TOPSoftware > macOS Catalina正式版公開、iPadを2台目ディ...

Software

macOS Catalina正式版公開、iPadを2台目ディスプレイに使える機能など

2019/10/09

Gregg Keizer Computerworld

 米Appleは10月7日、Mac用OSの新バージョン「macOS Catalina(10.15)」の正式版をリリースした。対応機種のユーザーは無料でバージョンアップできる。自分のMacが対応しているかどうかは、Appleのサポートページの一覧で確認できる。

Credit: Apple

 昨年リリースされた「macOS Mojave(10.14)」を使っているユーザーは、「システム環境設定」→「ソフトウエア・アップデート」からCatalinaにバージョンアップ可能だ。ダウンロードサイズは最大8Gバイト。

 現在のバージョンが「El Capitan(10.11)」「Sierra(10.12)」「High Sierra(10.13)」の場合は、Mac App Storeからダウンロードファイルを入手してバージョンアップする。ダウンロードサイズの表示は5Gバイト程度となっている。

 まだ「Lion(10.7)」や「Mountain Lion(10.8)」を使っている少数派は、まずEl Capitanにバージョンアップしたうえで、あらためてCatalinaにバージョンアップする必要がある。

↑ページ先頭へ