TOPSoftware > 新機能を搭載したChrome OS 78公開、既存機種の更新...

Software

新機能を搭載したChrome OS 78公開、既存機種の更新サポート延長も

2019/11/08

Mark Hachman PCWorld

 Androidスマホと連携する通話機能では、Chromeで表示しているページ上の電話番号を右クリックして、その番号をAndroidスマホに転送し、すぐに電話をかけることができる。AndroidとChrome OSの絆をまた1つ強める機能だ。この機能を使うには、両方のデバイスにサインインしている必要があり、Chromeの同期も有効でなくてはならないが、既にそうしている人が多いはずだ。

 プリンターに関しては、互換性があるプリンターがセットアップ不要で一覧に表示されるようになり、余分な手間が減った。

 さらに、ここへ来てGoogleは、Chromebookの自動更新のサポート期間を延長するという措置を突如始めた。Chromebookでは、自動更新のサポート期間は機種ごとに個別に定められており、通常は最初の発売から6年半程度となっていた。だが、Android情報サイトAndroid Policeの記事によると、Googleはひそかに、一部の機種の更新サポート期間を6~12カ月ほど延長した。各機種のサポート期間は、Googleのサポートページの下部に、メーカー別に示されている。

 ローカルのWindowsアプリケーションを使う必要がない人にとっては、Chromebookは低価格でWebを利用できる便利な手段だ。今回の新機能とサポート延長で、Chromebookの価値はさらに高まった。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