TOPSoftware > Microsoft、マイクロサービスやKubernetes関...

Software

Microsoft、マイクロサービスやKubernetes関連のオープンソースプロジェクトを発表

2019/10/18

Paul Krill InfoWorld

 米Microsoftは10月16日、新たなオープンソースプロジェクトを2つ発表した。1つは、マイクロサービスアプリケーションを開発しやすくするためのランタイムである「Dapr」。もう1つは、Kubernetesなどのプラットフォーム上で動かすアプリケーションの構成に関する仕様「Open Application Model(OAM)」だ。

Credit: Denis Isakov / Getty Image

 Daprは、クラウドやエッジで動作するマイクロサービスアプリケーションを開発しやすくするための、ポータブルなイベントドリブンのランタイムで、ステートレスアプリケーションとステートフルアプリケーションの両方に使える。Daprの構成要素には、標準のHTTP/gRPC APIを使ってアクセスできる複数のビルディングブロックがあり、さまざまなプログラミング言語やフレームワークから呼び出すことができる。現時点で用意されているビルディングブロックは、サービス呼び出し、状態管理、サービス間メッセージのパブリッシュ/サブスクライブ、リソースバインディングなどで、ベストプラクティスをサポートしている。

 Daprはプラットフォーム非依存であるため、開発したアプリケーションは、ローカル環境、Kubernetesクラスタ、各種ホスティング環境など、Daprを導入可能なさまざまな環境で動かすことができる。クラウドでもエッジでもコードの変更なしで動くマイクロサービスの開発が可能だ。Go、Java、.NET、Python、JavaScriptの各言語向けのSDKや、導入の助けとなるCLI(コマンドラインインタフェース)もある。Daprは現時点ではアルファリリースとなっている。

↑ページ先頭へ