RPAで成果をだす秘訣 ユーザー部門による開発のススメ

オートメーション・エニウェア・ジャパン
セールスエンジニアリング本部
シニアソリューションセールスエンジニア
黒部 宏昌 氏

自動化の必要性が増加する中、IT部門や一部の開発者だけではリソースが限られ、そのニーズを満たすことができません。解決策の一つとして注目されているのが、IT部門は組織にとって優先順位の高い領域に注力し、あわせてユーザー部門が開発を行い、現場単位の問題を自身で解決する方法です。本セッションではそのメリットや課題、そして解決方法についてお話します。