RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が大きく注目されるようになって2年。働き方改革への関心の高まりなどを背景に、RPAは一過性のブームではなく、すっかり定着しました。

 当初、事務処理が多い大手金融業機関で先行しましたが、今ではあらゆる業種や企業規模に広がりつつあります。その成果を享受する企業は着実に増えています。ただ、普及とともに、期待したほど効果を出せずに悩む企業も散見されるようになりました。

 一方で、先進企業ではOCR(光学的文字認識)やAI(人工知能)とRPAを連携させ、高度な自動化を実現するところも出てきています。自動化すべきプロセスを峻別するプロセスマイニングのような仕組みも登場し、RPAは「インテリジェントオートメーション」へと進化しつつあります。

 本フォーラムでは、RPA活用で成果を上げるポイントを解説するとともに、進化を続けるRPAの今後の姿を明らかにします。さらに、RPAをドライバーとしたデジタルトランスフォーメーションの成功の秘訣を探っていきます。

満席のためお申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2019年6月19日(水)13:00~17:30(12:30開場)予定
会場
赤坂インターシティコンファレンス (東京都港区赤坂1-8-1 the AIR 4F)
主催
日経BP総研 イノベーションICTラボ
共催
KPMGコンサルティング株式会社
協賛
AI inside 株式会社、オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社、Blue Prism株式会社、Celonis株式会社、UiPath株式会社 (ABC順)
受講料
無料(事前登録制)

※共催企業の競合となるコンサルティング会社にお勤めの方、または、協賛各社の競合会社に該当する企業・団体に勤務されている方の受講はお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:10

【ご挨拶】

宮原 正弘

KPMGコンサルティング株式会社
代表取締役社長
宮原 正弘

13:10~13:50

【特別講演】

福島 豊亮

RPAの次に来るもの:Intelligent Automationによる骨太な自動化

KPMGコンサルティング株式会社
ディレクター
福島 豊亮

詳細はこちら

日本市場においてもRPAの導入活動は急速に進んでおり、早くも「RPAの次」を目指す企業が現れ始めています。欧米で既に各種AIやBPMといったソリューションの組み合わせによる先進事例も参考にしつつ、そもそもの欧米型RPAと日本型RPAの違い、そして我々日本企業の競争力を勝ち取るための「RPAの次」について解説します。

14:00~15:00

パネルディスカッション

グローバルRPA大手3社がそろい踏み
ブームから本格導入へ、RPA活用で成果を上げる秘訣とは

《パネリスト》
  • 内田 隆平 氏

    オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
    Director, Strategic Partnerships
    内田 隆平 氏

  • 千原 寛幸 氏

    Blue Prism株式会社
    マネージングディレクター、ジャパン
    千原 寛幸 氏

  • 田邊 智康 氏

    UiPath株式会社
    事業法人ソリューション 部長
    田邊 智康 氏

  • 塩野 拓

    KPMGコンサルティング株式会社
    ディレクター
    塩野 拓

《モデレーター》

桔梗原 富夫

日経BP総研
フェロー
桔梗原 富夫

詳細はこちら

RPAが注目を集めてから2年。一過性のブームではなく、すっかり定着しつつある。ユーザー事例が増え、その効果を実感している企業は多い。ただ、一方で導入してはみたものの、期待したほどの効果が上がらないと嘆く企業があるのも事実。現状、RPAはどのような活用フェーズに来ているのか。成果を上げる上での注意点は何か。失敗する企業の共通点は何か。今後、機能強化はどう進むのか。大手RPAベンダーを迎え、気になる点を討論する。

15:00~15:15

コーヒーブレイク

展示コーナーにて

15:15~15:45

小林 裕亨 氏

プロセスマイニングが広げるRPAの可能性

Celonis株式会社
代表取締役
小林 裕亨 氏

詳細はこちら

プロセスマイニングは、実際に行われている業務を可視化し、生産性が低い場所(手戻り・待ち・イレギュラー処理・ボトルネック等)を明らかにしその原因を特定する技術です。プロセスマイニングにより、RPA化すべき業務や廃止すべき業務を特定することで業務の最適化を加速できます。

15:45~16:15

渡久地 択 氏

AI-OCRネクストステージへ

AI inside 株式会社
代表取締役 CEO
渡久地 択 氏

詳細はこちら

日本初AI-OCR"DX Suite"を開発し、シェアは圧倒的No.1のAI inside。業界を牽引しているAI inside が考える、AI-OCRのネクストステージとは?今までの取り組みと実績、これからの展望をお伝えいたします。

16:15~16:30

コーヒーブレイク

展示コーナーにて

16:30~17:30

【パネルディスカッション】

次世代RPAに向けて
インテリジェントオートメーションの目指す姿とは

《パネリスト》
  • 小林 裕亨 氏

    Celonis株式会社
    代表取締役
    小林 裕亨 氏

  • 渡久地 択 氏

    AI inside 株式会社
    代表取締役 CEO
    渡久地 択 氏

  • 福島 豊亮

    KPMGコンサルティング株式会社
    ディレクター
    福島 豊亮

《モデレーター》

桔梗原 富夫

日経BP総研
フェロー
桔梗原 富夫

詳細はこちら

RPAは着実に浸透し、一定の成果を上げているが、すでに次の胎動が始まっている。例えば、RPAに画像認識や自然言語処理といったAIを連携させて自動化の範囲を広げる、 プロセスマイニングと呼ばれる仕組みで業務プロセスそのものを見直す、といったこともできるようになってきた。RPAからインテリジェントオートメーションへ、今後どのような変化が起こるのかを探る。

※共催企業の競合となるコンサルティング会社にお勤めの方、または、協賛各社の競合会社に該当する企業・団体に勤務されている方の受講はお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。

満席のためお申し込み受付を終了しました