TOPSoftware > Google、Playストアの不正アプリ対策でセキュリティベ...

Software

Google、Playストアの不正アプリ対策でセキュリティベンダーと提携

2019/11/11

Michael Simon PCWorld

 今回のアライアンスの狙いは、この成績を上げることだ。Googleのブログ記事は次のように説明している。「Playプロテクトの検出システムをパートナーのスキャンエンジンと連携させる。Playストアでの公開に向けてアプリが提出されていく中で、アプリのリスクについて新たなインテリジェンスが生成される。このデータセットについてパートナーの分析が加わることで、公開前のアプリに対する検査が強化される」。悪質なアプリを察知し、端末への感染を未然に防ぐという面で、これまでよりかなり強力な防御となるはずだ。

 Googleは、パートナーの選定にあたっては、これまでに潜在的脅威を発見してきた実績や、エコシステムの強化に対する尽力という観点で選んだと説明している。機械学習や静的/動的解析を組み合わせている各社のテクノロジーを活用して、マルウエアを特定し、Playストアでの公開を阻止する。端末上のチェックでもこの提携が生かされるのかどうかは定かではないが、Playストア自体にマルウエアが混入しなくなるのであれば、端末上のアプリについては、そこまで心配はいらないはずだ。

 ブログ記事では、この提携を生かしたチェック機能の提供時期については触れていない。もしローカルでも稼働するのであれば、Playストアの今後のファームウエア更新で適用されることになるだろう。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