TOPWireless > iPhone一筋のユーザーがAndroidを試してみた(上)...

Wireless

iPhone一筋のユーザーがAndroidを試してみた(上)

2014/04/07

Kirk McElhearn Macworld.com

 筆者はこれまで数年にわたりiPhoneを使ってきたが、Androidにもずっと関心は抱いていた。今のiPhoneに不満があるからではなく、何か逃しているものがないかどうかを知りたいと思っていたのだ。友人のスマートフォンを見せてもらった時に、Androidがどのような感じなのかを目にしたことはある。Androidの購入に踏み切ったところから実際の使用感まで、筆者の体験を踏まえて紹介していく。

 筆者はスマートフォンやタブレットにかかる費用を考えると、軽くいじってみるためだけにAndroidデバイスを自ら購入するのは、割に合わないと考えていた。

 しかし、2013年11月に米Motorola Mobilityが発売したAndroidスマートフォン「Moto G」はかなりの低価格だ。この値段なら、自分も1台手に入れて、どれだけのものか試してみたいという気が沸き起こってきた。

購入とセットアップ

 筆者は英国在住で、Moto Gを130ポンド(約200ドル)で購入した。米国では179ドルで売っている。同機種のスペックについては、ここでは詳しくは触れない。アプリが動くスマートフォンである、という紹介にとどめておこう。

 ただ、仕様に関して1つだけ言及しておきたいのは、このモデルはストレージが8Gバイトしかなく、ユーザーが使える容量はそのうちの5.52Gバイトのみだということだ。残りの領域はAndroidのOSやアプリが占有している。筆者はこの端末で音楽の再生や動画の視聴を行わないので、この容量でも十分だが、これでは話にならないという人もいるかもしれない。(少しだけ値段は上がるが、Moto Gには16Gバイトのモデルもある)。

↑ページ先頭へ