地域を元気にする小さな缶詰工場ネットワークが全国を覆う

 小さな缶詰工場のネットワークを全国に作ることについて詳しく知りたいと思い、カンブライトの開発拠点に井上さんを訪ねた。オフィスが入居するのは、大阪市西淀川区竹島、JR東西線・加島駅からすぐの「MILAB(ミラボ)」というオープンイノベーション施設。錦市場そばにあった缶詰工場もこちらに移転している。

 この施設は、冷蔵庫など業務用厨房機器や飲食店・食品工場の総合プロデュースを行う企業・フクシマガリレイ(旧・福島工業)の本社敷地内にある。さまざまな企業や大学、研究機関、起業家などが集まり、新しいアイデアや技術を生み出すことを目的に設置されたもの。

 出迎えてくれた井上さんにまず案内してもらったのは、缶詰工場だった。2年前、京都にあった時は工場スペースに立ち入らなかったのでわからなかったが、今回は驚いた。

 缶詰製造ラインのコアな設備が、なんと3畳くらいの省スペースに収まる小ささだったのだ。機械は3つ。缶詰容器に入れた具材を温熱調理する機械、缶詰にふたを取り付け巻き締める機械、そして、缶詰を高熱殺菌する機械。他に調理の器具やスペース、冷蔵庫などがあるが、その規模ざっと見て、17~18坪。夫婦2人で営む居酒屋くらいの小ささだ。

 「小さいですね!(笑)」と、私が思わず声を上げると、「そうなんですよ!(笑)」と、返ってきた。

 「ここに来てもらえれば、廃校跡地にできた『山の宝』シリーズを製造した工場が省スペースで可能で、使い勝手も良いことがわかってもらえます。さらに施設全体を運営するフクシマガリレイさんは飲食産業のプロ。工場を検討したいとなったら、全国どこでも一から相談に乗るチームが動けます。弊社もゼロから缶詰ラボを作り、提携工場をプロデュースしてきたノウハウを提供して、売れる商品づくりに協力します」

 “たった3畳”の製造能力は1日当たり500缶。「1000円の缶詰なら1日50万円」と、とっさに計算しながら、井上さんが言い続けてきた「小さな缶詰工場のネットワークを全国に」という言葉の裏付けがとてもしっかりしたものになっていると感じた。

 「缶詰の設備やメンテナンスは決して安いものではないですが、

 個々の工場は小さな存在でも、多くつながるとスケールメリットが生まれます。設備に必要な機械やメンテナンス、缶詰の空き缶、様々な備品など、個別に注文すれば高くつく業務用製品が、仲間と一緒に大量発注すると割安になり経営が楽になる。そこがネットワークの第一のメリットです」

 続く第二のメリットは、ITのシステム開発者だった井上さんの真骨頂でもあった。

東京・日本橋に設置されているカンナチュールの缶詰の自動販売機(写真撮影は高下義弘)
[画像のクリックで拡大表示]

 「工場をECサイトや店舗、自動販売機などを含む弊社のITネットワークにつなげば、全工場の缶詰の製造状況や売り上げに関するデータを常に収集、分析できます。ある商品が、どの時期に、どの場所で、どのターゲットに売れているか?リピート客は何割か?メディア露出は効果があったのか?といった数字を把握して、ネットワーク内で共有、より効果の高いデータマーケティングが実施可能となっています」

 先に井上さんが触れた自動販売機とは、缶詰の自動販売機である。「ユニークなビジネスモデル」と井上さんが自負するそれは現在東京・日本橋に1ヵ所のみ。しかし今年は200台の展開が決まっており、3月下旬から徐々に設置数を増やす予定。「1000台、最終的には国内1万台を目標にしています」と井上さんは目標を掲げる。

 全国の小さな缶詰工場がつながることで大きくしなやかなネットワークが生まれ、その連携とスケールメリットが各地の高付加価値なビジネスを可能とする。衰退する全国の地域コミュニティが缶詰で再生し、各地の食文化も未来につながる。

 「廃校を利用した工場だったら、余っている教室を利用して、地元の美味しいものを食べさせる食堂と缶詰ショップ、ゲストハウスがあってもいいですよね。そうすれば缶詰工場が観光の拠点にもなる。雇用も生まれるし、若い人も戻ってきやすくなる」

 いま井上さんは全国に300ヵ所の缶詰工場を目標としている。300ヵ所の生産拠点であり、300ヵ所のマイクロコミュニティ。それらがネットワークでつながるのだ。そこに広がる新しい風景を早く見てみたい。

(トップ画像の提供元はカンブライト)

著者 須田泰成(すだ・やすなり)
1968年、大阪生まれ。コメディライター&プロデューサー。テレビ、ラジオ、WEBの番組やコンテンツの脚本、構成、プロデュース多数。「スローコメディ広告社」代表。20歳の時に世田谷区経堂へ。2000年に、経堂の個人店と文化を活性化するプロジェクト「経堂系ドットコム」を立ち上げる。WEB「みんなの缶詰新聞」編集長。「経堂経済新聞」編集長。著者に『モンティパイソン大全』など。