2013年、香川小児病院と善通寺病院が統合されて誕生した「四国こどもとおとなの医療センター」(香川県善通寺市)。院内のそこかしこにさまざまなカタチのアートが施され、患者さん、ご家族、医療関係者、病院スタッフたちを取り巻いている。アートはその場にいる人々の心を癒やすだけではない。さまざまな問題を解決する手段でもあるのだった。キーワードは「痛み」。同院でホスピタルアートディレクターを務める森合音さんに聞く。

(前編はこちら

四国こどもとおとなの医療センター

 地元の人から“こんぴらさん”の愛称で親しまれる金比羅宮のある琴平山を背景に建つ「四国こどもとおとなの医療センター」。外壁には青、オレンジ、緑と色鮮やかな木々がデザインされ、訪れる人の目を楽しませてくれる。

 駐車場から院内に至るストロークの植え込みには可愛らしい「こびとの家」が置かれ、1階ロビーではなんとも形容し難いデザインの「からくり時計」が出迎えてくれる。

 大小さまざまなアートが散りばめられた院内。歩くだけで心が浮き立ってくるようだ。それぞれを企画、プロデュースする森合音さんは笑ってこう言う。

 「あの、いちおう名刺には『ホスピタルアートディレクター』って書いてるんですけど、昔からそういう職業があったわけじゃなくて、私が医療現場の方々の要望にお応えしながら仕事をさせていただくうちにだんだん形になってきた職業なのです」(以下「」内は全て森さん)

 と、なんとなく漠然とした職業だが、病院内のアートのことにおよぶと、「ホスピタルアートディレクター」がどういった仕事であるのか、そして彼女がなぜそれを名乗っているのかがすぐに分かってきた。

はじまりは「楠の壁画」だった

 「きっかけは当病院の前身となる『香川小児病院』の廊下の壁に、壁画製作をプロデュースしたことでした。2009年の春。今からちょうど10年前のことでした。当時の中川義信院長(現名誉院長)と別の件でお話をしているときに、病院内の『小児思春期病棟』の壁に汚れやキズが目立ってきたので、そこに絵を描いてくれないか、という話になったのです」

森合音さん。アートの道具がいっぱいに広がる病院内の森さんの部屋で

 当時、森さんは写真家として活動しており、また病院に写真や絵画、音楽の演奏などさまざまなアートを届けるNPO法人の一員でもあった。

 「院長が言われたその壁は、確かに『痛み』だらけだったのです」

 そこは心を病んだ子どもたちのための病棟だった。汚れやキズが森さんの目には「痛み」として映った。

 「壁画を製作するのだけど、ただ作家さんに来てもらって描くだけじゃなくて、患者さんもご家族も病院のスタッフたちも、さらに地域のボランティアの方々にも参加してもらって、ゆっくり時間をかけ、完成させるというスタイルを企画したのです」

 香川小児病院、児童思春期病棟の「楠の壁画」は企画がスタートしてから半年後に完成した。

 「経験がない人でも、下絵があって、そこに『この三色から好きな色を選んで塗りつぶしてください』とお願いすればストレスなく参加できます。みんなで力を合わせて、時間をかけてひとつのアートを育む。今でもこのスタイルを踏襲しています」

 それまではキズや汚れだらけの壁だったが、壁画完成後はそこを傷つけたり汚したりする者はいなくなったという。

 「自分たちの手で完成させたという思いが、大切にしなければという気持ちにつながったのかもしれません」

 汚れやキズという「痛み」がアートによって癒やされたということだろう。

アートの力を届ける仕事

 「そこは病院内の1階の病棟の壁だったのですが、2階の病棟を担当する看護師長さんが『こっちの壁もやってもらいたい』ということで院長に直談判して予算を確保し、二作目もすぐに製作がスタートしました。そういう感じでホスピタルアートの活動の種が芽吹いていったのです」

 「私たちのアートな活動はいつも『痛み』からスタートします」と森さんは言う。壁の汚れやキズを「痛み」と見た森さんの直感はいったい何に由来するのか。

 「私自身、アートはセルフ・カウセリング以外の何モノでもないんです」

 17年前に夫を亡くした森さんは、その痛みを和らげるために、学生時代に取り組んでいた写真に再び没頭した。撮りためた作品が認められ、写真家としての道がひらけた。そうした経験がアートの持つ癒やしの力を病院に届ける活動へとつながったのだった。

リハビリ室前の廊下に光のアート

 この壁が殺風景で寂しい。屋上が雑草だらけになっている。エレベーターまでの道順がわかりにくい。芝生が踏み荒らされて困る。

 これらは全て「痛み」だ。森さんはこれらをアートで解決する。

 「ここにはこの絵とか、あそこにはこのオブジェとかって、私がひとりで決めるわけではありません。まずは『痛み』という問題があって、それがどういったものなのかをヒヤリングし、最適なアートをみんなで考えて、みんなで作っていく」

 最新作はリハビリ室前の廊下だ。

 「リハビリ室に続く廊下ですから、歩行訓練などにも使われます。でもすごく殺風景で寂しい。あと、歩行訓練のときに目印になるようなものがない。なにかあれば『ほら、あの絵のところまで歩いてみましょう』みたいなことができるんですけどね」

 これら「痛み」を解決するために、まずはヒヤリングだ。

 「担当の部長さんは『リハビリ室内にも絵が欲しい』ということだったんですけど、現場の方々の話を聞くと、『カードやブロックなどを使って行うリハビリもある。集中力が必要なので、それを妨げるようなものは室内にはないほうがいい』ということがわかってきました」

リハビリ室に続く廊下に描かれたGOMA氏による光の絵。細かい色の粒でできている

 結果、壁画は廊下だけとなった。デザインを担当する作家は、画家で音楽家のGOMA氏。自動車事故で高次脳機能障害となったアーティストだ。ただ、はじめからGOMA氏に製作を依頼することが決まっていたわけではない。「たまたまご縁があったので」と森さん。そうした偶然、自然の繋がりを大切にしているのだという。

 「アートって往々にして計算外のところから生まれるものですから(笑)」