リコーは、クラウド型サイネージ配信サービス「RICOH Digital Signage(リコーデジタルサイネージ)」に対応した防災ソリューション「リコーデジタルサイネージ 防災/災害情報コンテンツ」を2月3日に発売した。

 リコーデジタルサイネージは、映像受信装置(STB)をディスプレイやプロジェクターなどの表示装置と接続し、ネットワーク設定をするだけで導入できるクラウド型サイネージ配信サービス。ニュースや天気予報などを自動配信するほか、顧客自身がコンテンツを制作できる。

 管理者は、Webブラウザー上からコンテンツの制作や配信スケジュールを設定でき、複数のSTBを一元管理できる。リコーグループは、導入から保守、コンテンツの企画・提案・制作請負まで一貫して提供する。

 今回発売した防災/災害情報コンテンツは、リコーデジタルサイネージ向けの追加コンテンツサービスで、地震や津波などの災害発生時に関連する情報を自動配信する。平常時には、災害の基本知識や災害発生時に取るべき行動などを学べる、防災に関する教育コンテンツを表示できる。

 災害発生時には、緊急災害情報を配信。あらかじめ設定した地域に対応した地震情報、津波情報、避難情報、緊急情報を配信する。また、災害レベルが高い場合は全画面表示、低い場合は通常コンテンツ上にテロップ表示と、表示方法を自動選択する。今後、気象警報・注意報、防災気象情報(大雨・洪水)などを順次追加していく予定。

──記事冒頭の画像:「リコーデジタルサイネージ 防災/災害情報コンテンツ」表示例。左がテロップ表示、中が全画面表示、右が平常時の教育コンテンツ(画像提供:リコー)