TOPHardware > Raspberry Pi 4のUSB-C電源端子、一部のケー...

Hardware

Raspberry Pi 4のUSB-C電源端子、一部のケーブルでは給電できず

2019/07/12

Brad Chacos PCWorld

 またLeung氏は、製品の発売前にRaspberry Piの開発チームがeMarker内蔵ケーブルをテストすべきだったという点も指摘している。MacBookの充電器は決して珍しい存在ではない。「Raspberry Piよ。君ならもっとできるはずだ。USB-C準拠となれるよう、できるだけ早く設計を正すことを、ぜひとも願いたい」と同氏は結んでいる。

 幸い、問題の修正は既に進んでいるようだ。TechRepublicによると、英Raspberry Pi Foundationの創設者、Eben Upton氏は、今後のリビジョンの製品で問題を修正すると説明している。また、Ars Technicaによると、Raspberry Piの広報担当者は、USB-Cの仕様に準拠したリビジョンの製品は数カ月以内に登場すると話している。

 Raspberry Pi 4を既に購入した人は、eMarker内蔵ケーブルを使わなければ問題を回避できる。USB-Cのスマホの充電器を使ってみるか、あるいはRaspberry Piの純正の電源アダプター(8ドル)を使う方法がある。Raspberry Piのような素晴らしい製品に、簡単に防げたはずのこうした問題があったのは残念だが、致命的というわけではない。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