TOPHardware > Microsoft、Surfaceの新機種を発表か、5月20...

Hardware

Microsoft、Surfaceの新機種を発表か、5月20日のイベントをWebキャストで中継

2014/05/16

Gregg Keizer Computerworld

 米Microsoftは、タブレット端末「Surface」に関するイベントを現地時間2014年5月20日にニューヨークで開催する。このイベントについて同社は、Webキャストによる生中継を実施することを5月14日付けの公式ブログで明らかにした。同社が一大ニュースや複数の新機種を発表する可能性が高まったと言える。

 米東部時間の午前11時から始まるこの日のイベントは、会場に入れるのは招待者のみだ。しかしWebキャストにより、一般ユーザーやパートナー企業、ライバル企業に至るまで、プレゼンテーションの様子を生で知ることができる。WebキャストのURLは現地時間5月19日に発表される。

 同イベントの内容に関しては、画面サイズが7~8インチ程度の小型版のSurfaceを発表するというのがもっぱらの憶測だ。しかし、複数の新製品が登場するとの噂も持ち上がっている。そのきっかけは米Bloombergの報道だ。関係者から得た情報として、小型版の新機種に加え、米Intel製のプロセッサを搭載した別の機種も発表されると報じている。

 さらに、5月14日にいくつかのWindows系ブログで話題になったように、Microsoftのサポート情報ページの中で「Surface Pro 3」という製品名が一時見られたことも、こうした観測の根拠の1つになっている。

 現在のSurfaceシリーズのラインナップには、Windows RT搭載で2012年に登場した「Surface」(当初の名前は「Surface RT」)とその後継機の「Surface 2」、およびWindows 8.1搭載の「Surface Pro 2」がある。Surface Pro 2は、タブレットとしてもノートパソコンとしても使える「2-in-1」タイプで、Intelプロセッサを搭載している。Microsoftがこれら第2世代の機種を発表したのは2013年9月だった。

↑ページ先頭へ