2025年までにシステム刷新を集中的に推進し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に乗り出すべき。さもないと日本企業は生き残れない――。

 経済産業省が2018年9月に公表した「DXレポート」では衝撃的な提言がなされた。

 デジタル技術を駆使した新たなビジネスモデルを展開する新規参入者によるゲームチェンジが進行する中、多くの企業はDXの重要性を認識しつつも踏み出せずにいる。その大きな理由は既存システム、特にレガシー化した基幹システムの維持管理にIT予算の80%が割かれてしまっていること。戦略的なIT投資に資金や人材を振り向けられていない。

 DXレポートでは、2025年に国内のIT人材が40万人規模で不足すること、構築から21年以上を経過する基幹系システムが全体の6割を超過することを指摘。2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が発生すると警鐘を鳴らす。DXも進まないため、日本企業は国際競争力を失う。

 こうした最悪のシナリオ「2025年の崖」を克服し、持続的成長を実現するために、今何をすべきか。本シンポジウムでは、経営層、経営企画部門や事業部門、情報システム部門のリーダーに、「DXレポート」が示す“今そこにある危機”への正確な理解を促すとともに、レガシーシステムからの脱却やDX推進のポイントなど、具体的な方策について議論します。

満席のためお申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2019年11月20日(水)10:15~16:30(9:45開場)予定
会場
ブリーゼプラザ 小ホール
(大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー 7階)
主催
日経ビジネス電子版、日経xTECH
後援
経済産業省
協賛
アビームコンサルティング、アクセンチュア、ソフトロード(ABC順)
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

10:15~10:55

【基調講演】

和泉 憲明 氏

「2025年の崖」を克服し、DXを本格展開するための「DX推進指標」の活用

経済産業省
商務情報政策局 情報産業課・ソフトウェア産業戦略企画官
和泉 憲明 氏

詳細はこちら

デジタル時代の競争が激化する中、日本企業の抱える技術的負債を克服し、経営を真にデジタル化するためには、DXの推進が不可欠である。
本講演では、経済産業省で推進しているDX政策の背景と狙い、DXの具体的事例を交えつつ、経営層や取締役会が活用可能な「DX推進指標」の位置づけと取り組むべき方向性について解説する。

※基調講演に登壇を予定しておりました田辺様が公務の関係により登壇不可となりましたため、同省 和泉様より代わってご講演いただきます。

11:00~11:40

中野 恭秀 氏

デジタル変革の推進に欠かせないIT資産の刷新に向けて
~「2025年の崖」を越えるための戦略的モダナイゼーション~

アクセンチュア
テクノロジーコンサルティング本部 インテリジェントソフトウェア エンジニアリングサービスグループ
アソシエイト・ディレクター 
中野 恭秀 氏

詳細はこちら

伝統的企業においてスケールメリットを追求するツールとして活用されてきたIT。デジタル化が進む中、ITが激変する競争環境での勝敗を左右するのみならず、先駆的活用が新たなビジネスの扉を開くまでになっている。巨大化・硬直化したレガシーシステムを企業競争力獲得の武器にするための真のモダナイゼーションを紹介する。

11:40~13:00

休憩

13:00~13:40

【特別講演】

矢島孝應 氏

ヤンマーのグローバルIT戦略
-IoT,DXの取組から2025年への対応に向けてー

ヤンマー
取締役 CIO
矢島 孝應 氏

詳細はこちら

 ヤンマーは、創業者・山岡孫吉の想いである「人々のくらしを豊かにする革新」のため、次の100年に向けて、未来の4つの社会(省エネ、安心な生活、食の供給、暮らしやすい社会)を目指しています。

 お客様の生涯価値向上に向けたお客様起点のIT戦略をご説明します。
また、それらを支えるデジタル化時代における次世代テクノロジーの活用及び2025年の崖に向けた取組の考え方について、CIOとして果たすべき役割や考え方を共有いたします。

13:50~14:30

桂田 武実 氏

ゲームチェンジを成功させるためのIT進化論
~アジリティーの追求~

アビームコンサルティング
P&T Digitalビジネスユニット
FMCセクター ダイレクター
桂田 武実 氏

詳細はこちら

これまでのITに対する考え方を払拭しなければ、崖を乗り越えることはできない。今の経営を支えるレガシーシステムの進化無くして、ゲームチェンジは実現できない。アビームコンサルティングが考える「2025年の崖」を好機に転換するための考え方、全社一丸となって取り組むべき事項について、事例を交えながら紹介する。

14:40~15:20

劉 忱 氏

日本最大更新専門会社からの紹介
ー技術進化で変わる更新企画と移行先の選択

※「日本最大」は株式会社ミック経済研究所
(2018年12⽉~2019年2⽉調査)に基づくものです。

ソフトロード
代表取締役社長
劉 忱 氏

詳細はこちら

システムリフォームでは知能型変換、業務機能テスト、改善を取り込んだ移行を生み出し、東証一部上場TOP200 社中50 社以上に利用頂いている。
Java への移行、構造改善、見える化等が安心・安価になり、機能改善で高付加価値の実現が可能。
最新技術と豊富な移行選択肢で、2025年崖問題解決のご参考になれば幸いです。

15:30~16:30

パネルディスカッション

変革リーダーが明かす、「2025年の崖」の本質と克服法

《パネリスト》
  • 岡田 章二 氏

    ISENSE
    代表取締役
    岡田 章二 氏

  • 上之薗 孝之利 氏

    エーザイ
    ICTビジネスソリューション部 部長
    上之薗 孝之利 氏

《モデレータ》

日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川 尚樹

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

フリーダイヤル 0120-255-255 ※ガイダンス「2」をご選択ください。(土日祝日を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。

満席のためお申し込み受付を終了しました