新型コロナ禍に伴うニューノーマル(新常態)が定着し、企業や行政機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)にまい進するなか、サイバーリスクも新たな局面を迎えています。

サイバー攻撃者はテレワークやVPN(仮想私設網)の脆弱性を狙う攻撃を繰り出し、各種攻撃を「分業」「サービス化」することで効率化させています。社会インフラや医療機関を停止させる攻撃も少なくありません。情報漏洩や事業停止を引き起こす標的型攻撃・ランサムウエア攻撃の脅威は高まるばかりです。多額の資金をだまし取るビジネスメール詐欺(BEC)の被害も多く、取引先から侵入される「サプライチェーン攻撃」や制御系システムへの攻撃にも警戒と対策が欠かせません。

本セミナーでは、数々の事例講演を通して、多くの企業が課題を抱えるセキュリティマネジメントの最適解を示します。今回もオンラインのLiveセミナー形式で開催します。以前は遠方で会場に足を運べなかった皆さまもご参加いただけるようになりました。ご登録をお待ちしております。

本催事の応募受付は終了しました

icon開催概要

日時
2022年6月15日(水) 12:30~17:30(予定)
2022年6月16日(木) 10:00~16:50(予定)
会場
オンライン開催
主催
日経クロステック
プラチナ協賛
HENNGE、 インターネットイニシアティブ、 キンドリルジャパン、 Okta Japan、 トレンドマイクロ (ABC順)
ゴールド協賛
BlackBerry Japan、 Blue Planet-works、 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ、 サイバーリーズン・ジャパン、 e-Janネットワークス、 ファストリー、 F5ネットワークスジャパン、 日立ソリューションズ、 マクニカ、 Netskope Japan、 ネットワークバリューコンポネンツ、 日本HP、 プロット、 レコーデッド・フューチャー・ジャパン、 Splunk Services Japan、 タニウム (ABC順)
受講対象

◇企業の経営層、IT企画・開発・構築・運用部門、リスク管理部門、SIerなど

受講料

無料(事前登録制)

iconプログラム(予定)

※下記プログラムからご聴講希望日の申し込みボタンからお申し込みください。
なお、本セミナーは日ごとの一括登録になります。
お申し込み後、お選びいただいた日ごとのAトラック・Bトラック2つのURLを視聴登録完了メールにてお渡しいたします。
※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

本催事の応募受付は終了しました

6月15日(水)・6月16日(木)両日分の受付は終了しました
6月15日(水)の受付は
終了しました
6月16日(木)の受付は
終了しました

6月15日(水)

Aトラック
Bトラック
12:30~13:00
基調講演

グループのDXを後押しする、
SOMPOホールディングスのセキュリティーマネジメント

岡田 博子 氏

SOMPOホールディングス
IT企画部 CSIRT長
岡田 博子 氏

詳細はこちら

<講演概要>
SOMPOグループはデジタル社会における高度なセキュリティ管理を実現し、サイバーセキュリティ災害における事業継続を確実なものにするために、グループ横断でサイバーリスクの低減に取り組んでいます。

13:05~13:35
講演

サイバーリスクマネジメントの新しいアプローチとは?

釜池 聡太 氏

トレンドマイクロ
ビジネスマーケティング本部
シニアプロダクトマーケティングマネージャー
釜池 聡太 氏

詳細はこちら

<講演概要>
デジタルテクノロジーが事業継続性を左右する現在、DXの推進にはサイバーリスクに対する新しいアプローチが求められます。このセッションでは、トレンドマイクロのアプローチを統合サイバーセキュリティプラットフォーム戦略とともにご紹介いたします。

13:40~14:10
講演

自社インシデント実録:Oktaはどのように侵害を食い止めたのか?

