Display Innovation CHINA 2019/Beijing Summit

発展を続ける中国ディスプレイ、応用製品産業の
経営者・研究者・技術者
マーケティング担当者など約2000人が集まる
「中国最大級のカンファレンス」
湖北省・武漢にあるBOE、チャイナスター、天馬の工場見学ツアーも実施決定!

世界各国・地域がディスプレイの進化・発展を共に推進することにより、世界のディスプレイ産業は急速な成長を遂げています。特にここ10年間では、折り畳み式のフレキシブル有機EL、Micro-LEDといった革新的な技術の産業化が加速し、ウェアラブル端末、車載ディスプレイ、公共ディスプレイ、VR/ARなど革新的な応用事例が相次ぎました。ディスプレイ技術がIoTやビッグデータ、人工知能など先鋭的技術と深く融合することにより、業界全体のモデル転換と高度化に大きなチャンスが到来します。

ディスプレイ産業が目覚ましく発展したこの10年間において、中国光学光電子行業協会液晶分会と日経BPが共同主催した中国・北京国際ディスプレイ産業フォーラム(以下「DIC2019」と称す)は、産業と共に発展してきました。現在は業界最大規模、最高レベルであり、かつ産業を象徴するビジネスフォーラムにまで成長し、国内外の業界の同志との間に交流プラットフォームを構築することを通じて、世界のディスプレイ産業技術と応用イノベーション推進のために重要な役割を果たしてまいりました。

2019年はまさに、世界ディスプレイ産業の持続可能な発展を促進するための要となる一年です。DIC2019は「提携・革新・成長」を堅持し、「心と知恵を合わせた、共創イノベーション」をテーマとして、10月22~23日にクラウンプラザ北京リドで開催されます。今年のフォーラムはハイエンドやグローバル化、専門性や権威性を堅持し、世界でも名高い専門家や学者を含む数十名の講師を招待するほか、世界主要パネルメーカー、重要な製造装置及び部品・材料メーカー、新型ディスプレイ技術のイノベーションに携わる企業などが一堂に集い、意見を交わし、心と知恵を合わせて、イノベーションを実現するために手を携え、共に世界のディスプレイ産業の発展を促進します。また会議期間中には、一連のDIC十周年記念イベントを開催するほか、会議後は目的別見学会の実施を予定しており、武漢に移動後、京東方(BOE)・華星(CSOT)・天馬の最新製造ラインを見学し、技術交流を行います。DIC2019には多彩なプログラムが多数用意されております。業界の成長を見守ってきたキーパーソンがここに集い、これまでの道のりに思いをはせ、過去に学び、将来の展望について大いに話し合える場になりますことを期待しております。

業界各位におかれましては、ぜひともご参加くださいますようお願い申し上げます。

名 称
Display Innovation CHINA 2019/Beijing Summit
開催日
2019年10月22日(火)~23日(水)
場 所
クラウンプラザ 北京 麗都(中国・北京)
Crowne Plaza Beijing Lido
Building A, No. 6 Jiangtai Road, Chaoyang District, Beijing
来場予定者
中国ディスプレイ産業に関連する経営者、研究者・技術者、マーケティング担当者など約2000人
実施事業
技術カンファレンス(基調講演/セミナー)、展示
受講料
カンファレンス受講 45,000円(不課税)
工場見学 200,000円(不課税) 武漢にあるBOE、チャイナスター、天馬の3工場を見学
※詳細は「受講申込み」のページをご覧ください。
指 導
国家発展和改革委員会高技術産業司、国家工業和信息化部電子信息司、北京市発展和改革委員会、北京市経済和信息化委員会
協 力
中国電子商会、中国電子視像行業協会、SEMI、SID、群智咨詢
主 催
中国光学光電子行業協会液晶分会、日経BP