ビジネスが激しく変化するデジタルトランスフォーメーション(DX)の時代。システムを支えるITインフラには高い柔軟性と信頼性、可用性が必要となります。クラウドとオンプレミスの使い分けや次々と登場する新しい技術への対応など、ITインフラエンジニアに求められる知識とスキルは高まる一方です。
 リアルタイムで進行するDXで先んじるためには、テクノロジーのトレンドを見通して、ITを使いこなす力を身につけるしかありません。そこで本イベントでは、DX時代にふさわしいITインフラの姿を探るべく「クラウド基盤最適化」「IT自動化」「AI/データ基盤」「ネットワーク最適化」の4つのテーマで、最新のITインフラのトレンドを解説します。
 ぜひご参加のうえ、次のITインフラ構築/活用の道標を御発見ください。

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2020年1月20日(月)9:30~16:20(9:00開場)予定
会場
ホテル雅叙園東京 2F (東京都目黒区下目黒1-8-1)
主催
日経クロステック
特別協賛
日本ヒューレット・パッカード
ゴールド協賛
Cohesity Japan,アイビーシー,インテック,ニュータニックス・ジャパン,レッドハット,ヴィーム・ソフトウェア(ABC順)
シルバー協賛
デジタルテクノロジー ,マクニカネットワークス (ABC順)
協力
日経NETWORK 、 日経クロステック Active
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※下記プログラムからご聴講ご希望のセッションにチェックをいれてお申し込みください。

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

※A-4セッションは、プレゼンテーションデータと音声のみのサテライト会場へのご案内になる場合がございますので、ご了承ください。

各セッションをテーマ毎に色分けしています

  • クラウド基盤最適化Forum
  • IT自動化Forum
  • AI/データ基盤Forum
  • ネットワーク最適化Forum
A会場
B会場
C会場
9:30~10:10

クラウド基盤最適化Forum

【基調講演】
銀座で「本気のアジャイル開発」、東京海上日動がクラウドで進めるDXの全貌

村野 剛太 氏

東京海上日動火災保険
IT企画部 部長
村野 剛太 氏

詳細はこちら

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に向けて、クラウド上に開発・運用基盤を整えた東京海上日動。アジャイル開発に乗り出しましたが、それだけで新サービスが次々と生まれてくるわけではありません。アジャイル開発を本気で根付かせるには、組織体制や社内カルチャーの見直しが必要でした。どうすればIT部門がDXを支える集団に変われるのか。変革を実践中の現場からそのポイントを紹介します。

AI/データ基盤Forum

【特別講演】
チケットの価格はAIが決める、三井物産グループが仕掛ける値決め革命

平田 英人 氏

ダイナミックプラス
代表取締役社長
平田 英人 氏

詳細はこちら

AI(人工知能)によって価格を日々最適化するダイナミックプライシング。「値決めの革命」といえるこの仕組みがサッカーのJリーグやプロ野球などで相次ぎ採用されています。ダイナミックプライシングを仕掛ける1社が、三井物産グループのダイナミックプラスです。「価格を科学する」専門家集団である同社が、どんなデータをどのような基盤に蓄積し、AIによってどう価格を変更するのか。成果はどうか。ダイナミックプラスのトップが明かします。

IT自動化Forum

【特別講演】
みずほクラウド 予測できない変化に備えた基盤への変貌

  • 徳田 洋介 氏

    みずほ銀行
    徳田 洋介 氏

  • 小川 匡郁 氏

    みずほ情報総研
    小川 匡郁 氏

詳細はこちら

徳田 洋介 氏

みずほ銀行
IT・システム統括第一部 共通インフラ推進チーム 調査役
徳田 洋介 氏

小川 匡郁 氏

みずほ情報総研
ITインフラ本部第2部 クラウド基盤第1チーム リードITE
小川 匡郁 氏

金融業はフィンテックやブロックチェーンをはじめとする新技術の台頭もあり、従来モデルからの変革が求められています。みずほ銀行は2019年7月に勘定系の刷新を完了し、予測できない時代や顧客ニーズの変化に対して、今後は新勘定系(MINORI)を活用した新ビジネス戦略に取り組んでいきます。講演では、みずほ銀行のプライベートクラウド「みずほクラウド」のこれまでの取り組みと、「従量制」「自動化」をキーワードとする新たなITソリューションの導入について紹介します。