Brett Winterford(ブレット・ウィンターフォード)氏

Okta
APJ担当リージョナルCSO
Brett Winterford(ブレット・ウィンターフォード)氏

詳細はこちら

<講演概要>
2022年3月20日、ハッカー集団LAPSUS$がOktaを侵害したとSNSで投稿し、即座に対処を開始したものの、Okta社内では騒然とした状態が続きました。本セッションでは「実際にどのようなインシデントが起きたのか」、「Oktaが今回得た学び」に加え、Oktaがどのように阻止したかをご紹介します。

14:20~14:50
講演

ランサムウェアやエモテットがEDR環境に侵入してしまう三つの思い込み

山﨑 裕二 氏

BlackBerry Japan
マーケティング部
ディレクター
山﨑 裕二 氏

詳細はこちら

<講演概要>
EDRを導入したにも関わらず、ランサムウェアやエモテットに感染する例が絶ちません。実は企業IT担当者は三つの危険な思い込みがあるのです。これらが情報漏洩や、マルウェアによる基幹システムへの攻撃などを引き起こすこととなります。当セミナーではこの思い込みと対策を明らかにします。

講演

クラウドやAPI時代を迎えたアプリケーションに今何が起きているのか?
~攻撃者の行動から判明した脅威分析とその保護方法~

伊藤 悠紀夫 氏

F5ネットワークスジャパン
SE本部 ソリューションアーキテクト
伊藤 悠紀夫 氏

詳細はこちら

<講演概要>
ニューノーマル時代、オンライン上での業務・コミュニケーション・顧客サービスが定着し、我々は日々ネットワークを通じて何らかのアプリケーションを利用しています。アプリケーションはクラウド移行やモダナイズ化により、利用形態や場所が変化し、それらを狙った攻撃にも変化が見えてきました。今、攻撃者はどのようなポイントを狙って侵入を試みるのか、F5 Labの調査レポートから最新の攻撃トレンドとその保護対策をご紹介します。

15:00~15:30
講演

先進的グローバル組織に求められる、
ESG対応を見据えたガバナンス実現のために必要なこと

楢原 盛史 氏

タニウム
Chief IT Architect
楢原 盛史 氏

詳細はこちら

<講演概要>
事業継続に直結するような多発する大規模なセキュリティ事案。各国政府関連機関から発令されるセキュリティ指令や指針。今この瞬間、サプライチェーン経由で発生した攻撃を経営側がどのように実態を把握し、速やかに安全宣言を出すことが出来るのか?この難題に対して、先進的グローバル組織共にタニウムが取り組む最先端の取り組みをご紹介します。

講演

ゼロトラストのその先へ
~ ”zero リスク” から ”with リスク” へ~

扇 健一 氏

日立ソリューションズ
セキュリティマーケティング推進部 部長 /
Security CoE センタ長
セキュリティエバンジェリスト
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター非常勤講師
扇 健一 氏

詳細はこちら

<講演概要>
サイバー攻撃が激化している昨今、企業の事業継続のためにはリスクを把握し攻撃に備えるとともに、有事における抵抗力と回復力を高める必要があります。本セッションでは、リスクと共存するための「サイバーレジリエンス」の必要性や検討するうえでのポイントをご紹介します。

15:40~16:10
講演

最新の脅威分析から読み解く効果的なサイバー攻撃対策とは

佐藤 直樹 氏

サイバーリーズン・ジャパン
セールスエンジニア
佐藤 直樹 氏

詳細はこちら

<講演概要>
DXやテレワークの推進により攻撃対象領域が拡大したことで、世界的にサイバー攻撃による被害が増加しております。このようなサイバー攻撃から情報資産を守るには、どのような対策を講じる必要があるのか。本セッションでは、最新のサイバー攻撃の特徴を解説し、それに対する効果的な対策をご紹介します。

講演

Emotet被害のない自治体から学ぶ
メール経由の侵入を防ぐ、効果的な防御手法とは

坂田 英彦 氏

プロット
常務取締役
坂田 英彦 氏

詳細はこちら

<講演概要>
2021年初頭に無力化されたはずのEmotetが、また攻撃を活発化させ当時を超える勢いで感染を拡大しています。しかし多くの企業や組織が感染している中、自治体の被害は殆どありません。Emotetの攻撃手法と自治体が採用しているメールセキュリティの仕組みを分析した上で、効果的な侵入防止策をご紹介していきます。

