TOPNetwork > 香港のIT雇用市場、2014年は落ち着く見通し(後)

Network

香港のIT雇用市場、2014年は落ち着く見通し(後)

2014/03/06

Sheila Lam Computerworld Hong Kong

 香港では、2014年のIT分野の雇用は動きが落ち着くことになりそうだ。経済の成長が予想されているものの、Computerworld Hong KongとEnterprise Innovationが香港企業のIT幹部を対象に実施した調査によると、近く人員を採用する予定があるとした企業は21%にとどまり、2014年に新たな採用の予定はないとした企業が48%に上った。

前回から続く)

 米Googleは、香港にデータセンターを建設する計画を撤回したが、採用が活発な職種の分析レポートとして人材紹介会社Hays Hong Kongが公表している「Hays Quarterly Report」の2014年1~3月版によると、インフラ・プロジェクト・マネージャーに対するニーズは高い。

 同レポートは次のように述べている。「例年この時期は、転職者が増え、次のチャンスを求める。したがって、退職した人員の穴を埋めるために、この分野のプロフェッショナルに対するニーズが高まる。特に、プロジェクトの稼働が増える中、インフラ分野でのニーズが高まると予想される」

 また、同レポートは、データベース管理者の採用も活発化すると述べている。いくつかの多国籍企業で、複数のデータベースを一元化する大規模な統合プロジェクトが進行しているため、この分野の人材に対するニーズが生じているという。

↑ページ先頭へ