酒場、酒蔵、ワイナリー、ブルワリー……。酒は人を結び、まちを元気にする。酒場案内人の塩見なゆさんが、酒をテーマににぎわう各地のまちを訪ねます。第1回は、赤トンボをラベルに描いたお酒が評判の「泉橋酒造」。日本酒が好きな方ならば一度は見かけたことがあるかもしれません。そのラベルには、米作りへの想いが込められています。

 日本全国で製造されている日本酒。日本を代表する食文化のひとつです。お酒の名産地といえば、三大酒処と言われる京都・伏見、兵庫・灘、広島・西条などがありますが、泉橋酒造は東京都心に近い神奈川県海老名市にある酒蔵です。原料の米の生産からお酒を消費者へ届けるまでを一貫して取り組む数少ない酒蔵ではあるものの、実はベッドタウンのすぐ隣で米作りが行われています。

 酒造りだけでなく農業にも力を注ぐ泉橋酒造六代目蔵元の橋場友一さんと、契約栽培を行っている農家の池上貴明さんに農業を元気にする酒造りの取り組みについてお話を伺いました。

泉橋酒造六代目蔵元の橋場友一さん(左)と、契約栽培を行っている農家の池上貴明さん(写真:塩見なゆ)

「夏子の酒」がきっかけに

 泉橋酒造の蔵元・橋場さんは、代々続く造り酒屋でありつつも、田んぼを持っている農家でした。

 「子どもの頃に親の手伝いで田んぼに入ったことはありますが、実は、将来は農業をあまりやりたくはありませんでした。消防団に入るのも苦手に感じて……」と、橋場さん。

 大学卒業後はすぐには家業を継がず、関西で証券マンとして働いていました。そのころ、ドラマ化された漫画「夏子の酒」で、米作りから酒造りまでを行うストーリーを読み、こんなお酒のつくり方もあるのかと影響を受けたそう。

 そして1995年、阪神・淡路大震災に遭い、本人には大きな被害はなかったものの、被災によって価値観が変わったと言います。その後「家業を継いで家族と歩まなければ」と、ふるさとの海老名へと戻ります。

 当時は、農家がつくったお米は酒米を含め、農業協同組合が買い取り、酒造会社は酒造組合を通じて農協からお米を購入し、それを原料にしてお酒をつくっていました。

 これは、食糧管理法に基づき、農家による米の直接販売を規制していたからです。橋場家の田んぼでつくったお米も同じ。自分の田んぼのお米を、酒造会社である泉橋酒造で使うことができなかったそうです。

 橋場さんが泉橋酒造に戻った1995年、食糧管理法が廃止されることになります。ここにきて、ついに自分の田んぼのお米を酒造りに使えるようになりました。

昔ながらの手間暇かけてつくる生酛(もと)造りに力を注ぐ泉橋酒造(写真:塩見なゆ)

 世の中にインターネットが広まる中、1996年に泉橋酒造もホームページを開設しました。そのコンテンツのひとつとして、田植え体験を募集。その頃の橋場家の田んぼは0.6反(約0.06ha)程度でしたが、これが泉橋酒造と橋場家の田んぼがつながった第一弾となりました。

 当初は酒米だけでなく食用米もつくっていたそうですが、次第に商品の差異化を図るために自分で育てたお米を原料にしたお酒をつくっていくことに。その発想には、証券マン時代に読んだ「夏子の酒」があったと語る橋場さん。

消防団に入って地元農家とつながる

 泉橋酒造が周辺農家と協業で米の契約栽培を始めたのは1997年のこと。

 「今まで米作りは行っていたものの、近隣の農家との付き合いはあまりなく、酒米を作ってほしいという話はできなかったのです。そんな中で、地元農家とのつながりを持つきっかけとなったのが、学生の頃に苦手に思っていた消防団でした」(橋場さん)。

 実家に戻り家業を継いでいた橋場さんは消防団に入っていたのですが、それがきっかけでコミュニケーションが始まりました。

 それから、じわじわと橋場家の田んぼに加え、地元農家でも泉橋酒造向けの酒米づくりが広がっていきます。2009年、農地法の改正で株式会社が農業に参入しやすくなると、橋場家の田んぼは泉橋酒造の所有となり、現在の体制となります。

 「酒造りは米作りから」をコンセプトに、泉橋酒造は海老名や近隣市町村の農家と共同で、地元のお米で酒造りに力を注ぐようになりました。農家にとっても、酒米を必ず買い取ってくれる泉橋酒造はチャレンジの活力となり、酒造りの定番銘柄「山田錦」だけでなく「雄町」や「神力」など、様々な酒米の生産に挑戦してくれるようになったそうです。

 酒蔵が直接原料の米を全量買い取ることで米の単価は上がり、毎年お酒をつくるために安定した取引ができるようになりました。酒造りの現場が農業を育んでいます。

泉橋酒造の田んぼに立つ橋場さん(写真:塩見なゆ)

 1995年まではすべて酒造組合を通じて仕入れてきた醸造用のお米は、現在ではゼロに。代わりに、自社田んぼと契約栽培農家による地元生産のお米が約9割にまで拡大しました。残りの約1割はリスクヘッジのために他県の農家から仕入れています。このことからも、地元農家との共同栽培がいかに拡大されてきたかがわかります。

 1998年に約0.2haだった契約栽培農家の泉橋酒造向けの田んぼは、現在では約220haまで拡大(食用米を含む)。海老名の田んぼのおよそ15%に至るそうです。

 また泉橋酒造自体の田んぼも約38haまで拡大。地元の休耕田を引き受けて稲作を復活させることもあります。まさに、酒造りが米作りの拡大に貢献しています。

 泉橋酒造の多くのお酒のラベルに描かれた同社のシンボル、赤トンボやヤゴは、そんな田んぼが当たり前にある地元の風景を守りたいという想いが込められています。

泉橋酒造のシンボルマークは赤トンボ。「米の栽培時の農薬の使用量を減らすことで、秋の空にたくさんの赤トンボが飛び交う、そんなまちをつくりたい」との願いを込めている(写真:塩見なゆ)
──記事冒頭の写真:酒造りは米作りから(イメージ) original image: kai / stock.adobe.com