TOPIndustries > DVDレンタル大手の米Blockbuster、直営店舗を来年...

Industries

DVDレンタル大手の米Blockbuster、直営店舗を来年初頭ですべて閉店

2013/11/08

Jared Newman TechHive

 衛星テレビサービスの米DISH Networkは現地時間2013年11月6日、傘下のDVDレンタルチェーンBlockbusterが米国内で営業している直営店舗300店を2014年1月初頭までにすべて閉店することを発表した。また、DVD宅配レンタルサービスも12月中旬で終了する。これで、BlockbusterのDVDレンタル事業は終焉を迎える。

 DISHの社長でCEO(最高経営責任者)のJoseph P. Clayton氏はプレスリリースの中で、「簡単な決断ではなかったが、消費者のニーズがビデオエンターテインメントのデジタル配信へと移りつつあることは明らかだ」と述べている。

 同社は、Blockbusterのブランド名を使ったビデオサービスは引き続き提供する。同社の衛星テレビ放送の加入者には、有料のオプションサービスとして「Blockbuster @Home」がある。15以上の映画チャンネルを視聴でき、他のデバイスへもストリーミングできるというものだ。衛星放送の加入者以外には、ストリーミング配信サービス「Blockbuster On Demand」があり、パソコン、タブレット端末、スマートフォン、ストリーミングプレーヤー「Roku」などのデバイスで映画を見ることができる。

 また、Blockbusterの名を冠した店舗も完全に消え去るわけではない。DISHの発表によると、国内外のフランチャイズ店やライセンス店は営業を続ける。こうした店舗が米国内に何店あるかは定かではない。

↑ページ先頭へ