通りすがりの人々が、次々に足を止めていく場所がある。店先には「未来へお手紙書けます」と書かれた看板や、これでもかと色とりどりのチョークで書き込まれた黒板が置かれ、ものめずらしい雰囲気満載。そこは、台東区・蔵前にある「自由丁」というお店だ。モノづくりの町・蔵前なのに、モノを販売している気配はない。ここは、いったいどんな店なのだろう。自由丁を運営するFREEMONTの代表取締役であり、店舗のオーナーでもある小山将平さんにお話を伺った。

日々の節目や転機に、心ゆくまで悩むって大事

 もともと、1年後の自分にメールを送ることのできる無料のWEBサービス『TOMOSHIBI POST』を展開していた小山さん。サービス内容を充実させていくなかで、「自分のやりたいことは場所があってこそ完成する」と思うようになり、1年後の自分にリアルな手紙を送ることのできる『自由丁』を2019年8月にオープンさせた。

「誰にでも人生の節目や転機があります。誕生日や結婚記念日、卒業、転勤や出産など、そういうタイミングで、人は自分の素直な気持ちと向き合うことが必要なんじゃないか。あるいは向き合いたいと自然に思うのではないか。『TOMOSHIBI POST』はそうした時間を、自分にメールを書くという形で叶えたサービスです。ただメールは便利だけれども、どこか心許ない。そういう大切な時間を過ごしてもらえる『場』で、自分自身がみんなの存在を確認したい。そんな気持ちがあって実店舗をつくることにしました」(小山さん以下同)

お客さんや通りすがりの人たちに書いてもらった言葉でびっしりの黒板。「ほんとはわたし、、、がしたい」というのが本来のお題なのだが、もはやそれもわからない
[画像のクリックで拡大表示]
お客さんや通りすがりの人たちに書いてもらった言葉でびっしりの黒板。「ほんとはわたし、、、がしたい」というのが本来のお題なのだが、もはやそれもわからない
[画像のクリックで拡大表示]
お客さんや通りすがりの人たちに書いてもらった言葉でびっしりの黒板。「ほんとはわたし、、、がしたい」というのが本来のお題なのだが、もはやそれもわからない

 WEBならともかく、わざわざこの場所に来て手紙を書くというサービスが、誰かに必要とされるのか。当初は不安もあったそうだが、徐々に知られるようになり、今では思っていたとおり、節目の自分に何かを書き残したい人が訪れるようになってきたという。取材中も、一人の女性が訪れた。「今度、大阪から東京に引っ越すので、そんな自分を応援したくて」と話す彼女は、まったくの通りすがりで、自分に手紙を書けるならと戸を開けたとのこと。手紙は人を惹きつける何かがあるに違いない。

手紙を書くときは880円、それ以外の目的で場所を利用する場合は2時間で550円の料金がかかる
手紙を書くときは880円、それ以外の目的で場所を利用する場合は2時間で550円の料金がかかる
[画像のクリックで拡大表示]

未来も、過去も、やさしく灯す手紙

 手紙を書くお客さんは、まず受付で支払いを済ます。するとバインダーに止められた白い紙1枚とレターセットが渡される。白い紙は下書きに使っても、絵を描いて封筒に一緒に入れてもいい。手紙を書き終えたら、その場で封をして、自分への宛名を手書きし、自由丁スタッフに渡すと1年間保管され、1年後に届くよう投函される。レターセットは購入して持ち帰ったり、オンラインショップでも入手できる。

自由丁オリジナルのレターセット『TOMOSHIBI LETTER』
[画像のクリックで拡大表示]
滞在する人に渡している白紙のメモ・自由帳
[画像のクリックで拡大表示]
さまざまなタイプ・色のペンで思い思いの手紙を
[画像のクリックで拡大表示]
自由帳には全力で絵を描いていく人も多いとか
[画像のクリックで拡大表示]
(左上)自由丁オリジナルのレターセット『TOMOSHIBI LETTER』
(右上)滞在する人に渡している白紙のメモ・自由帳
(左下)さまざまなタイプ・色のペンで思い思いの手紙を
(右下)自由帳には全力で絵を描いていく人も多いとか

 自由丁に来たお客さんが何を自分自身に書き残していったのか。それは小山さんでも知ることはできない。

「大体の人は、1年後の今日、手紙が届くということを忘れています。思ってもみなかったときに、過去の自分から手紙が届く。最近、手紙を受け取る機会が少ない上に、自分からの手紙です。不思議と嬉しいし、励まされます」

匿名で店内に展示されている『TORCH LETTER』
匿名で店内に展示されている『TORCH LETTER』
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに自由丁では、過去の自分にも手紙を書くことができる『TORCH LETTER』というサービスがある。ただ、読み手は過去の自分ではない。過去の自分に宛てた手紙を、匿名で自由丁やWEB上で公開し、悩みや生きづらさを抱えている人に自由に読んでもらうサービスだ。

「未来の自分への手紙は、自分以外の人をしあわせにはできません。でも苦い過去も肯定してあげられる今の自分が過去の自分に向けて書いた手紙なら、ほかの誰かが読んでも、背中を少し押してもらえるんじゃないかと思ったんです」