16:20~16:50
講演

もう侵入されているかも?
社内に潜む脅威から重要システムを守るNDR活用法

飯田 竜司 氏

ネットワークバリューコンポネンツ
ソリューション企画本部
情報処理安全確保支援士
飯田 竜司 氏

詳細はこちら

<講演概要>
ランサムウェアに代表される攻撃の多くは、組織内にある重要システムを狙い攻撃を行います。組織内のネットワークに約56日間潜伏すると言われており、データベースやファイルサーバ、ActiveDirectory等の重要システムに対して対策が必要です。本公演では、潜伏する脅威を早期に検出できる「NDR」の活用方法を事例と共にご紹介いたします。

講演

安全なDXを実現する、アタックサーフェス管理の成功要因

須崎 洋一 氏

レコーデッド・フューチャー・ジャパン
プリセールス マネージャー、CISSP、GCIH
須崎 洋一 氏

詳細はこちら

<講演概要>
DXとクラウドの採用の加速は、組織運用の効率化と競争優位の実現等に効果を発揮する一方で、セキュリティ面ではアタックサーフェス(攻撃対象領域)の成長に繋がり、その管理が新たな課題になっています。本セッションでは、攻撃対象領域の管理の成功事例とその手順について解説します。

17:00~17:30
特別講演

荏原グループにおけるセキュリティマネジメントへの取り組み

千葉 一機 氏

荏原製作所
情報通信統括部
ITアーキテクト部長
千葉 一機 氏

詳細はこちら

<講演概要>
情報セキュリティマネジメントの組織化から、グローバルでの対応への経緯。情報セキュリティからサイバーセキュリティとしての取り組み、これらの契機になった事象や対応・対策と課題、今後の対応。

6月16日(木)

Aトラック
Bトラック
10:00~10:30
基調講演

全社DXと一体となったサイバーセキュリティマネジメント

大熊 眞次郎 氏

カシオ計算機
デジタル統轄部
統合プラットフォーム部長
大熊 眞次郎 氏

詳細はこちら

<講演概要>
ユーザー中心のバリューチェーン構築というDXビジョンと一体となり進めてきた、当社におけるサイバーセキュリティマネジメント強化の取り組みを振り返りながら、これからの時代に必要となるセキュリティ対応のあり方をグローバル製造業IT部門の視点から共に考える機会と致します。

10:35~11:05
講演

9万人のスタートアップが生み出す最新のセキュリティとは

増田 博史 氏

キンドリルジャパン
ストラテジックサービス本部
セキュリティ&レジリエンシー
統括部長
増田 博史 氏

吉田 未樹 氏

キンドリルジャパン
テクノロジー本部
セキュリティ&レジリエンシー事業
部長
吉田 未樹 氏

詳細はこちら

<講演概要>
キンドリルは、2021年IBMのインフラサービス事業がスピンオフして誕生しました。長年のアウトソーシング業務の中で、お客様と共に様々なベンダーソリューションを取入れ、創りあげた防御、検知から復旧までの事業継続の対策を、キンドリルセキュリティとして広く提供すべく新たなスタートを切りました。最新情報を紹介します。

11:10~11:40
講演

現代社会におけるIT活用に必要なセキュリティ対策
~経営課題やデジタル化社会の視点から見る対策とは~

奥谷 慶行 氏

HENNGE
Cloud Sales Division, West Japan Sales Section, Regional Manager
奥谷 慶行 氏

詳細はこちら

<講演概要>
世界情勢の変化とともにサイバー攻撃が急増しています。攻撃者はありとあらゆる脆弱性をついてきており、多くの日本企業も被害を被っています。一方でセキュリティ脅威に対して何から始めていいかわからない方も多いのではないでしょうか。本講演では、国産のクラウドセキュリティHENNGE Oneで実現するセキュリティ対策についてご紹介します。

