TOPHardware > Google Glassの表記に要注意、Googleがブラン...

Hardware

Google Glassの表記に要注意、Googleがブランディングガイドラインを公表

2014/02/20

Evan Dashevsky TechHive

 名前は常に「Glass」のみとする。「G」が大文字、「lass」が小文字。所有格や複数形にしてはならない。したがって、「Glass's timeline」や「Google Glasses」という言い方は誤りである――。これは、米Googleがメガネ型ウエアラブル端末「Glass」の開発者向けに公表したブランディングガイドラインからの抜粋だ。

 ブランディングはその性格上、細かいことにうるさい内容となるが、その重要度は高い。特に、まったく新しい技術基盤を世に出すとなるとなおさらだ。

 Glassが実際にウエアラブル端末として広く普及するとしたら、従来から存在する単語が特定の意味を持つ新たな用語として使われることになる。例えば、「timeline(タイムライン)」や「swipe(スワイプ)」、さらには「Glass」という言葉自体もそうだ。こうした単語の転用で混乱が生じることが考えられる。

 一般大衆がGlassについての意思疎通を的確に行えるよう、広く同意を得られる用語の使い方をGoogleが統制しておきたいと考えるのはうなずける。言葉は重要だ。

↑ページ先頭へ