法

Dropbox Japan
ソリューションアーキテクト
保坂 大輔 氏

キャップドゥ
代表取締役社長
森田 晃輝 氏

詳細はこちら

地方に本拠を置きながら創業3年で既に150社以上の顧客獲得、海外進出も果たしたコンサルティング企業による、クラウドを活用した効率的な営業手法事例とともに、企業規模に関わらずすぐに応用可能な生産性向上の最新手法をお伝えします。

15:30~15:40

休憩

15:40~16:20

林 達 氏

待ったなしの営業改革! AIで実現するナレッジシェアと業務効率化

ストックマーク
代表取締役社長
林 達 氏

詳細はこちら

人材の流動化、働き方改革への期待の高まりと共に、営業におけるAIの活用が益々重要になっています。当セミナーでは営業活動のあらゆるテキストデータをAIが解析し、有用なナレッジをレコメンドすることによって営業の新人を即エース級にし、営業業務の効率化と売上拡大を達成する方法について、当社サービスの実例と共にご紹介します。

16:25~17:05

長田 順三 氏

KPI2.2倍達成、受注率3.6倍、売上200%を実現する仕組みを公開
成果に直結するデータの有効活用法とは

ソフトブレーン
取締役 本社営業本部長 兼 人財開発室長
長田 順三 氏

詳細はこちら

2018年の企業経営課題に関する調査において、75%の企業が今後IT投資を増やすという結果が出ています。
顧客情報をデータ化して蓄積することは、営業活動において重要な施策ですが、 それだけで売上を上げることはできません。
本セミナーでは、7,000社以上の営業課題解決を支援してきた弊社が、
蓄積されたデータを有効活用することで売上200%を達成した成功事例を交えて、
営業生産性向上を実現させるための仕組みのつくり方についてお伝えします。

17:10~18:00

【特別講演】

文字 放想 氏

アナログな業界を営業から経営までTech化するための仕組みと成果

アップル引越センター
代表取締役社長
文字 放想 氏

詳細はこちら

当社が創業から10年強で急成長した原動力は、目的を明確化しITで出来る事と、人がやるべき事を分離したことです。営業受注はスマホ予約で顧客の利便性を向上させ、配車や人員配置を最適化しました。作業時間の効率化を図り、更に顧客満足度をデータ化し人事評価からサービス向上にまで利活用しております。営業から経営まで一気通貫したオリジナルの引越しTech。その要諦をお話しします。

<プロフィール>
1984年神奈川県生まれ。中学校卒業後、引越会社で働き始める。06年アパート1室、トラック1台で独立。クレド(信条)31条の浸透を従業員に徹底。ITを利活用させることで、人にしかできない仕事に注力させた結果、わずか10年強の18年7月期には約13億円、従業員300名(正社員119名)の急成長を果たす。引越しの価値を高め、笑顔溢れる産業にするために、理想に添った積極的IT投資を提唱している。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。

お申し込み受付を終了しました