11:45~12:15
講演

「なりすまし」を防ぐ、メールセキュリティ技術の最新動向と活用

櫻庭 秀次 氏

インターネットイニシアティブ
ネットワーク本部サービス推進部
櫻庭 秀次 氏

詳細はこちら

<講演概要>
今年も再流行した「Emotet」など、サイバー攻撃の入口として、「なりすましメール」が多く利用されています。本セッションでは、メールを悪用した最新の脅威動向をふまえ、送信ドメイン認証を中心としたなりすましメール対策の実装方法や普及状況など、今だからこそ知るべきメールセキュリティ対策技術を解説します。

12:15~13:00
昼休憩
13:00~13:30
特別講演

サイバー攻撃による電子カルテ停止を経験して

須藤 泰史 氏

つるぎ町立半田病院
病院事業管理者
須藤 泰史 氏

詳細はこちら

<講演概要>
2021年10月31日未明、私どもの病院がランサムウエアによるサイバー攻撃を受けて、病院機能がストップしてしまう事態を経験いたしました。この詳細をご報告することで、皆様の病院がこのような被害に遭われないように、十分な対策をとられることを切に願っております。

13:40~14:10
講演

ニューノーマル時代のネットワークセキュリティ新標準
- NetskopeのSSEソリューション

小林 宏光 氏

Netskope Japan
シニアセールスエンジニア
小林 宏光 氏

詳細はこちら

<講演概要>
ウィズコロナ、クラウドファースト、DXの推進など企業を取り巻く環境に大きな変化が生まれています。従来のネットワークセキュリティ製品のアーキテクチャや機能では、これらの環境の変化への対応が難しく、結果としてセキュリティ対策を妥協して実施している例が散見されます。
本セッションでは、このニューノーマル時代におけるネットワークセキュリティの最適解であるNetskopeのSSE(セキュリティ・サービス・エッジ)ソリューションをご紹介します。

講演

ルールチューニング不要な
Fastly 次世代 WAF による
WEB アプリケーションの保護

福田 敦 氏

Fastly
シニアセールスエンジニア
福田 敦 氏

詳細はこちら

<講演概要>
アプリケーションとAPIをあらゆる場所で保護し、単一のソリューション上でコンテナからオンプレミス、クラウド、そしてエッジまで幅広いアーキテクチャに展開することが可能な次世代 WAFをご紹介します。

14:20~14:50
講演

ANAが実現した
ゼロトラスト型エンドポイントセキュリティとは

鴫原 祐輔 氏

Blue Planet-works
プロダクト&テクニカルサービス本部
セキュリティアドバイザー
鴫原 祐輔 氏

詳細はこちら

<講演概要>
国内でもランサムウェアやEmotetの被害が増加傾向にあり、IT化やDXの推進を妨げるリスク要因として無視できないものとなりつつあります。
本セミナーでは最新の脅威動向を踏まえて業務の継続性を維持するために、ゼロトラストの概念をエンドポイントに実装できる「AppGuard」について事例を交えてご紹介します。

講演

ゼロトラストに基づくエンドポイントセキュリティ
~組織の最大の脆弱性「人」へのサイバー攻撃に対する新しい解決策~

大津山 隆 氏

日本HP
サービス・ソリューション事業本部
クライアントソリューション本部
ビジネス開発部
プログラムマネージャ
大津山 隆 氏

詳細はこちら

<講演概要>
今日のサイバー攻撃の約70%がエンドポイントを起点とし、検知機構をすり抜け大きな被害を引き起こしています。本セッションは、生産性と高度なセキュリティを両立する隔離と封じ込めのアプローチを説明します。さらに、Windowsのセキュリティを支えるハードウェアに基づくセキュリティを紹介し、ウィズコロナ時代の現実的サイバーリスク対策を解説します。

15:00~15:30
講演

今求められているセキュリティの検知と対応
-Emotetの事例から考える-

藤盛 秀憲 氏

Splunk Services Japan
セールスエンジニアリング本部
シニアセールスエンジニア
藤盛 秀憲 氏

詳細はこちら

<講演概要>
DXの推進や感染症対策などで企業での働き方は大きく変わりました。それに伴い脅威も標的型攻撃・ランサムウェア・テレワークを狙った攻撃が企業を脅かし、検知と対応が遅れることで大きな損害を与えています。本セッションではMTTD/MTTRの重要性と、今企業に求められている対策をご紹介させていただきます。

