TOPSoftware > Microsoft FlowとPowerAppsにAIを追加...

Software

Microsoft FlowとPowerAppsにAIを追加、エンドユーザーにアピール

2019/06/12

Mark Hachma PCWorld

 Microsoftは、Flowをさらにパワフルにしたツールと見なされるPowerAppsの売り込みにも拍車をかけ始めている。PowerAppsはAndroid版、iOS版、Web版があり、Microsoftは毎日のように、ユーザーにPowerAppsの使用を促している。

 PowerAppsの謳い文句に「ローコード/ノーコードのソリューション」という言葉がある。コードを書かずに、視覚的なアイコンを使って、様々な異なるデータをつなぎ合わせてコマンドを加え、アプリケーションにデータを処理させることができるという説明を言い換えたものだ。「我々は、Excelがスプレッドシートやテーブルに関して起こした開発の民主化を、PowerAppsも同様にもたらしてくれると期待している」と、Microsoftアプリケーションプラットフォーム担当ジェネラルマネージャーのCharles Lamanna氏は言う。

 当然ながら、MicrosoftはPowerAppsで利用できるデータソースを増やすことに関心を抱いているが、PowerAppsをよりシンプルでパワフルに使えるようにすることも重視している。今回リリースされたAI Builderにより、PowerAppsからAIや機械学習を利用できるようになる。

↑ページ先頭へ