お申し込み受付を終了しました

プログラム

※下記プログラムからご聴講ご希望のセッションにチェックをいれてお申し込みください。

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※A-8セッションは、プレゼンテーションデータと音声のみのサテライト会場へのご案内になる場合がございますので、ご了承ください。

各セッションをテーマ毎に色分けしています

  • クラウド基盤最適化Forum
  • AI活用基盤構築Forum
  • IT自動化Forum
  • ネットワーク最適化Forum
  • 次世代サーバーForum
A会場
B会場
C会場
10:00-10:40
【満席】 A-1

AI活用基盤構築Forum

【特別講演】
SOMPOホールディングスのデジタルトランスフォーメーション
~AI・データ活用事例~

  • 北澤 克樹 氏

    SOMPOホールディングス
    課長代理/シニアデータサイエンティスト
    北澤 克樹 氏

  • 武井 信之 氏

    SOMPOシステムズ
    デジタル開発グループ 部長
    武井 信之 氏

詳細はこちら

SOMPOホールディングスは、2016年にデジタル戦略部を設置して以来、「安心、安全、健康」な社会構築に向けて、様々なデジタルに関する実証実験を実施してきました。本セッションでは、当グループでのAIやデータの活用事例を紹介します。

【満席】B-1

IT自動化Forum

【特別講演】
ダイソーが実感、サーバーレスとCI/CDの絶大な効果

丸本 健二郎 氏

大創産業
情報システム部 開発1課 課長
丸本 健二郎 氏

詳細はこちら

デジタル化の推進が突き付けられるなか、インフラの俊敏性が求められている。サーバーの調達が不要な「サーバーレス」や、開発プロセスを一体化した「CI/CD」が突破口だ。実践して分かった効果を解説します。

C-1

次世代サーバーForum

【特別講演】
DX時代の企業が備えるべきITプラットフォーム

金谷 敏尊 氏

アイ・ティ・アール
取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト/IoTエキスパート
金谷 敏尊 氏

詳細はこちら

ポスト2020へ向けて企業は、従来のIT機能の継続的な改善を図るだけでなく、DX推進へ向けた新たなIT機能を備えることが不可欠となる。そうしたなか、要求されるITプラットフォームとは、どのようなものか。本セッションでは、デジタル技術やクラウド市場の動向を交えて、企業に求められる次世代ITプラットフォームのあり方について概説する。

10:50-11:30
【満席】 A-2

AI活用基盤構築Forum

【ソリューション講演】
ビッグデータ分析を用いてインフラマネージメントはこれからどう変わるのか?

松本 浩彰 氏

Splunk Services Japan
ITOAスペシャリスト
松本 浩彰 氏

詳細はこちら

SplunkはIT運用の世界でグローバルにビッグデータ分析の市場(ITOA市場)を牽引しています。本セッションでは、ビッグデータ解析や機械学習を応用して、これからのIT運用がどのように変革されていくかを解説いたします。

【満席】 B-2

IT自動化Forum

【ソリューション講演】
事例から学ぶ、ITインフラ業務の生産性を劇的に向上する、Ansible Automationによる自動化2.0の世界

中島 倫明 氏

レッドハット
テクニカルセールス本部 ソリューションアーキテクト
中島 倫明 氏

詳細はこちら

現在、多くの企業でITインフラの効率化が重要な課題となっています。時間とコストを必要とするハードウェア管理の手法から、素早く・確実で・安全性の高いソフトウェア管理の手法へと切り替えていくことがITインフラに強く求められています。これらのITインフラの効率化を実現する上で、最も活用され実績のあるソフトウェアがAnsibleになります。Ansibleは企業や組織が持つ様々なITインフラを効率的に自動化し、抜本的な改善を図るツールとして金融、製造、公共、社会インフラ、軍事などあらゆる分野で広く活用されています。本セッションでは、国内の事例を元にAnsibleを用いた「自動化によるITインフラの効率化」を実現する実践的な方法と考え方についてご紹介いたします。

C-2

次世代サーバーForum

【ソリューション講演】
データ中心の社会に求められるテクノロジーとインテルの戦略

根岸 史季 氏

インテル
データセンター・グループ・セールス
アジアパシフィック・ジャパン
HPC/AI担当ディレクター

根岸 史季 氏

詳細はこちら

爆発的に増え続けるデータを処理する基盤として、今なにが求められるのか?従来のインフラでは手に余るデータ量をAIやディープラーニング等の技術を用いてすばやく処理し、ビジネスに活用するには、より最適化されたインフラでなければならない。本セッションでは、インテルの最新テクノロジーから、インテルIT部門によるインテル内のインフラの戦略まで、データ中心の社会におけるインテルの取り組みと戦略を解説する。