講演

不確実な時代におけるサイバーセキュリティ確保の取り組み

卯城 大士 氏

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
サイバーセキュリティ オフィサー
卯城 大士 氏

詳細はこちら

<講演概要>
国際紛争を切っ掛けとする脅威活動の急増や対象の変化、アプリケーション開発で必須となるオープンソースに突然と公開される脆弱性、拡張されるワークスタイルなどDXを推進する組織にとってセキュリティの維持は大きな課題となっています。本セッションでは、予想が困難な潜在的な脅威や複数の攻撃ベクトルを想定した実効性のある最善のセキュリティ対策例を解説します。

15:40~16:10
講演

国内シェアNo.1リモートアクセスサービス企業からみる
ハイブリッドワーク環境におけるセキュリティトレンドとは?

布施 崇 氏

e-Janネットワークス
国内販売グループアカウントセールスユニット
布施 崇 氏

詳細はこちら

<講演概要>
ハイブリッドワークが常態化しつつある今、従業員の働く場所はオフィス内外へと分散しています。それに合わせてリモートアクセス時に求められるセキュリティも変化し、そのトレンドも刻一刻と変化しています。本セミナーでは、国内シェアNo.1のリモートアクセスサービスの導入状況から、ハイブリッドワーク環境実現において意識されているセキュリティポイントに関してご紹介いたします。

講演

ゼロトラスト実現に欠かせないIDaaS選定に必要な5つのポイント

原 昂汰 氏

マクニカ
ネットワークス カンパニー
第3営業統括部第2営業部第1課
原 昂汰 氏

詳細はこちら

<講演概要>
業務環境のクラウドシフトが続く中、新しい働き方に合わせたセキュリティの考え方である”ゼロトラスト”が注目されています。ゼロトラスト実現のために最も重要な要素の一つは、どんな情報にアクセスする際にも必ずユーザー認証を実施するIDaaSです。本セッションではゼロトラスト実現のためのIDaaSの選定ポイントを解説します。

16:20~16:50
特別講演

NTTグループのサイバー セキュリティマネジメント

横浜 信一 氏

日本電信電話
CISO 執行役員 セキュリティ・アンド・トラスト室長
横浜 信一 氏

詳細はこちら

<講演概要>
サイバーセキュリティに関する悩みはどの会社でも共通です。NTTも多数かつ多様なグループ会社を抱え、事業がグローバルに拡大する中、悩みながら色々な工夫で課題を乗り越えようとしています。過去10年近くにわたって積み重ねてきた様々な工夫、セキュリティガバナンスのあり方などをご紹介させて頂きます。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

本催事の応募受付は終了しました

6月15日(水)・6月16日(木)両日分の受付は終了しました
6月15日(水)の受付は
終了しました
6月16日(木)の受付は
終了しました

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsプラウザ・・・Microsoft Edge、Firefox、GoogleChrome
Macブラウザ・・・safari
WindowsOS:Windows 10、Windows 8.1
MacOS:macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOSデバイス(iPhone/iPad)・・・ iOS 10以上、safari
Android・・・ Android 6以上、chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

■Webセミナー【ライブ配信】配信ご受講に際し、以下の事項に同意ください。

1. 視聴に必要なURLは、申し込み完了メールにご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布はご遠慮ください。

2. 本催事の配信権利、著作は主催者と講演者にあり、受講時における、動画を録画・キャプチャーは禁止させていただきます。
もし、発見した場合、主催者は権利保護のため削除依頼させていただきます。また、同様に許可のない、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、許可のない二次使用は著作件、肖像権、個人情報保護法違反となりますので、おやめください。

4. 回線、システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再配信などの対応は出来かねますので予めご了承下さい。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから