人類が初めて月面に降り立ってから、すでに半世紀が過ぎた。かつては宇宙開発といえば国家規模で行われる事業だったが、近年では民間企業の参入が著しい。いまやロケットや人工衛星の製造・打ち上げに関わる産業に留まらず、さまざまな宇宙ビジネスが民間企業から生まれようとしている。その宇宙産業を支えながらまちづくりを進めているのが、北海道の大樹(たいき)町である。めざすは、多くの航空宇宙関連企業が集積する「宇宙版シリコンバレー」の中心となるスペースポートの開設だ。

 大樹町は広大な十勝平野の南西部に位置し、西は日高山脈に由来する山岳地帯に、東の平地は太平洋に接している。町の面積は815km2で、大阪市(225 km2)の3.5倍以上あり、ここに5445人(2020年7月末現在)が住んでいる。基幹産業として酪農および漁業が営まれている。

ロケットの打ち上げに適した地形と気候

 そもそも、なぜ大樹町が宇宙のまちづくりをめざすようになったのか。そこには、太平洋に面し、東側と南側に海が開けているという大樹町の地形が大きく影響している。通常、静止軌道に向かって人工衛星を投入する場合、より少ないエネルギーで静止軌道に到達させるには、低緯度地点から真東方向へロケットを打ち上げる。また、地球全域を観測する太陽同期軌道に人工衛星を投入する場合は、ロケットの発射方位角を南南西に取ることが望ましいとされている。

 鹿児島県の種子島や内之浦にあるロケットの射場は、どちらも真東への打ち上げは可能だが、太陽同期軌道へ打ち上げる際は打ち上げ後の軌道修正に大きなエネルギーを要するという。一方、十勝平野の南西部に位置する大樹町は、静止軌道に向かっては真東にロケットを打ち上げられ、太陽同期軌道に向かっても既存の射場よりも少ないエネルギーでロケットを軌道に乗せられる。

 大樹町の企画商工課航空宇宙推進室推進係の西尾真也係長は、「これらの条件に加えて、大樹町の太平洋側は平坦な土地が続いていることから、今後規模を拡張する際にも活用しやすいだろう。気候の面からも年間を通じて晴天が多くて風は弱く、落雷も少ない。さらに、冬季でも雪が比較的少ないことから、日本でロケットを打ち上げるにあたって、とても適した条件を持っている」と話す。

太平洋に面し、東側と南側に向けてロケットの打ち上げが可能な大樹町多目的航空公園(写真提供:大樹町)
太平洋に面し、東側と南側に向けてロケットの打ち上げが可能な大樹町多目的航空公園(写真提供:大樹町)
[画像のクリックで拡大表示]

町長の夢から始まった30年を超える宇宙への取り組み

 ロケットの打ち上げに有利な場所として、大樹町に目が向けられたのは最近の話ではない。北海道東北開発公庫(現日本政策投資銀行)が1984年に北海道大規模航空宇宙産業基地構想を発表した際、当時の大樹町の野口武雄町長が「これからのまちづくりには夢が必要だ」と訴え、鹿児島県の種子島・内之浦に次ぐ国内3番目のロケット射場の候補地として手を挙げたことが始まりだった。

 最初は町民も半信半疑だったというが、町長のリーダーシップによる積極的な誘致活動の結果、1987年には北海道新長期総合計画の戦略プロジェクトの一つとして「北海道航空宇宙産業基地構想」が組み込まれ、大樹町が候補地として選ばれた。翌年の1988年に「大樹スペース研究会」が設立され、実際に宇宙に関わるさまざまな取り組みが始まった。大樹町における「宇宙のまちづくり」への取り組みは、すでに30年を超える歴史がある。

 1995年には航空宇宙産業基地構想実現への第一歩として大樹町多目的航空公園が竣工し、土を押し固めた転圧滑走路が1km×30mの規模で整備された。この滑走路は1998年に舗装化され、国産旅客機のYS-11が離発着できる過重まで耐えうる構造となり、幅広い利用が可能になった。2003年には、航空宇宙技術研究所及び情報通信研究機構によって、管制棟や格納庫などが大樹町多目的航空公園内に整備された。

 2004年の成層圏プラットフォーム定点滞空飛行の実験では全長68mの飛行船を高度約4kmの上空に常駐させて通信を行う試験を行っている。これが、大樹町におけるJAXA(宇宙航空研究開発機構)との本格的な実験の始まりとなった(成層圏プラットフォーム定点滞空飛行の最終目標は、全長250mの飛行船を高度20kmに浮遊させて衛星などとの通信に利用すること)。その後、大樹町とJAXAは2008年に連携協力協定を締結。多目的航空公園内のJAXA所有施設を大樹航空宇宙実験場として、大気球を用いた宇宙科学実験も始まった。「これらを機に、JAXAの多くの実験が大樹町で実施されることになった」(西尾氏)。

大樹町多目的航空公園内に整備されているJAXA大樹航空宇宙実験場の施設。左から、飛行管制棟、格納庫、大気球指令管制棟(撮影:元田光一)
大樹町多目的航空公園内に整備されているJAXA大樹航空宇宙実験場の施設。左から、飛行管制棟、格納庫、大気球指令管制棟(撮影:元田光一)
[画像のクリックで拡大表示]