自動車の販売後に、OTA(Over The Air)によってソフトを追加・更新する「ソフトウエア・ディファインド・ビークル(SDV:Software Defined Vehicle)」の時代が幕を開けました。これまで米Tesla(テスラ)が先行していた分野ですが、ドイツVolkswagenやトヨタ自動車といった自動車業界の巨人たちも本格的な取り組みを始めています。

そのカギを握るのが、新世代の車載ネットワーク技術「車載Ethernet」です。同技術は従来の車載LANに比べて高速大容量で、かつIT技術と親和性が高いことから、ソフト定義のクルマの電気電子(E/E)アーキテクチャーの中核を担います。次世代のクルマは高性能のプロセッサーやAIソフトなど、IT系の技術を多用します。それらを活用する神経網が車載Ethernetです。

2013年のBMWを皮切りに、イギリスJaguarやドイツVolkswagenといった欧州勢が相次ぎ採用。その流れは止まることなく日本に及び、例えば日産自動車が2019年に「スカイライン」で採用しました。そして、業界最大手のトヨタ自動車が、ついに採用を決めました。例えば、2021年4月に燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」や「LEXUS LS」の一部モデルに搭載した先進運転支援技術「Advanced Drive」では、車載Ethernetが全面的に採用されています。

加えて、自動車業界の水平分業化が一気に加速。Apple(アップル)やソニーといった大手IT企業が自動車事業に参戦できる土壌が整いつつあります。そうしたIT企業は、IT業界で一般的なEthernetによる車載ネットワークを望むでしょう。すなわち、旧来の自動車メーカーから新規参入の企業まで、今後の自動車には車載Ethernetが不可欠になります。

本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向や車載Ethernetが自動車に与える影響などについて、大手自動車メーカーや車載部品メーカーをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。

皆様のご参加をお待ちしています。

開催概要

名称 車載Ethernet 2022
Ethernetが車載ネットの中核に
ソフト定義時代で急加速
開催日時
2022年7月22日(金) 10:30~17:00(予定)
会場 オンライン開催
受講料 55,000円(税込)
主催 日経エレクトロニクス/日経Automotive
後援 JASPAR(Japan Automotive Software Platform and Architecture)
協賛 日本イントリピッド・コントロール・システムズ、 ベクター・ジャパン (社名ABC順)

プログラム

10:30 - 11:10

JASPAR次世代高速LAN WGの活動状況と最近の業界動向

講演者調整中

JASPAR
次世代高速LAN WG 主査(トヨタ自動車)

後藤 英樹 氏

JASPAR(Japan Automotive Software Platform and Architecture)次世代高速LAN WGでは、Ethernetの車載化に向けた要素技術開発とその標準化を推進しています。本年の講演では、JASPARが提案するEthernet TSN(Time Sensitive Networking) Automotive Profileや新たな取組みである車載SDN(Software Defined Networking)などの最新のWG活動状況と、マルチギガEthernetなどの業界動向について紹介します。 

11:15 - 11:55
【基調講演】

テスラ「モデル3」、VW「ID.3」、トヨタ「ミライ」分解から見えた車載ネットワークの変容

中道 理

日経BP
日経エレクトロニクス編集長
中道 理

日経BPでは、日産自動車「リーフ」を皮切りに、テスラ「モデル3」、フォルクスワーゲン「ID.3」、トヨタ自動車「ミライ(Advanced Drive付き)」を分解・分析してきました。本講演では、車載ネットワークのトポロジーやECUの構成、それぞれのメーカーの設計思想など、講演者が分析した内容をお伝えします。

11:55 - 13:00

休憩

13:00 - 13:40

車載Ethernet通信評価の進化に伴うベクターのソリューション

田口 健太 氏

ベクター・ジャパン
開発ツール部 シニアフィールドアプリケーションエンジニア
田口 健太 氏

E/E アーキテクチャの進化に伴い、車載ソフトウェア開発にも仮想化技術などを用いた開発手法が導入されつつあります。
そして、車載 Ethernet 通信評価にも柔軟性や拡張性が求められてきています。
本講演では、仮想化技術を用いた開発環境から実機までの車載 Ethernet 通信評価におけるベクターのソリューションをご紹介します。

13:45 - 14:25

車載Ethernetの技術概要 ~車載要件に応える優先制御の仕組み~

野村 拓望 氏

JASPAR
次世代高速LAN WG副主査(本田技研工業)
野村 拓望 氏

ベストエフォートと思われがちなEthernetですが、優れた優先制御の仕組みを備えており、高い信頼性が要求される車載通信にも適用することが可能です。本講演では、これから車載Ethernetを勉強しよう、導入しようという方を対象に、Ethernetの優先制御の基礎的な仕組みを紹介します。