11:45-12:25
【満席】 A-3

AI活用基盤構築Forum

【ソリューション講演】
映像解析AIの導入の最前線

  • 金田 卓士 氏

    フューチャースタンダード
    最高分析責任者
    金田 卓士 氏

  • 野上 雅教 氏

    センスタイムジャパン
    研究開発部 SEグループ
    野上 雅教 氏

詳細はこちら

カメラから取得した映像にAIを応用したPoCのニュースは日々、増えているものの本格稼働までたどり着いているものは多くはありません。本公演では、最新のAI技術をご紹介しながら、それを実際に動かしているシステムとその可能性についてご紹介したいと思います。

B-3

IT自動化Forum

【ソリューション講演】
監視の自動化による品質向上とアノマリ検知への挑戦

明星 誠 氏

アイビーシー
プロダクト&サービス統括部 担当部長 エバンジェリスト
明星 誠 氏

詳細はこちら

ITインフラの安定稼働は企業活動における命題ですが、性能問題の解決には高度なスキルが必要であり、運用管理にかかる工数も膨大です。このような課題を解決するために、自動化を行う上での注意点や、安定運用に欠かせない性能管理手法について、これまでのシステムコンサルティング経験に基づいてご紹介いたします。

【満席】C-3

次世代サーバーForum

【ソリューション講演】
オンプレミス/コロケーションに効く!インテル® データセンター・マネージャーによる監視エージェントに頼らないインフラ管理で事業継続性の向上とコスト削減

高木 正貴 氏

インテル
データセンター・ソリューションズ
ビジネス・デベロップメント・マネージャー

高木 正貴 氏

詳細はこちら

クラウドへのシフトが進む中で、オンプレミスあるいはコロケーションで自社資産のインフラを運用している企業は未だ多い。OS上で動作するエージェントとの通信で様々な状態を監視するが、障害発生時には物理的なアクセス手段が必要となる場合が少なくない。本セッションでは、半導体メーカーであり、自社でも26万台以上のサーバーを持つインテルのインフラ監視ソリューションの持つ特徴や効果について、国内外の顧客事例を交えながら解説する。

12:35-13:15

お昼休憩(12:25~13:30)

【満席】 C-4

次世代サーバーForum

【ソリューション講演】
<ランチセッション:軽食付き>
ハイブリッド/マルチクラウド時代を生き抜くITインフラの形
~お客様の課題解決への一番の近道とは~

富士通
システムプラットフォームビジネス本部
プロダクト企画統括部 PRIMERGY商品企画部 シニアマネージャー

尾藤 篤 氏

詳細はこちら

お客様のビジネスを支えるはずのITインフラが、システム形態の多様化や運用管理ツールの複雑化で、お客様の負担になっていませんか?システム設計・導入から運用に至るまでのお客様の課題を解決し、デジタルトランスフォーメーションや働き方改革を実現しましょう。お客様に選ばれ続ける富士通が、これからの時代に最適なITインフラをご提案します。

13:30-14:10
【満席】 A-5

クラウド基盤最適化Forum

【基調講演】
お客様に寄り添ったパーソナライズドサービスを生み出すデジタルイノベーション

加藤 真子 氏

全日本空輸
デジタル変革室 イノベーション推進部 サービスイノベーションチーム マネジャー
加藤 真子 氏

詳細はこちら

顧客情報を一元管理するお客様情報基盤(CE基盤)を全社横断で構築しました。CE基盤は、データベース仮想化技術により、散在していた基幹システムのデータを統合化し、顧客情報の一元管理やカルテ化を実現しています。デザイン思考による目指す顧客旅行体験に基づき、CE基盤を活用して、全ての顧客接点におけるパーソナライズ化されたスマートで快適なサービスを創出していきます。

【満席】 B-5

ネットワーク最適化Forum

【特別講演】
大規模サイトにおけるCDNとの付き合い方
-Rettyの要件の変遷とその対応方法-

小迫 明弘 氏

Retty
エンジニアリング部門 部門長 VP of Engineering
小迫 明弘 氏

詳細はこちら

現在では4000万人以上が使うグルメサービスとなったRettyですが、大規模サイトに成長していく過程で様々な形で課題にぶつかってきました。その課題の解決にはCDNを利用したものも多くありました。単なるコンテンツデリバリーだけではなくなってきたCDNサービスとその実例についてお話します。

