TOPマネジメント > 米国流の就職面接術、面接前後のポイントは(下)

マネジメント

米国流の就職面接術、面接前後のポイントは(下)

2014/02/21

Sharon Florentine CIO

 就職や転職の面接を受けるとき、特に重要なポイントは、面接室に足を踏み入れる前や、面接が終わった直後にこそ潜んでいる。面接で必要となる技術知識や対人スキルといった面の準備は各自にお任せするとして、この記事では、面接前後の勘所をうまく乗り切る方法について、いくつかのヒントをお伝えしよう。

前回から続く)

一挙一動が重要

 面接は、面接室で担当者と握手し、技能や経験について聞かれることからが始まりではない。車で面接に行った場合、駐車場に車を入れるところからが始まりだと就転職コンサルタントのRick Gillis氏は言う。

 「別の人が車を入れようとするのを阻止する形で自分が先に車を停めたら、その人が実は面接の担当者だった、というのが世の常だと思う」(Gillis氏)。会社の敷地内に入った瞬間からプロフェッショナルな言動を取るよう同氏は助言する。

 近場の駐車スペースを譲る。他の人のためにドアを手で押さえておく。駆け込んでくる社員のためにエレベーターの扉を開けておく。ほんの小さな行為が、好印象を与えることもあるとGillis氏は言う。

 「その場で接するどの人も、影響力を持つ人物である可能性がある。また、受付係は影の実力者だ。会社のお目付け役であり、CEOと同じくらい重要だ」(同氏)

↑ページ先頭へ