TOPWireless > iPhone一筋のユーザーがAndroidを試してみた(下)...

Wireless

iPhone一筋のユーザーがAndroidを試してみた(下)

2014/04/11

Kirk McElhearn Macworld.com

 筆者はこれまで数年にわたりiPhoneを使ってきたが、Androidにもずっと関心は抱いていた。今のiPhoneに不満があるからではなく、何か逃しているものがないかどうかを知りたいと思っていたのだ。友人のスマートフォンを見せてもらった時に、Androidがどのような感じなのかを目にしたことはある。Androidの購入に踏み切ったところから実際の使用感まで、筆者の体験を踏まえて紹介していく。

前回から続く)

 入力:Androidには便利な入力機能が2つある。1つはスワイプ入力だ。キーボード上を指をなぞることで単語を入力できるというものである。筆者はまだコツをつかめていないが、この入力方法で非常に高速に入力している人たちを見たことがある。もう1つは、キーボードの上部に表示される入力候補だ。iOSのオートコンプリートに比べて入力がかなり速くなる。

 バンドルアプリ:iOSもAndroidもさまざまなアプリを標準装備している。Androidで、何か肝心なアプリが抜けていると思ったものはなかった。ただ、1つ気付いたことがある。Android 4.4 KitKatのクイックスタートガイドを見ていたところ、このガイドに出てくるアプリの中に、筆者のMoto Gには入っていないアプリや、バージョンが異なるアプリがあったのだ。こうした不一致は個別のデバイス次第だが、AndroidがiOSに負けている部分でもある。こうした断片化によって、自分のAndroidデバイスで何ができるのか、正確なところが分かりにくくなっている。ほとんどのアプリは、最近のデバイスならどれでも動作するものの、挙動が異なる場合や、まったく動作しない場合もある。また、クイックスタートガイドに出てくる設定の中には、筆者の端末で見当たらないものもいくつかあった。

↑ページ先頭へ