街づくりに貢献する、場づくりを展開していくために

貴社は、ソニーコーポレートサービス(現ソニーピープルソリューションズ)と、NTTファシリティーズが設立した合弁会社として誕生しましたが、NTTファシリティーズとパートナーシップを結ぶに至った経緯について教えてください。

高野氏コロナ禍の前から既に、働き方が柔軟になり、多様化が進む中で、ワークプレイスの在り方が変化していました。将来、リアルに集い働くということが減っていくのは明らかで、私たちがソニーグループという枠組みの中だけで活動していては、企業として新たなチャレンジを行うことが難しくなっていくと考えていました。そこで事業の対象をグループ外にも向けることにし、それを実現するには、どのような企業と組むべきかと模索する中で、数多くの通信施設やオフィスビルなどを手掛けるNTTファシリティーズと出会いました。NTTファシリティーズやNTT都市開発を両輪としてNTTアーバンソリューションズグループでは、地域の課題を解決するための新たな「街づくり」の取り組みがスタートしています。そこに私たちが加わることで、“街づくり”と“建物づくり”に、そこで働く人への“場づくり”という3つの要素が揃う理想的な環境が構築できる訳ですから、これほど魅力的なことはありませんよね。

 実際に、現在(2020年9月)、NTT都市開発と大成建設が福岡市で開発を進めている「(仮称)博多駅東一丁目開発」計画に私たちNSFエンゲージメントも参加しています。具体的には、1階にある「スモールオフィス」部分を担当していて、ニューノーマルを見据えた、より柔軟な働き方や企業のニーズに対応できる新しいコンセプトの働く場づくりをめざしています。今後も“場をつくる”という部分で街づくりに参画し、さらに世の中に貢献していきたいと考えています。

「(仮称)博多駅東一丁目開発」施設1階のイメージ。多様な働き方に対応したスモールオフィスを計画中。(※今後の関係官庁との協議等により計画に変更が生じる場合があります)
「(仮称)博多駅東一丁目開発」施設1階のイメージ。多様な働き方に対応したスモールオフィスを計画中。(※今後の関係官庁との協議等により計画に変更が生じる場合があります)
[画像のクリックで拡大表示]