10:20~11:00

クラウド基盤最適化Forum

【ソリューション講演】
「運用でカバー」から脱却する、マンパワーに頼らないNutanixの自律型ITインフラ

島崎 聡史 氏

ニュータニックス・ジャパン
テクニカルエバンジェリスト
島崎 聡史 氏

詳細はこちら

「運用でカバー」という万能な言葉はIT分野でよく使われますが、抜け漏れや想定外の事態にマンパワーで対処するやり方は、労働人口減少の進む日本との相性が明らかに良くありません。本セッションでは、Nutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)によりITインフラの「シンプルさ」「弾力性」「自律性」を高め、「運用でカバー」から脱却し、ハイブリッドクラウド活用も見据えた進化を遂げるための道筋を解説します。

AI/データ基盤Forum

【ソリューション講演】
失敗しないAIトランスフォーメーションの検討ステップと実現手法

惣道 哲也 氏

日本ヒューレット・パッカード
Pointnext事業統括 テクノロジーアーキテクト部 部長
惣道 哲也 氏

詳細はこちら

エンタープライズITにおいて機械学習をビジネスに活かすためには、ビジネス戦略に沿ったユースケース分析や、適切なロードマップ策定などを含む5つの検討ステップと、それを実現する一貫性を持ったプラットフォームアーキテクチャーが重要になります。本セッションではこれらを事例およびデモを交えてご説明いたします。

IT自動化Forum

【ソリューション講演】
ITインフラ自動化を次のレベルへ向上し、IT部門の生産性を劇的に向上!
〜自動化2.0を実現するAutomation Adoption ProgramとAnsibleを活用した実践事例のご紹介

中島 倫明 氏

レッドハット
テクニカルセールス本部
クラウドソリューションアーキテクト部
ソリューションアーキテクト
オートメーション&マネジメント・エキスパート

中島 倫明 氏

詳細はこちら

旧来よりITインフラにおいて自動化に取り組んでいるにも関わらず、なかなか組織全体として効果を感じられない企業が多くいるのではないでしょうか?本セッションでは、従来の属人的な自動化への取り組みから、チーム内、組織横断的に自動化に取り組むための概念である「自動化2.0」とそれを実現するための手法として、Automation Adoption Programとお客様事例をご紹介いたします。

11:15~11:55

IT自動化Forum

【ソリューション講演】
自動化で何を変えたのか
~HPE社内ITの場合、日本国内のお客様の場合~

齋藤 豪 氏

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括 プロダクトアーキテクト統括本部
齋藤 豪 氏

詳細はこちら

デジタルトランスフォーメーションを推進するうえでも自動化技術は必須とされています。しかしその実装には様々な形があり、最終到達点が見えにくく、踏み出せずにいるお客様も多いのではないでしょうか。 本セッションではヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)の社内IT変革事例と、日本HPEがお客様に自動化を導入した実績をもとに「自動化で何を変えたのか」を皆様に共有致します。

AI/データ基盤Forum

【ソリューション講演】
最新のデータ管理プラットフォームを事例を交えて紹介
~フルスクラッチでつくった次世代バックアップも装備~

片尾 隆宏 氏

Cohesity Japan
シニアセールスエンジニア
片尾 隆宏 氏

詳細はこちら

データからより多くのビジネス価値を引き出すためには、企業のバックアップインフラストラクチャを最新化・簡素化するだけでなく、進化を続けるビジネス要件を満たすようにデータの活用を拡大する必要があります。本セッションでは、オンプレ、クラウド環境におけるNoSQL、XaaS、コンテナなどの新しいワークロードに対応すると同時に、バックアップデータとインフラストラクチャを既存のワークフローに簡単に統合することができ、新たなビジネス基幹ワークロードのサポートが可能な新しいインフラストラクチャを構築するCohesityのデータ保護、スケールアウトNAS、クラウド連携のご説明をします。

