「働き方改革」に積極的に取り組む企業が増えてきて、テレワークやリモートオフィスの活用など、オフィス外から業務用クラウドサービスを直接利用することも珍しくなくなりました。このような柔軟な働き方は、企業の生産性向上に大きく寄与する反面、企業ネットワークの「外側」であるため、セキュリティやガバナンスを管理できないといった問題が生じています。個人アカウントによる公私混同した利用や部門単位での個別契約による利用(いわゆる、シャドーIT)など、システム管理者が把握できないところで、機密情報の漏えいなどのセキュリティリスクが高まっているのです。
本セミナーは、このようなセキュリティリスクの高まりに直面する企業を対象に、課題解決のための最新のソリューションを提供することを目的としています。
是非この機会に、本セミナーにご参加されて、貴社のセキュリティの戦略立案にお役立てください。

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2019年3月20日(水)13:00~17:40(12:30開場)予定
会場
大崎ブライトコアホール (東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F)
主催
日経BPセミナー事業センター
協賛
サイバーリーズン・ジャパン、ダークトレース・ジャパン、マクニカネットワークス、ユニリタ (ABC順)
協力
日経コンピュータ、日経NETWORK、日経 xTECH
受講対象
企業の経営層、IT企画・開発・構築・運用部門、リスク管理部門、SIerなど
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:40

【基調講演】
脅威主体の観点から見たクラウドサービスへの攻撃の合理性

名和 利男 氏

サイバーディフェンス研究所
専務理事/上級分析官
名和 利男 氏

詳細はこちら

ビジネス競争の激化に伴い、国内のクラウドサービス導入で期待される効果が「システム拡張性の高さ」や「迅速なシステム変更」となっている。一方、クラウドサービス上のシステムの拡張や変更において発生するセキュリティ上の弱点を狙ったサイバー攻撃が散見される。このような観点でクラウドサービスへの攻撃傾向を紹介する。

13:40~14:20

CASB導入企業の実例と、そこから見えてきたクラウドセキュリティの
次なる一手とは?

和才 雄貴 氏

マクニカネットワークス
営業統括部 サイバーセキュリティ第4営業部第5課
和才 雄貴 氏

詳細はこちら

クラウド利用の増加に伴い、CASBの利用を開始した企業ではシャドーIT対策やシステム部門の運用効率化において効果を出し始めています。しかし、CASBの導入だけでは真のクラウドセキュリティを実現したとは言えません。
本講演ではCASBを導入した日本企業様の実例をご紹介し、「PC端末」や「モバイル」など過去の投資を有効活用した上で企業が目指すべきクラウドセキュリティ対策の最適解を解説します。

14:30~15:10

ITを解き放てば働き方は自ずと変わる Cybereasonと踏み出すはじめの一歩

有賀 正和 氏

サイバーリーズン・ジャパン
セールスエンジニアリング部 部長
有賀 正和 氏

詳細はこちら

「働き方改革」の推進により、リモートオフィスが増加する一方、新たなリモート環境へのセキュリティ確保策により、PCの利用制限など作業効率低下の課題に直面しています。このセッションでは、リモートでの作業効率を低下させず、かつセキュリティ担当者の運用負荷を軽減するセキュリティソリューションをご紹介します。

15:20~16:00

働き方改革に必要なITとは何なのか?
生産性とセキュリティのトレードオフを乗り越えて
働き方改革を実現したお客様の事例を元に、その答えをご紹介

真木 卓爾 氏

ユニリタ
ビジネスイノベーション事業本部ビジネスフォース部 部長
真木 卓爾 氏

詳細はこちら

雇用環境が多様化する中、働き方改革を実現しようとする経営層・事業部門・システム部門では、立場によって課題意識や解決手法も異なります。生産性とセキュリティのトレードオフの懸念もあります。クラウドとモバイルを駆使して働き方改革を推進したあるお客様の事例を元に、デモを交えながらその解決手法をご紹介します。

16:10~16:50

The Enterprise Immune System: 世界をリードするサイバーAI

小川 慶 氏

ダークトレース・ジャパン
サイバーセキュリティアカウントエグゼクティブ
小川 慶 氏

詳細はこちら

ケンブリッジ大学の専門家らにより開発された機械学習とAIのアルゴリズムを応用して、クラウド、仮想、IoT、産業用制御システム(ICS)などあらゆるデジタル環境で機能する、ルールやシグネチャに依存しない新機軸のセキュリティソリューションを提供するサイバーAI企業です。ネットワーク全体の定常状態をリアルタイムに常に把握・可視化し、未知の脅威を自動的に検知・遮断する自己学習型アプローチについて詳説します。

17:00~17:40

【特別講演】
DXを促進させるセキュリティ戦略
~重要性が増すモバイル&クラウドセキュリティ対策

登坂 恒夫 氏

IDC Japan
ソフトウェア&セキュリティ・リサーチマネージャー
登坂 恒夫 氏

詳細はこちら

デジタルトランスフォーメーション(DX)を促進させるためには、モバイル環境やクラウド環境でのセキュリテリスクは、大きな障壁となります。本講演では、DXを促進させるために求められるモバイル&クラウドセキュリティ対策を人的側面、予算面、そして技術面の3つの側面から市場動向やユーザー調査を基に考察します。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。

お申し込み受付を終了しました