TOPNetwork > 豪・NZで無線LAN市場が拡大、ベンダー別ではCiscoが首...

Network

豪・NZで無線LAN市場が拡大、ベンダー別ではCiscoが首位

2013/10/23

Brian Karlovsky ARN

 米市場調査会社IDCは2013年10月21日、オーストラリアとニュージーランドにおける2013年4~6月期の無線LAN機器市場に関する調査結果を発表した。それによると、同市場は3四半期連続で拡大した。コンシューマー分野のスマートフォンの伸びが1つの要因となっている。

 IDCは、無線接続のニーズが大きく高まっている背景として、ソーシャルネットワーキング、リッチメディア、音声、動画などの通信の増加を挙げている。

 市場区分別で見ると、エンタープライズ分野の割合が依然として最も大きいものの、前年同期比の伸び率はコンシューマー分野の方が上だった。家庭で利用するデバイスが増え、コンシューマー向けの無線ルーターの販売が伸びたことによるものだ。

 IDCのアナリスト、Tafadzwa Marasha氏によると、2013年末までで、この地域のタブレット端末の台数は前年比37%増、スマートフォンは同6.5%増となる見通しだという。

↑ページ先頭へ