2025年までにシステム刷新を集中的に推進し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に乗り出すべき。さもないと日本企業は生き残れない――。

 経済産業省が2018年9月に公表した「DXレポート」では衝撃的な提言がなされた。

 デジタル技術を駆使した新たなビジネスモデルを展開する新規参入者によるゲームチェンジが進行する中、多くの企業はDXの重要性を認識しつつも踏み出せずにいる。その大きな理由は既存システム、特にレガシー化した基幹システムの維持管理にIT予算の80%が割かれてしまっていること。戦略的なIT投資に資金や人材を振り向けられていない。

 DXレポートでは、2025年に国内のIT人材が40万人規模で不足すること、構築から21年以上を経過する基幹系システムが全体の6割を超過することを指摘。2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が発生すると警鐘を鳴らす。DXも進まないため、日本企業は国際競争力を失う。

 こうした最悪のシナリオ「2025年の崖」を克服し、持続的成長を実現するために、今何をすべきか。本シンポジウムでは、経営層、経営企画部門や事業部門、情報システム部門のリーダーに、「DXレポート」が示す“今そこにある危機”への正確な理解を促すとともに、レガシーシステムからの脱却やDX推進のポイントなど、具体的な方策について議論します。

開催概要

日時
2019年11月29日(金)10:00~17:10(9:30開場)予定
会場
品川プリンスホテル プリンスホール (東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル アネックスタワー5F)
主催
日経ビジネス電子版、日経xTECH
後援
経済産業省
プラチナ協賛
アビームコンサルティング、アクセンチュア、ラキール、レイヤーズ・コンサルティング、NTTデータ グローバルソリューションズ、MuleSoft, A Salesforce Company、ServiceNow Japan(ABC順)
ゴールド協賛
Board Japan、レッドハット、Twilio Japan(ABC順)
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ご希望の講演を選択してください。

A会場
B会場
10:00~10:40

田辺 雄史 氏

「2025年の崖」を克服し、DXを本格展開するための「DX推進指標」の活用

経済産業省
商務情報政策局 情報産業課
ソフトウェア・情報サービス戦略室長
田辺 雄史 氏

※基調講演は、満席が予想されます。
満席の場合、中継会場にご案内する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

詳細はこちら

デジタル時代の競争が激化する中、日本企業の抱える技術的負債を克服し、経営を真にデジタル化するためには、DXの推進が不可欠である。
本講演では、経済産業省で推進しているDX政策の背景と狙い、DXの具体的事例を交えつつ、経営層や取締役会が活用可能な「DX推進指標」の位置づけと取り組むべき方向性について解説する。

10:45~11:25

グローバル経営と基幹システムのモダナイゼーションを実現する戦略的アプローチ

磯谷 元伸 氏

NTTデータ グローバルソリューションズ
代表取締役社長
磯谷 元伸 氏

詳細はこちら

日本企業ではグローバル化やDXを背景に、グローバル経営の高度化が喫緊の課題となる一方、「2025年の崖」と呼ばれる基幹システムの老朽化やブラックボックス化がそれを阻んでいます。当社の経験や実績に基づいた、グローバルレベルでDX時代に求められる基幹系システムのモダナイゼーションのポイントと現実解をご紹介いたします。

デジタル変革の推進に欠かせないIT資産の刷新に向けて
~「2025年の崖」を越えるための戦略的モダナイゼーション~

中野 恭秀 氏

アクセンチュア
テクノロジーコンサルティング本部 インテリジェントソフトウェア エンジニアリングサービスグループ
アソシエイト・ディレクター
中野 恭秀 氏

詳細はこちら

伝統的企業においてスケールメリットを追求するツールとして活用されてきたIT。デジタル化が進む中、ITが激変する競争環境での勝敗を左右するのみならず、先駆的活用が新たなビジネスの扉を開くまでになっている。巨大化・硬直化したレガシーシステムを企業競争力獲得の武器にするための真のモダナイゼーションを紹介する。

11:35~12:15

ゲームチェンジを成功させるためのIT進化論 ~アジリティーの追求~

一岡 敦也 氏

アビームコンサルティング
P&T Digitalビジネスユニット ITMSセクター ダイレクター
一岡 敦也 氏

詳細はこちら

これまでのITに対する考え方を払拭しなければ、崖を乗り越えることはできない。今の経営を支えるレガシーシステムの進化無くして、ゲームチェンジは実現できない。アビームコンサルティングが考える「2025年の崖」を好機に転換するための考え方、全社一丸となって取り組むべき事項について、事例を交えながら紹介する。

デジタルビジネスプラットフォームがIT投資の姿を変える
~技術的資産の積み上げサイクルへの転換を図るアプリ基盤・データ基盤とは~

須田 崇裕 氏

ラキール
製品開発本部 執行役員
須田 崇裕 氏

雄谷 淳 氏

ラキール
クラウド開発本部 執行役員
雄谷 淳 氏

詳細はこちら

DXを実現するためには、ビジネスサイドのIT要求を速やかに実現し続けるアジリティが重要です。技術的負債を解消する事にとどまらず、技術的資産の積み上げによってアジリティを向上し続ける方法論を事例を交えてご紹介します。併せてアプリケーション&データプラットフォーム「LaKeel Cloud/LaKeel Data Insight」をご紹介します。

