なぜか人が集まる場所

滝口「いま、会員数はどれくらいなんですか?」

加藤さん「50人弱くらいですね。月2万円の会費で、固定費などの支出を考えると、収支はとんとんかちょっと足りないくらい。今年2020年の3月16日にオープンして、当初は今と少しちがう形態でスタートしたんですが、すぐコロナ禍になって、試行錯誤しながらまずは今の形でやっています。もう少し会員数を増やして収益を上げる必要があるので、サテライトスペースの準備も進めています」

滝口「この状況において、⽉2万円の会費なのに50⼈弱集まるってスゴいですね。それとは別に、スタッフの⼈数も多いと聞きました」

加藤さん「いろんな関わり⽅をしている⼈がいるんですが、全部で25⼈くらいですね」

滝口「どうして、こんなに人が集まるんでしょう?」

加藤さん「こちらから誘ったことはないんです。元々は小杉湯に来ていたお客さんが多いんですが、自分から何かやりたいと言って集まってきてくれるんですよ。例えば、オープン1ヵ月前に『ここで働かせてください』と現れたスタッフがいるんです。彼女はここで働きながら、週末は自分でフルーツサンドを販売してます」

写真提供:小杉湯となり
写真提供:小杉湯となり

加藤さん「他にも、駄菓子屋さんをやりたかった人が日曜日に、勝手に駄菓子屋さんをやってるし、本屋さんになりたかった人は『小杉湯となり』の広報を手伝ってくれながら、2階の本棚のセレクションも担当している」

滝口「でも、みんながみんな、自分のやりたいことをやってたら、場が荒れませんか? 変な人も来るだろうし」

平松さん「そんな変な人なんて来ないですよ。やりたい人がいれば、どんどんやるのがいいと思う。『YOU、やっちゃいなよ』っていう精神。自分ではジャニー喜多川理論と呼んでるんですが(笑)」

平松さん「みんながやりたいことをやっていくと、この場をみんなが最適化してくれる、そんな感覚があるんです。昔は、ぼくがやらなくちゃ、といろんなことに介入していたんですが、そうするとかえってうまくいかないことが多かったんです」

 小杉湯・小杉湯となりにはなぜ人が集まるのか、その核心に迫る後編に続く!

著者 滝口勇也(PANTS)
「思い込みを、脱いじゃおう。」をテーマに、これまでの常識やあたりまえをちょっと疑って新しい視点に気づけるモノづくりや企画を考えるクリエイティブチーム「PANTS」。炎上シミュレーションゲーム「大炎笑」・亡くなった人について語るためのゲーム「ないはずの記憶」・新婚カップルのための「一生つづくゲーム」など。
PANTSのウエブサイト https://pant-s.jp/
Facebook https://www.facebook.com/pants.jp/