IT自動化Forum

【ソリューション講演】
監視の自動化で実現する運用の最適化と品質向上
~事例で学ぶ着手のポイント~

明星 誠 氏

アイビーシー
マーケティング統括部 ソリューションサービス部 部長
明星 誠 氏

詳細はこちら

運用現場において、監視の自動化は取り組むべき重要な課題として認識されていると思います。自動化といってもさまざまであり、何から着手すればよいか悩まれているお客様も多いのではないでしょうか。障害監視、性能管理、ログ管理、セキュリティなど事例を踏まえてお話しいたします。

お昼休憩

13:00~13:40

【特別講演】
オリンピック出場のために行った組織改革、その中心には様々な情報分析があった

植田 辰哉 氏

元バレーボール男子日本代表監督/大阪商業大学教授
植田 辰哉 氏

詳細はこちら

北京オリンピック世界最終予選にて日本を16年ぶりのオリンピックへ導いた闘将が、如何にして選手を強化し、世界に挑んだか。
背景にあった、データ分析を駆使した選手個人の目標設定と、相手チームの戦術分析をお伝え致します。また、コーチングとティーチングの使い分けについて、スポーツ指導者のみならず、人を導く人すべてに知ってほしい植田流の組織マネジメント論をお伝え致します。

※A-4サテライト会場

【特別講演】
AI活用で激変した将棋界、いまの棋士に求められる戦略・戦術とは

西尾 明 七段

日本将棋連盟 常務理事
棋士
西尾 明 七段

詳細はこちら

将棋AIの活用により、戦略・戦術共に激変した将棋というゲーム。それまで数百年に渡り積み上げられてきた「定跡」は様変わりし、盤上における技術は飛躍的に進化を遂げた。こうした過渡期を経て、棋士はいま対局で勝つために、技術面だけでなく、より戦略的なアプローチを求められている。

13:50~14:30

クラウド基盤最適化Forum

【ソリューション講演】
As a serviceによりITはどう変わるのか?

酒井 睦 氏

日本ヒューレット・パッカード
Pointnext事業統括 OSビジネス開発本部
ソリューションビジネス開発部 部長

酒井 睦 氏

詳細はこちら

HPEは、2022年までにポートフォリオ全体をサービスとして提供する“As a Service Company”への移行計画を発表しました。この計画の中心になるHPE GreenLakeに関する施策やフォーカスポイントを、“As a Service”のメリットと共にご紹介します。

AI/データ基盤Forum

【ソリューション講演】
データマネジメントの必要性が高まる今、最初に求められるステップとは?
~Veeamが提供するクラウド・データ・マネジメントの真価~

斉藤 乾 氏

ヴィーム・ソフトウェア
システムズ・エンジニア本部 シニア・システムズ・エンジニア
斉藤 乾 氏

詳細はこちら

クラウドファーストの最中、指数関数的に日々増大するデータ。データをビジネスに活用できるよう継続的に維持することは、企業が考えなければいけないデータマネジメントの最初のステップです。Veeamが新たに提供するバージョンも踏まえて、真のクラウド・データ・マネジメントの有り様をお伝えします。

クラウド基盤最適化Forum

【ソリューション講演】
今からでも間に合う!東京2020に向けたリモートワーク対策の決定打!
~Citrix CloudによるDaaS+切れにくいリモートアクセス+O365ダイレクト接続~

神保 岳大 氏

インテック
ネットワーク&アウトソーシング事業本部 事業推進部
グループマネージャー

神保 岳大 氏

詳細はこちら

2020年、東京で開催される国際競技大会開催期間中の混雑緩和のためにも、推奨されるリモートワーク。本講演では、仮想デスクトップサービス(DaaS)をはじめ、様々なネットワーク環境から快適に利用できるリモートアクセスサービスや、TemasなどのOffice 365サービスを快適に利用できるサービスなど、安全・ 快適なリモートワーク環境について具体的にご紹介します。

14:45~15:25

AI/データ基盤Forum

【ソリューション講演】
データプラットフォームの新常識
~インテリジェント化がDXの成否を左右する~

中井 大士 氏

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括 プロダクトアーキテクト統括本部
製品技術本部 本部長

