人がより幸せに暮らし、より幸せに働くためには、何が必要だろうか。「何をするか」「誰とするか」「どこでするか」という3つの観点から、地域固有の魅力を捉える「地域資本主義」を提唱しているのが、鎌倉に本社を置くIT企業・面白法人カヤックだ。カヤックが唱える地域資本主義に耳を傾けながら、人、組織、地域の切っても切れない縁について探ってみよう。

 どんな人にも、どんな組織にも、活動の場所は必要だ。人が幸せに暮らし、働くためには、地域と人・組織との間にどのような関係性があるのか、それを見定めることが欠かせない。

 コンテンツ開発企業として創業から22年目を迎え、上場企業として唯一、神奈川県鎌倉市に本社を置く面白法人カヤック。その名に冠した「面白コンテンツ」づくりが主要事業。これまでのコンテンツづくりで、数々のクリエイティブ賞を受賞してきた。

 最近話題を呼んだのは、2019年3~9月に横浜市で開催した「うんこミュージアム」だ(アカツキライブエンターテインメントと共同企画)。パステルカラーの巨大なうんこ型オブジェを配置し、楽しめる空間を演出。これにより当初計画の2倍以上を動員したという。2019年8月には東京・台場のダイバーシティ東京内に第2弾となる施設を開設。2020年春頃までに35万人の集客をめざす。なお2019年10月には中国・上海にもオープンした。

カヤックが横浜市で開催した「うんこミュージアム」。パステルカラーのうんこ型オブジェを各所に配置した(写真提供:カヤック)

 観光地として有名な鎌倉にカヤックが本社を置いたのは2002年のこと。創業メンバー3人が学生時代から好きだった場所とのこと。そのような「好き」を追求している企業が株式市場にまで上場したところも興味深い。

 そんなカヤックは2018年11月に書籍『鎌倉資本主義』(発行・プレジデント社)を出版。地元・鎌倉のコミュニティーと共に、新しい価値の捉え方を提示した。従来の金銭的・物質的な価値を見る「地域経済資本」に加え、人のつながりに着目する「地域社会資本」、土地の文化や自然を評価する「地域環境資本」。これら3つを“資本”と捉え、総合的に評価しようという考え方だ。

鎌倉は東京・品川駅からJRで約50分。海と山に囲まれ、観光地としても住宅地としても有名だ。写真は鎌倉から徒歩15分程度の距離にある由比ヶ浜(写真:筆者)

 その「鎌倉資本主義」を2019年には「地域資本主義」とし、日本全国に展開できるユニバーサルな考え方として、世に問おうとしている。

 カヤックは鎌倉という地で何を得たのか。恩恵をどう還元しようとしているのか。そして、自らが唱える「鎌倉資本主義」「地域資本主義」をどのように具現化しようとしているのか。創業メンバーの1人、代表取締役CEO・柳澤大輔氏の声に耳を傾けながら、人を幸せにする組織や地域のあり方を探る。

柳澤大輔(やなさわ・だいすけ)
面白法人カヤック 代表取締役CEO。1998年、面白法人カヤック設立。鎌倉に本社を置き、ゲームアプリ、各種キャンペーンアプリやWebサイトなどのコンテンツを数多く発信。さまざまなWeb広告賞で審査員を務める。ユニークな人事制度やワークスタイルなど新しい会社のスタイルに挑戦中。2018年11月、地域から新たな資本主義を考える『鎌倉資本主義』(プレジデント社)を上梓。2019年12月からまちづくりに関わる人のためのオンラインサロン「地域資本主義サロン」を開設。