14:30 - 15:10

車載イーサネットにおけるネットワーク・トラフィック・コンディショニング入門

John Simon 氏

Intrepid Control Systems
Product & Applications Manager for Automotive Ethernet
John Simon 氏

自動車業界では、ゾーンアーキテクチャへの移行に伴い、ドメインごとに分離された独立したネットワークの数を減らすことで、電力と信号の分配システム全体が最適化されています。このネットワークの物理的な最適化は、ドメイン間で帯域を共有するトポロジーに移行し、異なるサブシステム間の相互作用がないことを保証するために、ネットワーク設計においてサービス品質が重要視されるようになります。
Time Sensitive Networking(TSN)とは、すべてのサブシステムの無故障・無エラー動作を維持できるネットワーク性能を確保するために、選択的にQoS保証を行うことができるIEEE規格群を表します。
本発表では、これらの規格のうち、将来の車載ネットワークに必要な、定性的な遅延のQoS保証を導入する、ネットワーク・トラフィック・コンディショニングに関するサブセットを紹介します。

※英語での講演予定です。同時通訳の日本語音声をお聞きいただけます。

15:15 - 16:05

Milestones in the Industrialization of Automotive Ethernet

Karl Budweiser 氏

BMW
Network Technologies, Network Architect
Karl Budweiser 氏

Christoph Gollob 氏

BMW
Network Technologies,Domain Architect
Christoph Gollob 氏

Both road signs and milestones have always been important to not lose orientation. This presentation tries to provide some guidance on the terrain of Automotive Ethernet by outlining important milestones in the development of Automotive Ethernet and anticipating possible future turns that are beneficial to take.
To start with, we discuss preconditions that allowed for the industrialization of Automotive Ethernet. Besides addressing a concrete need, industrialization requires thorough prospecting along with cross-industry consolidation and a good portion of promotion to grow the nascent eco-system. Sometimes, new technologies, like Automotive Ethernet, even foster new ways of thinking and open completely new solution spaces.
In order to develop a deeper understanding of turning points, we will shed some light on technological milestones and the possible interim step towards a converged Automotive Ethernet backbone. At the same time, we show how Ethernet networking paradigms fueled the introduction of new use cases like OTA update, online-entertainment, or efficient distribution of A/V-data. The presentation puts also old and new gatewaying concepts into perspective and motivates how easily legal restrictions like UNECE R 155/156 can be met with Automotive Ethernet. Next, we present different strategies to manage system complexity arising from the attraction effect of the in-vehicle Ethernet sub-systems by elaborating on the potential of logical and physical separation/zonalization, functional harmonization of closely related use cases, as well as up-integration of different functionalities spread over different ECUs into high-performance platform-MCUs. Finally, we share our thoughts on upcoming technologies like asymmetrical Ethernet, cloud computing, and other present trends.

※英語での講演予定です。同時通訳の日本語音声をお聞きいただけます。

16:05 - 16:20

休憩

16:20 - 17:00

JASPARによるQA

JASPAR
次世代高速LAN WG 主査
後藤 英樹 氏

JASPAR
次世代高速LAN WG 副主査
野村 拓望 氏

JASPARの講演に対する受講者からのご質問に、Liveで回答いたします。 

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

書籍「Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人」プレゼント

本セミナー中に実施されるすべてのアンケートにお答えいただいた方に、日経BPの書籍「Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人」(日本経済新聞・日経クロステック合同取材班 著)をセミナー終了後、お申し込みの際にご登録いただいた住所に郵送にてプレゼントいたします。

お申し込み

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

セミナー受講料:55,000円(税込)

注意事項

※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

※受講料のお支払い:
クレジットカード払い/請求書払いが選択できます。
お支払方法が「請求書」の方には、後日、請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
<MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。

■最少開催人員:
50名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちらhttps://project.nikkeibp.co.jp/event/ne220722/manual.pdf

Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsプラウザ・・・Microsoft Edge、Firefox、GoogleChrome
Macブラウザ・・・safari
WindowsOS:Windows 10、Windows 8.1
MacOS:macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOSデバイス(iPhone/iPad)・・・ iOS 10以上、safari
Android・・・ Android 6以上、chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

■Webセミナー【ライブ配信】配信ご受講に際し、以下の事項に同意ください。

1. 視聴に必要なURLは、申し込み完了メールにご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布はご遠慮ください。

2. 本催事の配信権利、著作は主催者と講演者にあり、受講時における、動画を録画・キャプチャーは禁止させていただきます。
もし、発見した場合、主催者は権利保護のため削除依頼させていただきます。また、同様に許可のない、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、許可のない二次使用は著作件、肖像権、個人情報保護法違反となりますので、おやめください。

4. 回線、システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再配信などの対応は出来かねますので予めご了承下さい。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。


お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから