COVIT19 の急速な拡大により、応急的にテレワーク環境を構築した結果、クラウドやモバイルの活用が推進されることで守るべき情報資産の社内だけにとどまらなくなると共に、新たな脅威も顕在化しています。
こうした働き方の変化に合わせる形で、ネットワークとセキュリティの機能を包括的にクラウドから提供する「 SASE 」や何も信用しないことを前提とする「ゼロトラストセキュリティ」などの新たな手法が注目を集めています。

経営者はこうした非常事態への対応に加えて、平時から存在するサイバー攻撃を防ぐ準備も求められ、事業継続とセキュリティは切っても切れない時代になっているのではないでしょうか。

本セミナーでは上記のような、「SASE」、「ゼロトラストセキュリティ」などがなぜ注目されているのか、そしてその必要性を受講者に説いていきます。

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2020年8月31日(月) 13:00~16:35(予定)
会場
オンラインライブ配信セミナー
主催
日経ビジネス
協賛
サイバーリーズン・ジャパン、マクニカネットワークス/S&J、Splunk Services Japan、ゼットスケーラー(ABC順)
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:30

【基調講演】

山内 智生 氏

サイバーセキュリティ政策の現状と動向について
~DX with cybersecurityとどう取り組むか~

内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)
副センター⻑ 内閣審議官
山内 智生 氏

詳細はこちら

サイバーセキュリティ戦略策定後約2年が経過したが、その間新たな情報通信サービスが提供され普及が進んでいく状況、新型コロナウイルス感染症対策の一環としてテレワークの活用などが積極的に進められている状況、このような状況変化を逃さずに行われるサイバー攻撃の発生などの状況を踏まえて策定される政府の年次計画及び特に加速・強化すべき取組を紹介する。

<プロフィール>
平成元年旧郵政省(現総務省)入省。2018年8月より現職。現職にて、サイバーセキュリティ戦略本部事務局を担当しており、2018年7月に閣議決定されたサイバーセキュリティ戦略をとりまとめるとともに、官民の枠を超えた情報共有を行うサイバーセキュリティ協議会に関するサイバーセキュリティ基本法の改正及び協議会設立に携わっている。

13:35~14:05

菊川 悠一 氏

最新の攻撃事例から見える事業継続に不可欠なサイバー脅威対策とは

サイバーリーズン・ジャパン
プロダクトマーケティングマネージャー
菊川 悠一 氏

詳細はこちら

コロナウィルスの拡大に伴いテレワークや業務のデジタル化が進む中、情報資産は端末ともに社外へ分散され、従来のセキュリティ対策では防ぎきれない脅威が拡大しています。本セッションでは最近の攻撃事例や多様化する働き方から見えるセキュリティの課題を解説し、今後の事業継続を見据えたセキュリティ対策を紹介します。

14:10~14:40

伊東 宏祐 氏

デジタル特異点を迎えた企業のインフラ戦略

ゼットスケーラー
営業本部長
伊東 宏祐 氏

詳細はこちら

グローバルで急激な情勢の変化が起きている中、デジタル化対応の遅れによるリスクや生産性の低下に対して、企業は変革を求められています。従来のネットワークとセキュリティを変革し、リモートからの業務でもビジネスが成立するインフラが必要です。グローバルで多くの実績をもつ先進的なソリューションをご紹介します。

14:45~15:15

村上 雅則 氏

セキュリティインシデント事案対応に見る企業経営リスク対応とは

マクニカネットワークス
第2営業統括部 第1営業部
第1課 主幹
村上 雅則 氏

詳細はこちら

企業のビジネス拡大に伴い、グローバル化とサプライチェーンの多様化が進んでいる一方で、脆弱な拠点を狙った高度な標的型も観測されています。昨今国内企業を含めた多くの企業が被害を受けている”暴露型ランサムウェア”の弊社事案対応事例を元に、サイバー攻撃による企業経営リスク対応についてご紹介します。

15:20~15:50

矢崎 誠二 氏

ZeroTrust時代における境界防御の『先の姿』とは?

Splunk Services Japan
スペシャライゼーション・グループ/セキュリティ・スペシャリスト
矢崎 誠二 氏

詳細はこちら

時代とともに進化する脅威に対抗するために様々なセキュリティソリューションが考案されてきました。しかしながら、増え続けるソリューションは、場当たり的であり続けたことは拭えないと言えるでしょう。よりセキュアなシステム設計をするにあたりZeroTrustアーキテクチャの採用、またSplunkによりシステム全体でのコントロール可能な『より先の姿』について紹介させていただければと思います。

15:55~16:35

【特別講演】

三井住友海上火災保険
コロナ禍で2万人の社員が在宅勤務~その時、人事と情シスはどう支えたのか

荒木 裕也 氏

三井住友海上火災保険
人事部 企画チーム 課長
荒木 裕也 氏

荒木 裕也 氏

三井住友海上火災保険
データマネジメント部 次長 サイバーチーム長
上村 征広 氏

<聞き手>

桔梗原 富夫

日経BP総研 フェロー
桔梗原 富夫

詳細はこちら

三井住友海上は、働き方改革の一環で構築してきたテレワーク関連の仕組みを、新型コロナウイルス対策でフル活用。非常事態宣言下では出社する社員数を2~3割に抑えながら事業を継続した。在宅勤務制度を見直したり、セキュリティ対策に配慮したITインフラを拡充したりすることで、支障なく仕事を進めることができている。
成功の秘訣は何か。苦労した点はどこか。人事部とデータマネジメント部のリーダーに話を聞く。

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsプラウザ・・・Windows:Microsoft Edge、IE11、Firefox、GoogleChrome
Macブラウザ・・・safari
WindowsOS:Windows 10、Windows 8.1
MacOS:macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOS ・・・iOS デバイス iOS 7以上、safari
Android・・・ Android 4.4以上、chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

■Webセミナー【ライブ配信】配信ご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください。

  1. 視聴に必要なURLは、ご登録後にお送りする登録完了メールにてご案内します。
    あらかじめ、@nikkeibp.co.jpのドメインが受信できるよう、設定のご確認をお願い申し上げます。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
    また、SNSなどへのアップも禁止します。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も
    対応出来かねますのでご自身でご調整ください。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

お申し込み受付を終了しました