TOPソーシャル > SNSでキャリアを台無しにする6つの誤り(下)

ソーシャル

SNSでキャリアを台無しにする6つの誤り(下)

2014/05/16

Sharon Florentine CIO

誤り5:投稿の時間帯に問題がある

 よくある過ちの1つとしてStrikingly.comのChen氏が挙げるのは、ソーシャルメディア活動の時間帯だ。ネット上の投稿には時刻が明記されることが多いため、勤務時間内の投稿が常態化していないかどうか、勤務先や就職志望先の企業に簡単にばれてしまう。企業のポリシーによっては解雇の原因にもなり得ると同氏は指摘する。

 「規定に反して、勤務時間内にブログやFacebookへの投稿を行っていないだろうか。上司や底意地の悪い同僚にあっさり見つかって、戒告の対象となったり、人事部との面談に回されたりする可能性がある」

 Care.comのDuchesne氏は、投稿の時刻、内容、分量はどのあたりが適切なのかについて、勤務先の幹部たちの投稿を参考にして判断するとよいとアドバイスする。

誤り6:ネット上での第一印象が悪い

 勤務先や志望先が自分に対して抱く第一印象は、Google検索やソーシャルメディアで決まるとChen氏は言う。自分の名前で検索した時に、検索結果の上位数件の内容があまり好印象でない場合、印象を高める個人用Webサイトなどの新しいコンテンツを用意して、それが検索結果に表示されるようにする必要があると同氏は話す。

 「ネット上で自分が職業人としてどのような印象を与えているかを知りたければ、Google画像検索の結果を見てみるとよい。ここが社員や志望者として最大の落とし穴になることも少なくない。検索結果で真っ先に表示されるからだ」とChen氏は言う。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