TOPクラウド > クラウドコンピューティング、2014年の10大予想(下)

クラウド

クラウドコンピューティング、2014年の10大予想(下)

2014/01/31

Sharon Florentine、Thor Olavsrud CIO

 2014年は、クラウドコンピューティングに加え、モバイル、M2M(Machine to Machine)通信、ビッグデータ分析などの破壊的技術によって、企業の社員がいつでも利用できる情報が量と質の両面でますます向上し、より迅速かつ的確な意思決定が可能になると考えられる。2014年はクラウドにとってどのような1年になるのだろうか。10項目の予測にまとめてみた。

前回から続く)

7:クラウド上で複雑なソフトウエアをオンデマンドで開発できるようになる

 クラウド上でアプリケーションを素早く開発して導入する機能は既に実現されているが、2014年はテクノロジーの強化やレスポンスタイムの向上に力が注がれ、企業が必要とするリソースやテクノロジーをどこからでもオンデマンドで利用できる機能がいっそう強化されるとConsidine氏は話す。

 2014年は、これまで以上に価値が高いエンタープライズレベルの機能がクラウド上で提供され、より複雑なソフトウエアや開発部品をオンデマンドで利用できるようになると同氏は予測する。

 「2014年はその面で大きな前進があると見られる。きわめて複雑なアプリケーションや本格的なアプリケーションをクラウド上で開発できるようになる」

8:クラウド事業者がクラウドのさらなる拡充を図る

 モバイルやリッチメディアコンテンツが当たり前の存在となっている2014年は、増え続けるデータの保存、アクセス、分析をオンデマンドで行うことのできる場所としてクラウドが本領を発揮することになるとVerizonは予測する。顧客の獲得競争にさらされるクラウド事業者にとっては、ソフトウエアやサービスの拡充を図ることが重要事項の1つになると同社は指摘する。統合型の新たなクラウドサービスでは、固定ネットワークとモバイルネットワークのマッシュアップ、システムとアイデアとソリューションのマッシュアップ、人とモノのマッシュアップ、インテリジェンスと情報のマッシュアップが次第に実現されていくという。

↑ページ先頭へ