「尾道をよくしたい」

塩見地域活性化を考えるきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

山根さん尾道の中心街は戦火を免れました。そのため古いまちなみが残りました。神社仏閣に限らず、尾道のまち全体に魅力があります。ただ、過疎化や高齢化でまちの景観維持が難しくなっています。そうしたなか、「尾道をよくしたい」と考える同級生のひとりが「NPO法人尾道空き家再生プロジェクト」を立ち上げ、空き家の再生に取り組むようになりました。私も副代表理事としてNPOに加わっています。これまで自社の飲食店をどう守って展開していくかを考えてきましたが、このプロジェクトに関わったことで、まちをどうしていくかという視点に変わっていきました。

商店街にあるレトロな銭湯は、名前をそのままに中華食堂にリノベーションして、いっとくグループが経営している(写真:塩見なゆ)
商店街にあるレトロな銭湯は、名前をそのままに中華食堂にリノベーションして、いっとくグループが経営している(写真:塩見なゆ)
[画像のクリックで拡大表示]

塩見地域や商店街規模でのまちおこしはよく耳にします。ですが、ひとつの企業が狭い範囲に次々と店舗を増やすというのは珍しいですね。

山根さん私は尾道生まれ、尾道育ちです。このまちが当たり前と思っていたのですが、全国の飲食店街を見て回ったことで、改めて尾道がたくさんの可能性を秘めていることに気づきました。そして、いい店をつくることが、生まれ育った尾道を元気にすることだと考え、店を増やしてきました。

 15年ほど前はシャッター街化が目立ち、一等地でも空き店舗があるような状況でした。ここにおいしい店、人気の店ができればいいのではないかと。また、人通りが少ない場所にも、集客力がある店を開くことで変えられるのではないかと思い、挑戦してきました。ただ今は店舗数が多くなり、グループ内でカニバる(自社競合)ことがないよう注意しています。

塩見すっかり名物として定着した「尾道プリン」もいっとくグループですが、どういった経緯で誕生したのですか?

山根さんいっとくは、尾道にあるから価値があると思っています。このまちから離れず、このまちで強い業態をつくり、そして雇用を生む。次の商売人が育って、その人がまちを元気にするという考え方です。

 あるとき、洋菓子の勉強をしていた従業員がケーキ店を開きたいと相談してきました。それならば店をつくろう! と快諾し、「おやつとやまねこ」をオープンしました。尾道プリンは「やりたい人ありき」で誕生した商品です。

尾道プリンの店「おやつとやまねこ」。レトロな建物を生かした味わいのある店構え(写真:塩見なゆ)
尾道プリンの店「おやつとやまねこ」。レトロな建物を生かした味わいのある店構え(写真:塩見なゆ)
[画像のクリックで拡大表示]

塩見新たに取り組んでいるチャレンジを教えてください。

山根さん私は新しいことを次々やりたいタイプなんです。尾道に来た人にどうしたら楽しんでもらえるか、といつも考えています。そして生まれたのが「くう」「ねる」「あそぶ」のコンセプトです。尾道は宿泊施設がそれほど多くはありません。特に、引き継いだ焼鳥店「鳥徳」などがある繁華街の新開(しんがい)エリアは、駅からやや離れていることもあり、「くう」と「あそぶ」はあっても「ねる」が少ない場所でした。

 かつて遊郭があった新開にはレトロな建物がいくつも残っており、ポテンシャルは高いです。ここに古い建物をリノベーションしてゲストハウスやイベントスペースをつくりました。新開という、一時は忘れ去られていた場所に新たな客層を呼び寄せ、まちの衰退に歯止めをかけたいと思っています。最近の客層は若い人が中心で、コロナ禍以前はしまなみ海道を楽しむサイクリストの利用も多かったです。これからゲストハウスを増やそうとしていたときにコロナ禍になってしまいましたが、「おかげでじっくり取り組むことができた」と前向きに考えるようにしています。

いっとくグループに限らず、尾道の元気な飲食店をじっくり楽しんでほしいと始めたゲストハウス(写真:塩見なゆ)
いっとくグループに限らず、尾道の元気な飲食店をじっくり楽しんでほしいと始めたゲストハウス(写真:塩見なゆ)
[画像のクリックで拡大表示]

塩見新開に熱意を注ぐ動機はなんでしょう。

山根さん亡き父親に連れられて歩いたまちの思い出が大きいです。味のあるまちなみがたくさんあり、尾道に観光で来る人もレトロを求めているのに、古いものを大切にしない再開発はいいとは思いません。幼いころに見たにぎやかな尾道、昔はちょっと怖かったけど魅力的だった新開に、新しいスタイルでにぎわいを取り戻したいと思っています。世界に誇れる「SINGAI」になれたらなと。ゲストハウスの次は寿司店を始めるため、目下準備中です。尾道の老舗酢蔵である尾道造酢と共同開発をした赤酢を使用し、地元の魚介類をふんだんに使った高級な業態を考えています。

 トーク上手で「何時間でも尾道の魅力について語れる」と熱弁を振るう山根さん。尾道駅前から新開に向かって歩けば、あちこちにいっとくグループの店があります。これだけ事業を広げているので、まちの人には知られた存在です。だからこそ、いい店でなければいけないし、社長が逃げるわけにはいかないと話します。

 若者が始めた小さな居酒屋は、やがてまちそのものの価値を変えるようになり、そこから雇用を生み、地元食材を消費し、幅広い意味で地域活性化企業へと成長していきました。強い地元愛がなによりの原動力です。

 新開の鳥徳をはじめ、山根さんが守ってきた店や、まちなみの景色は非常に魅力的でした。今度、尾道へ飲みに行くときは、近隣のまちではなく、尾道に泊まって、じっくりとはしご酒を楽しみたいと思います。

いっとく
筆者 塩見なゆ
酒場案内人。1984年、東京都杉並区荻窪生まれ。新宿ゴールデン街に通った作家の両親を持つ。幼いころより中央線沿線の飲み屋へ連れて行かれ、物書きの大人と瓶ビールに囲まれて成長する。会社員として広報・宣伝畑を経て独立。趣味だった飲み屋巡りを本業とし、飲食専門のライターとなる。酒場に恋して年間2000軒を巡る。