ソニーコーポレートサービス(現ソニーピープルソリューションズ)とNTTファシリティーズが、2019年10月に設立したNSFエンゲージメント。「日本の総務を再定義する」をミッションに、仕事を支える幅広いサービスを提供する同社のオフィスは「Engagement Lab」と名付けられ、新たなオフィスの姿を模索し実践する場として活用されている。ここではそのコンセプトやユニークな取り組みの内容について、同社 ビジネス部門 クリエイティブセンター チーフプロデューサーの高野昌幸氏と「Engagement Lab」のプロジェクトリーダーを務めたビジネス部門 ワークプレイスソリューション部 オフィス企画課の三成厚志氏に話を聞いた。

オフィス研究所×オフィス業界のショールーム=Engagement Lab

まずは「Engagement Lab(エンゲージメントラボ)」と名付けられた貴社のオフィスのコンセプトを教えていただけますか?

NSFエンゲージメント
ビジネス部門
ワークプレイスソリューション部
オフィス企画課
三成 厚志氏

三成氏「社員・顧客・バートナーをエンゲージメントする」×「働く場の新しいスタンダードを生み出す」──これが「Engagement Lab」のコンセプトです。当社の本社機能にショールーム機能を持たせており、パートナー企業と開発したソリューションやサービスを活用したオフィスや、そこで私たちが働く様子をお客様に見ていただけるようになっています。また、私たち自身が、ソリューションやサービスを使うことで、ユーザーの視点で評価や開発を行う実験場としての役割もあるのです。例えば、現在、次世代のセキュリティソリューションとして開発中の「顔認証空間セキュリティ」なども、実際のオフィスを使って試験を行っています。

オフィス内のデザインは、シンプルにまとまっている印象ですね。

三成氏デザインのキーワードは「ニュートラルデザイン」です。装飾を省き、什器などもシンプルで本質的に美しいもの、機能的なもの、必要なものを採用することで、このオフィスがめざしている本質をカタチにしています。

それは何か意図があるのですか?

三成氏私たちは、社会情勢やビジネス環境の変化に柔軟に対応できる「スーパーフレキシブル」という考え方が、これからのワークプレイスに求められていくと考えています。あえて色をつけない、トレンドに左右されないニュートラルなデザインは、そのような柔軟性を持たせるための工夫の一つでもあります。

色をつけないニュートラルなデザインの什器。収納していてもお洒落に見えるよう工夫が凝らされている
[画像のクリックで拡大表示]
NSFエンゲージメント
ビジネス部門
クリエイティブセンター
チーフプロデューサー
高野 昌幸氏

高野氏当社は「日本の総務を再定義する」ことをミッションに掲げていますが、それを実現するためにも、提供するソリューションやサービスは、一部の限られた企業が使えるものではいけません。そこで、ショールームとしての役割もある「Engagement Lab」作りにあたっては、一般的な日本企業が真似できるように予算を「坪40万円以下」に設定。天井や床、壁は入居時のままにするなど、コストを最小限にする工夫が至るところに施されています。例えばオフィス内に部屋をつくるにしても、大掛かりな工事を行わずにスチールラックやロッカーをそのまま仕切りに使うことで対応しています。