中井 大士 氏

詳細はこちら

ビジネスの推進にデータは欠かせない一方で、システム視点では、クラウドにまたがるデータ基盤の運用管理は複雑さを増しています。今、組織に必要なのはインテリジェントなデータプラットフォーム。本セッションでは、AIを活用したインテリジェンスが、データ活用を推進する組織に必要不可欠な理由を説明いたします。

ネットワーク最適化Forum

【ソリューション講演】
今だから考えるSD-WANのネクストステップ ~将来を見据えたクラウド管理のネットワーク~

中地 凌 氏

マクニカネットワークス
第2営業統括部 第1営業部 第3課
中地 凌 氏

詳細はこちら

クラウド化、SD-WAN、仮想化により急速に変革を遂げるネットワークにおいて、従来の境界型モデルからの脱却が必要とされております。本講演では、SD-WANの導入のその先を見据え、2020年の今だからこそ知っておくべき、これからのネットワークについてご紹介をさせて頂きます。SD-WAN導入/本格検討されている方必見です。

クラウド基盤最適化Forum

【ソリューション講演】
仮想デスクトップでよくある3つのトラブルとその対策
回避の秘訣は導入前の1ヵ月間にあり!

奥原 宏祐 氏

デジタルテクノロジー
SIビジネス部 ソリューション推進ユニット1 ユニットマネージャー
奥原 宏祐 氏

詳細はこちら

働き方改革が検討される中、仮想デスクトップ(VDI)の導入・検討が増えております。一方で導入後に使用感への不満が発生するケースも珍しくありません。本セッションでは、VDI導入後によくある3つのトラブルと、その回避のために導入前の1か月間に意識するべきポイントをご説明します。

15:40~16:20

【パネルディスカッション】
次の本命を大胆予測!
2020年、ブレーク必至のITインフラ技術

<パネリスト>

野村総合研究所
上級アプリケーションエンジニア
石田 裕三 氏

ウルシステムズ
代表取締役社長
漆原 茂 氏

国立情報学研究所
情報社会相関研究系 教授/所長補佐
佐藤 一郎 氏

Publickey
編集長/Blogger in Chief
新野 淳一 氏

企業情報化協会
常任幹事会 幹事
森 正弥 氏

<モデレータ>

日経クロステック 副編集長
森重 和春

詳細はこちら

<パネリスト>

石田 裕三 氏

野村総合研究所
上級アプリケーションエンジニア
石田 裕三 氏

漆原 茂 氏

ウルシステムズ
代表取締役社長
漆原 茂 氏

佐藤 一郎 氏

国立情報学研究所
情報社会相関研究系 教授/所長補佐
佐藤 一郎 氏

新野 淳一 氏

Publickey
編集長/Blogger in Chief
新野 淳一 氏

森 正弥 氏

企業情報化協会
常任幹事会 幹事
森 正弥 氏

<モデレータ>

日経クロステック 副編集長
森重 和春

デジタル技術を駆使してビジネスに新しい価値を生み出すため、企業情報システムにおけるITインフラの役割はますます大きくなっています。AI(人工知能)やIoTを筆頭に、新しい技術やサービスの価値を見極めて活用することの重要性は高まるばかり。本パネルディスカッションでは、2020年にブレークするITインフラ技術は何か、今はまだあまり知られていないけれど注目しておきたい技術はあるのか、有識者5人が大激論します。ITインフラSummit恒例のこの企画。果たして今回の予測は的中するのか。熱い議論をお届けします。

ネットワーク最適化Forum

【特別講演】
5G/Local5G/IoTが駆動する地域創生

奥原 宏祐 氏

東京大学/東京大学大学院東京大学 教授
東京大学 総長補佐
東京大学大学院 情報学環 副学環長
中尾 彰宏 氏

詳細はこちら

東京大学は公共財として技術を社会に還元しつつ産学連携による未来社会協創を推進している。本講演ではその中で講演者の研究室における5G/Local5GやIoTが駆動する地域創生の取り組みを紹介し、今後のICT利活用推進のあり方について議論する。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター サミット係
お問い合わせはこちらから

お申し込み受付を終了しました