トヨタ自動車は1月15日、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化に取り組む米ジョビイ・アビエーションと協業することで合意したと発表した。自動車生産および技術開発の知見をeVTOLの開発・製造に活用し、今後社会ニーズが高まると予想される空のモビリティ事業への参入を検討する。

 ジョビイ・アビエーションは、ジョーベン・ビバート氏が2009年に設立したベンチャー企業。5人乗りで時速200マイル(約320キロ)、航続距離150マイル(約240キロ)以上を実現するeVTOLの開発を進めている。将来的には、空飛ぶタクシーサービスの提供をめざしている。

 eVTOLの開発・製造に関する技術は、電動化や新素材、コネクティッドなどの分野において次世代環境車の技術と共通点が多く、両者の相乗効果を生かした新たなモビリティ事業に発展する可能性があると考えられるという。

 今回のジョビイ・アビエーションとの協業では、トヨタは生産技術の見地で、設計、素材、電動化の技術開発に関わるとともに、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウを共有する。最終的には、高い品質、信頼性、安全性、厳しいコスト基準を満たすeVTOLの量産化をめざす。

 eVTOLを用いたモビリティサービスは、都市部の渋滞や環境負荷の低減、過疎地域の輸送手段の確保など、さまざまな交通課題の解決策として期待される。トヨタの豊田章男社長は「空のモビリティの実用化はトヨタ創業以来の夢」と語る。

 なお今回の協業に伴い、トヨタはジョビイ・アビエーションが合計5億9000万ドルを調達したシリーズCの出資ラウンドのリードインベスターとして、3億9400万ドルを出資する。また、副社長の友山茂樹氏がジョビイ・アビエーションの取締役に就任する。

──記事冒頭の写真:ジョビイ・アビエーションが開発を進めているeVTOL(出所:トヨタ自動車)