TOPCloud > スーパーボウルでTwitter投稿数が新記録、Volkswa...

Cloud

スーパーボウルでTwitter投稿数が新記録、Volkswagenは作戦室を設置(後)

2014/02/27

Sharon Gaudin Computerworld

 現地時間2014年2月2日に開催されたNFL(米プロフットボールリーグ)の優勝決定戦「スーパーボウル」で、Twitterの投稿数が新記録を樹立した。しかし、ソーシャルメディアで高得点を狙う企業にとっては、厳しさの増す戦いとなった。

前回から続く)

 米Gabriel Consulting Groupのアナリスト、Dan Olds氏は、ソーシャルネットワークで存在感を発揮した企業は称賛に値すると話す。

 「これは賢明な戦略だ。視聴者の心に響くようなものを打ち出せれば、注目度という点で大きな成果につながる。これは即興コメディーの企業版だ。こうした技能を企業という立場で磨いている所はあまりないし、技能があっても評価の対象にはなりにくい。リアルタイムで面白い、あるいはリビングで見て面白いというのは、エンターテインメントで最も難しい技である。その意味で、企業の努力には敬意を表したい」

 ただし問題は、Volkswagenの投稿にOlds氏は気付かなかったという点だ。

 「ポテトチップスを食べるのに忙しくて見落としたのかもかもしれない。だが、今日の時点で動画を見てみても、なかなかよい出来だと思う。もしかしたら、Volkswagenは動画の宣伝が足りなかったのかもしれない」

↑ページ先頭へ