2019年10月、ソニーコーポレートサービス(現ソニーピープルソリューションズ)とNTTファシリティーズの合弁会社として誕生したNSFエンゲージメントは、ソニーグループの業務で培った総務・ファシリティマネジメントのノウハウと、NTTファシリティ-ズの統合ファシリティサービスを組み合わせ、先進のソリューションとサービスを提供している注目の企業だ。そんな同社の事業内容や強みについて、NSFエンゲージメントのビジネス部門 クリエイティブセンター チーフプロデューサーを務める高野昌幸氏に話を聞いた。(前回の記事はこちら

戦略総務を日本企業に根付かせるためにノウハウを世の中に発信

まずは貴社の事業内容について教えてください。

NSFエンゲージメント
ビジネス部門
クリエイティブセンター
チーフプロデューサー
高野 昌幸氏

高野氏当社の社名にある「NSFエンゲージメント」は「New Standards For Engagement」の略。「エンゲージメントの新しいスタンダードを作る」というコンセプトを社名にしています。そして、このコンセプトを実現するために、「日本の総務を再定義する」ことをミッションに、「場から人をエンゲージメントする」をビジョンに掲げ、オフィスや研究開発・製造の現場など、様々な働く場に対する、ワークプレイスとそのサービスの戦略・企画・構築・運用をワンストップで提供しています。

具体的には、どのようなサービスを展開しているのでしょうか?

高野氏ワークプレイスや建物・ファシリティ、環境・エネルギーの戦略から構築・運営までのトータルソリューション、ビジネスと社員をサポートする総務サービスの他、社員食堂やカフェの運営、イベントの企画・運営といったコミュニティデザイン、出張に関する各種サービスや社員向けの保険ソリューション、防災だけでなく新型コロナウイルス対策でも重要性が高まるリスクマネジメントなど、幅広く展開しています。また、単純にサービスを提供するだけではなく、経営戦略を実現するための課題抽出やコンセプトメイキングも行っています。経営戦略を実現するためのワークプレイスやサービス、運営の方向性と具体策を提案できることも私たちの特徴の一つです。

NSFエンゲージメントの主なサービス
[画像のクリックで拡大表示]

総務を軸に戦略から運営まで支援するということですね。

高野氏オフィスの構築費や賃料、サービス費など、総務が扱う費用は、企業にとってたいへん大きなものです。こうした総務のリソースを経営戦略の実現に活用することは、企業の持続的な成長にとって重要な取り組みです。そこで私たちは「人」や「お金」といった資産の価値を最大化させるソリューションの提供と併せて、経営課題解決に資する提案を行いますが、私たちは運営も含めた支援を行うため、現場の課題を吸い上げることも、経営の意思を現場に落とし込むことも可能。つまり、企業の方向性を考えながら、社員にとって働きやすく、働きたくなるような場を創っていけるのです。このような総務のカタチを表す「戦略総務」という言葉は10年以上前からありますが、日本企業にはあまり根付いていないのが現実です。ですから、私たちがソニーの総務業務を戦略的に実践し、その経験で培ったノウハウを活かして、総務の新しい業務標準を創り出していくことは、社会的にも非常に意義のあることだと考えています。

経営戦略の現場への落とし込みから、社員にとって働きがいのある場を創るための運営までを総合的に支援
[画像のクリックで拡大表示]