12:15~13:15

休憩

13:15~13:55

【特別講演】

日本型経営の終焉~ERP導入の意義

小和瀬 浩之 氏

荏原製作所
情報通信統括部長
小和瀬 浩之 氏

詳細はこちら

1990年代の劇的なテクノロジーの進化に伴い、欧米のグローバル企業はERP導入とグローバル業務標準化を成し遂げ、経営スタイルもインターナショナル経営からグローバル経営へと変革しています。一方、日本企業は、ERPを導入しても、業務標準化を行うどころか、データ活用もままならない状況です。今後、ますますグローバル化が進展する中、日本企業のあるべきERP導入のあり方を考察します

【特別講演】

2025年の崖と令和維新 〜DX時代のSOMPOのチャレンジ〜

浦川 伸一 氏

損害保険ジャパン日本興亜
取締役常務執行役員
浦川 伸一 氏

詳細はこちら

2014年に企業統合により損保ジャパン日本興亜が始動。システム統合は無事乗り越えたが、DX対応に早くもレガシーシステムが足かせに。基幹システムの刷新、レガシーシステムの高度化、DXへのシフトなどに対処すべく、システム・ビジネス部門一体となった取り組みを開始。当講演では特にシステム部門の変革に焦点を当て、人材育成、開発力強化などの施策を中心に弊社のチャレンジをご紹介したい。

14:00~14:40

デジタル時代の経営戦略を支えるのはデジタル・プラットフォームだ

村瀬 将思 氏

ServiceNow Japan
社長
村瀬 将思 氏

詳細はこちら

変革には、変えて新しいものにするという意味があります。では、DX(デジタル変革)では、何をどう新しいものにすれば良いのか?デジタル時代、経営戦略を支えるのはデジタル戦略です。本講演では、IT部門、社内プロセス、顧客エンゲージメントの3つの領域において、デジタル・プラットフォームがもたらすDXについて述べます。

DXを加速させる経営戦略IBP。ファイナンスをデジタル化し成功した先行企業と理由をご紹介

篠原 史信 氏

Board Japan
取締役社長
篠原 史信 氏

詳細はこちら

問題意識の高い企業は早くも先手を打っています。現世代のシステム戦略に多い、ERP・BI・EPMなどを再定義し、過去実績より将来見通しを、詳細より大局を、売上より利益を重視するインフラ整備にBoardが活躍しています。このセッションでは、日本企業現地法人が、数多く成功したIBPについてデジタルファイナンスの勘所を事例を交えてご紹介します。

14:50~15:30

崖から落ちないためのDX戦略立案と推進

加藤 道隆 氏

レイヤーズ・コンサルティング
DX事業部 統括マネージングディレクター
加藤 道隆 氏

詳細はこちら

なぜ、貴社に「崖」がやってくるのか。
原因を理解しないまま「崖」対応をしても、貴社はコンサルタントに食い物にされ、またしても無駄遣いを嘆くでしょう。
ITは人が創り、かつ使い倒すための道具です。駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人、、、
「人」とは誰か。崖を飛び越え、自律的に成長できるDX組織を中心にお話しします。

企業のDXを劇的に加速するコミュニケーションプラットフォーム戦略とその成功事例

今野 芳弘 氏

Twilio Japan
代表執行役員 社長
今野 芳弘 氏

詳細はこちら

企業に取ってDXは、従来のレガシーシステムを破壊するデジタル変革とIT投資が求められています。
本セッションでは、企業のDX変革を劇的に加速させるTwilioのコミュニケーションプラットフォームをお客様事例を交えてご紹介いたします

15:40~16:20

APIで崖を飛び越える 〜レガシー資産活用とDXイニシアチブを同時に推進する、MuleSoftのAPI主導アプローチ〜

小山 径 氏

MuleSoft, A Salesforce Company
執行役員
小山 径 氏

詳細はこちら

MuleSoftでは、APIを軸に企業基盤を再構築することで、レガシーシステムを有効活用しつつ、新たなDXイニシアチブも同時に推進することが可能なAPI主導のアプローチを提唱しています。これまでの投資を無駄にすることなく、将来への変化にも柔軟に対応できるユニークなソリューションを、先進的なお客様の事例とともにご紹介します。

2025年の崖を乗り越える戦略 〜 Culture First, DevOps as a First Step 〜

岡下 浩明 氏

レッドハット
製品統括・事業戦略担当 本部長
岡下 浩明 氏

詳細はこちら

経済産業省が警告している"2025年の崖" をテーマに、この崖を乗り越えていくための組織文化の改革からはじめるDevOpsの進め方の戦略についてお話します。まsた、レガシーIT資産をどのように取り扱うべきかについても触れ、テクノロジーの採用だけでなく、プロセスやカルチャーの変革のあるべき姿についてお話します。

16:30~17:10

変革リーダーが明かす、「2025年の崖」の本質と克服法(仮)

《パネリスト》
  • 岡田 章二 氏

    ISENSE
    代表取締役
    岡田 章二 氏

  • 新郷 雅史 氏

    全日本空輸
    デジタル変革室長
    新郷 雅史 氏

《モデレータ》

日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川 尚樹

※パネルディスカッションは、満席が予想されます。
満席の場合、中継会場にご案内する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

フリーダイヤル 0120-255-255 ※ガイダンス「2」をご選択ください。(土日祝日を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。