TOPCloud > AppleのiCloudアプリがWindows Storeか...

Cloud

AppleのiCloudアプリがWindows Storeから入手可能に

2019/06/14

Leif Johnson PCWorld

 米Appleは、「iCloud for Windows」アプリの新版を6月11日にリリースしたが、ダウンロードのリンクは相変わらず同社サポートページの奥深くに埋もれている。だが、米MicrosoftとAppleが珍しく一致協力したおかげで、Windows 10ユーザーはこのAppleの公式アプリをWindows Storeから入手できる。

Credit: Apple

 Windows 10に最適化した新しいiCloud for Windowsは、見た目も機能もこれまでとあまり変わらないが、「Microsoft OneDrive」のファイルオンデマンド機能に使われているのと同じ技術を採用している。これにより、iCloudからファイルをパソコンにダウンロードしなくても、iCloud for Windowsを通じてiCloud上のファイルを開いて作業できる。変更内容は「iCloud Drive」に反映され、常に同期される。大抵の場合、これで時間とディスクスペースの両方を節約できる。

 iCloud for Windowsで実現できる最も基本的なことは、WindowsパソコンからiCloud上の写真やビデオ、メール、カレンダーといった大切なデータにアクセスできることだ。だが、WindowsパソコンとiPadやiPhoneを組み合わせて使っている人にとって、iCloud Driveをプロダクティビティーツールとして有効活用できるのはもっと意味が大きい。新版のiCloud for Windowsをインストールすれば、エクスプローラーから直接iCloud Driveにアクセスできるようになる(Appleのインタフェースだとしっくりしないので、アプリ経由ではなく、エクスプローラーからファイルにアクセスした方がよさそうだ)。

↑ページ先頭へ