TOPマネジメント > ITインフラ/オペレーション担当の優秀な人材を確保するには(...

マネジメント

ITインフラ/オペレーション担当の優秀な人材を確保するには(後)

2014/01/17

Sharon Florentine CIO

 インフラとオペレーション(I&O)を担う人材は、企業にとって特に重要な資産であり、金銭的投資という面でも非常に大きな存在だと、米Gartnerでインフラ/オペレーション担当の調査ディレクターを務めるJohn Rivard氏は言う。

 Facebook、LinkedIn、Glassdoor、Twitterなどのソーシャルメディアが持つ力を過小評価してはならないと、米Gartnerのインフラ/オペレーション担当の調査ディレクターJohn Rivard氏は助言する。ソーシャルメディアは人材獲得で最高の武器になることもある。

 「転職を考える社会人は、こうしたソーシャルネットワークをリソースとして利用している。会社側も活用を考えることが必要だ。優秀な人材はこうしたソーシャルネットワークを既に利用しており、既存社員への連絡にもソーシャルネットワークが使われている。調査によると、社員は2%の時間をLinkedInに割いているという」

 ソーシャルネットワークを利用すると、企業が接触できる範囲が広がる。そのうえ、優秀な人材が人員募集の話をソーシャルネットワークで広めてくれれば、同じような人材が集まる可能性も少なくない。

 また、獲得した人材のエンゲージメントを高め、ビジネスの発展に必要なスキルを身に付けさせるうえで、育成やスキルアップは鍵になると同氏は言う。技術的スキルだけでなく、リーダーシップや「サービスオーナー」のスキルについても、育成計画を定めることが必要だ。

 「既に見極めた優先順位の高いギャップを埋められるような位置付けの育成計画を定める必要があるが、技術スキルだけでなく、ビジネスマネジメントや財務のスキルに関するトレーニングも必要だ。I&OはIT予算の半分以上を占めるので、I&Oの責任者が財務管理に疎いというのは支障をきたす」

↑ページ先頭へ