14:20-15:00
【満席】 A-6

クラウド基盤最適化Forum

【ソリューション講演】
ハードウェアライフサイクルから脱却するための5ステップ
~ニフクラが考えるクラウド移行とは~

今井 悟志 氏

富士通クラウドテクノロジーズ
テクニカルデザイン部
今井 悟志 氏

詳細はこちら

デジタルトランスフォーメーション時代を見据え、企業には環境変化に対応できる「新しい仕組み」への変革が求められています。既存のハードウェアライフサイクルから脱却するための必要な取り組みと人材像、そして障壁を取り除くために必要な考え方は何か。5つのステップで企業が取り組むべき最適解をご紹介します。

【満席】 B-6

ネットワーク最適化Forum

【ソリューション講演】
CDN事業者がネットワークサービスに参入する理由
~クラウド型WANアクセラレーターとSD-WANのシナジー

中原 嘉隆 氏

シーディーネットワークス・ジャパン
テクニカルコンサルタント マネージャ
中原 嘉隆 氏

詳細はこちら

いよいよ来年に迫った東京五輪や働き方改革の推進などに伴い、WANネットワーク環境の整備は今注目すべき事項です。本講演では、従来グローバルなWebアクセラレーション(高速化)を専門としてきたCDNetworksが新たに提供するSD-WANサービスの特徴と、CDN事業者ならではの強みを生かしたクラウド型WANアクセラレーションサービスとの合わせ技によるサービスの利用価値についてご紹介いたします。

15:15-15:55
【満席】 A-7

クラウド基盤最適化Forum

【ソリューション講演】
ダウンタイムを9割削減!
事例でご紹介 クラウド移行術とあえてのオンプレ回帰術

デジタルテクノロジー
SIビジネス部 ソリューション推進ユニット1 マネージャ
奥原 宏祐 氏

詳細はこちら

ハイブリッドクラウド時代となった今、クラウドへのデータ移行が課題となっています。日々肥大化するファイルサーバもクラウド移行できないシステムの一つです。
本セッションでは、事例を基にダウンタイムを削減するクラウドへのデータ移行術と移行後のオンプレ回帰術をご紹介します。

【満席】 B-7

クラウド基盤最適化Forum

【ソリューション講演】
大規模向け“OLDからNEWへ移りながらコストを減らす”ソリューションの紹介

戸賀 慶 氏

アクセンチュア
テクノロジー コンサルティング本部
インテリジェントクラウド アンド インフラストラクチャー グループ マネジング・ディレクター

戸賀 慶 氏

詳細はこちら

オンプレ、レガシー環境など旧来のインフラの維持をしながらも業務のデジタル化は急速に進み、正直首が回らない…。このような状況下で、従来環境をクラウド・デジタル基盤に移しながらも全体的なコストは下げる、世界中のあらゆる業界のお客様のデジタル変革を共に実現してきたアクセンチュアだからこそ提供できる、画期的なソリューションをご紹介します。

16:10-16:50
【満席】A-8

【スペシャル講演】
福田流 チームマネジメント / 情報技術(IT)によるサッカーの変革

福田 正博 氏

サッカー解説者/サッカー元日本代表
福田 正博 氏

詳細はこちら

1966年12月27日生まれ。
中央大学卒業後、1989年に三菱(現浦和レッズ)に入団。1995年に50試合で32ゴールを挙げ、日本人初のJリーグ得点王に輝くなど、Jリーグ通算228試合で93得点をマーク。日本代表では、45試合で9ゴールを記録し、1993年にはワールドカップアジア地区最終予選も経験。
2002年に現役を引退。引退後は、サッカーの普及活動に協力する日本サッカー協会のJFAアンバサダーに就任し、全国各地で幅広い普及活動をサポートした。また、サッカー解説者として、報道ステーション等でサッカーコメンテーターを務めた。
2008年から浦和へコーチとして復帰し、2009年から監督に就任したフォルカー・フィンケの下でもコーチを務めていたが、2010年に浦和を退団。
2011年よりサッカー解説者として、メディアで活動をしている。

※プレゼンテーションデータと音声のみのサテライト会場へのご案内になる場合がございますので、ご了承ください。

『ITインフラSummit 2019 夏』開催概要はこちら

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター サミット係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。

お申し込み受付を終了しました